情報モラル教育

近年、子供たちのメディア環境も大きく変化が生じており、スマートフォン等の長時間使用による生活習慣の乱れや不適切な利用による青少年の犯罪被害、さらにプライバシー上の問題等につながるケースが増えています。子供たちのスマートフォンなどの利用によるネット依存や、SNS等の利用に伴うトラブル等の課題に対する対応策について必要な検討を実施しています。本校では、情報モラル教育を道徳の時間を中心に行い、出張授業を通じての外部講師による児童への啓発活動、授業公開や保護者会を通じての保護者への啓発活動を行い、様々な場面で情報モラル育成を推進しています。

ポイント1 子どもに携帯電話やスマートフォンを持たせるときは目的を明確に

子どもに携帯電話やスマートフォンを持たせるときは、ただのプレゼントやご褒美としてではなく、「何のために必要なのか」「どのように使うのか」を話し合うことが大切です。例えば、「緊急連絡」「(GPSによる)所在確認」「防犯」「学習のための調べ物」といった利用目的を、あらかじめ子どもと話し合って決めておく、などが有効です。
また、子ども自身に「携帯電話やスマートフォンを持つ必要性と責任」を自覚させるために、インターネットの特徴や有害情報などの危険性、個人情報を守る必要性などを説明し、本人に危機意識を持たせるようにしましょう。
最初のうちは、子どもの携帯電話などの利用を保護者が見守りながら、子どもがインターネットを利用する際のマナーや安全に利用するための知識を身に付けられるようにしましょう。

ポイント2 有害情報へのアクセスを制限するフィルタリングの活用

子どもが携帯電話やスマートフォンを利用する際には、有害情報へのアクセスを制限する「フィルタリング」を活用しましょう。それによって、出会い系サイトやアダルトサイト、暴力的な表現のあるサイトなどを、子どもが閲覧できないようにします。
なお、携帯電話会社では18歳未満の子どもが携帯電話などを利用する場合には、保護者からの申し出がないかぎり、フィルタリングサービス(有害サイトアクセス制限サービス)を提供しています(無償)。携帯電話など購入の際に、主に子どもが使うことを販売店に伝えれば、フィルタリングサービスを利用することができます。

ポイント3 親子で話し合って、家庭でのルール作りを

子どもが、携帯電話やスマートフォンで上手にインターネットを活用できるようにするために、家庭のルールをつくりましょう。ルール作りは保護者の一方的に押しつけではなく、子どもと一緒になってルール作りの必要性から、利用目的や利用場所・時間帯を話し合って決めることが大事です。
もし、これらのルールを守れなかったときには、携帯電話などの利用を一時禁止するなどのペナルティも決めておくと、ルールを守るための責任感が本人に生まれます。なお、いつも目に付くところにルールを張っておくなどすると、より効果的です。
携帯電話などの利用状況については、子どもと折に触れて話し合い、問題がないか確認してください。万が一、トラブルが生じたときには、すぐに保護者に相談するよう、ふだんから子どもと話しておきましょう。


出典:政府広報オンライン お役立ち記事「携帯電話やスマートフォンを子どもに持たせるとき 安全・安心なネット利用のために保護者が行うべき3つのポイント」(外部ページ)

参考動画:政府インターネットテレビ「インターネットの危険から子供を守るのは保護者のあなた!」(外部ページ)


道徳授業地区公開講座 (画像 3)
道徳授業地区公開講座
平成29年9月2日(土)
 今日は道徳授業地区公開講座を実施しました。たくさんの保護者、地域の方々が来校され、各学級の道徳授業の様子を参観していただきました。また、お助けNet支援サービスの金澤先生を講師に招いて情報モラル講演会を実施しましたが、こちらも100名以上の保護者の方々に参加していただきました。本当にありがとうございました。
 今年度の引き渡し訓練は途中まで雨天であったため急遽雨天バージョンに変更して行うことになり、大変ご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ありませんでした。それでも大きな混乱もなく実施できたのも皆様のご協力のおかげです。放送でもお話ししました通り、自然災害だけではなく、ミサイル等の有事における場合も想定に入れて実施していかなければならなくなりました。学校でも想定整備を早急に行ってまいります。

記事にジャンプ
セーフティ教室 (画像 1)
セーフティ教室
 平成29年6月20日(火)の5.6校時に、お助けネットさんによるセーフティ教室が行われました。
 低・高学年ともにインターネットや携帯のルールやマナーについて学びました。動画やワークシートを通して、自分たちの日常に振り返り、一人一人インターネットや携帯のルールやマナーについて考えることができました。
 

記事にジャンプ
セーフティ教室 (画像 2)
出前授業
情報モラル教育では、低学年・高学年ともにインターネットの使い方やゲーム・テレビの上手な付き合い方について学んでいます。毎年、各企業から出前授業を行っていただいています。
写真は、LINE株式会社の方による出前授業です。
LINEのトラブル防止のための安全な使い方や、インターネットを使う時に気をつけること、考えることについての講話をしていただきました。
クイズ形式で、自分がネットを使ったときを想定しながら子どもたちも一緒によく考えていました。
コミュニケーションは、キャッチボールと似ているという講師の先生の言葉が印象的でした。
相手の思いや立場を考えて自分の意思を伝えるというコミュニケーションは、相手がボールを取りやすいように投げてあげることと似ているということでした。
これからの情報社会の世の中を生きていく子どもたちにとって、ぜひとも考えていってほしい事柄だと感じました。

記事にジャンプ
5・6年 スマホ・ケータイ安全教室 (画像 1)
5・6年 スマホ・ケータイ安全教室
1月
毎年、高学年向けに、ドコモ株式会社やNTTなどの通信会社から講師を招いて、5・6年生向けに「スマホ・ケータイ安全教室」を行っています。

自分にも起こり得る身近なスマートフォンや携帯電話のトラブルについて、スライドや動画を使いながら教えていただきました。スマートフォン・携帯電話を安全に使うためにはルールとマナーを守ることが必要であることを最後に確認しました。

子どもたちは、講師の先生の話を真剣に聞いていました。講師からの質問には、たくさんの意見を言おうと、手がたくさん挙がっていました。中学生になっても、スマートフォンの正しい使い方を続けていってほしいです。

記事にジャンプ
保護者向け情報モラル講習会 (画像 1)
保護者向け情報モラル講習会
1月
児童だけでなく、保護者にむけても、情報モラルに関する啓発活動を行っています。
写真は、LINE株式会社より講師の先生をお招きして、本校の保護者向けに情報モラル講習会を行っている様子です。

演題:「LINEのご紹介と子どもにインターネットを使わせる際の注意事項」
講演内容:無料通話アプリ「LINE」をご利用になっていない方にも理解ただけるよう、前半はLINEに関する機能やリスク対策ついてお伝えたいただきました。後半は青少年を取り巻くインターネットの現状をお伝えしていただき、子どもをインターネットラブルから守るために有益となる情報や注意すべきポイントをお伝えしてもらいました。

記事にジャンプ

ICTが創る新しい学び 【平成28年度 タブレット学習にて】

情報モラル
本校の情報モラルに関する活動が、平成28年「月刊教員養成セミナー4月号」に掲載されました。「授業におけるタブレット端末の活用と情報モラルの育成」と題して、分かりやすく紹介いただいています。下記もリンクもご覧ください。
月刊 教員養成セミナー 「ICTが創る新しい学び 授業におけるタブレット端末の活用と情報モラルの育成」(外部ページ)へリンク

「100万人の行動宣言」

情報モラル教育は、普段から行われる道徳教育と密接な関係があります。情報モラル教育を進めるには、道徳教育を一とする全人格的教育が、今、求められています。その一つに、全校で「100万人の行動宣言」に参加しました。

NHK”いじめを考えるキャンペーン”にて、いじめを減らすために自分自身ができることは何かを考え、それぞれの児童が「行動宣言」として作成し、NHKに送りました。
本校の児童の「行動宣言」がNHKのホームページ上で公開されています。
くわしくは、NHK「100万人の行動宣言」(外部ページ)まで。