7月の土曜授業日は7月4日と7月18日です。

スクールカウンセラーより

 日差しが強くなってきましたね。体調に変わりはありませんか?
 こまめに水分を取って、熱中症に気を付けてくださいね。

 今回は「話し方」について取り上げてみたいと思います。
 少し内容がむずかしいかもしれません。おうちの方といっしょに読んでみてください。

 家族がおうちでいつもいっしょにいると、安心できるなどの良い面がある一方で、なんだかちょっとしたことが気になって、ついイラッとしてしまうこともあります。夏休みなどの長いお休みの時も、同じような経験をすることがあるのではないでしょうか。特に今は、多くの制限もあり、ふだんよりストレスが高くなっています。
 そんな時は、つい攻撃的なことばを使いがちになります。

 顔を見るなり、「勉強しなさいっ」
 ちょっと肩があたっただけで、大声で「痛いっ!」
 なんとなく理由もなく「あっち行って!」

 力任せに強い口調で伝えると、相手が言うことを聞くので、その場をコントロールできた気持ちになります。でも…、相手はとてもいやな気持ちになりますし、本当は自分も傷ついてしまうのです。

 お互いにいやな思いをせず、お互いの持つ力を高め合うことができる話し方、したいですよね。
 そこで、気持ち良く話をするコツをお伝えします。

 コツその1:イライラすると呼吸が早くなります。まずはゆっくり深呼
       吸をして、落ち着きましょう。
       ゆっくりした口調で話す方が伝わりやすくなります。
 
 コツその2:話す時は“私”を主語にしましょう(=アイ(I、愛)メッ
       セージ)。
       例)「(あなたが)あっちに行って!」
           →「(わたしが)一人になりたい」
 コツその3:話を聞くときには、どうして、を後につけましょう。責め
       られている気持ちが弱まります。
       例)「どうしてあんなことをしたの?」
           →「あんなことをしたのはどうして?」

どうですか?できそうですか?まずは思い出したら、やってみましょう。
みなさんが毎日を少しでも明るく楽しく過ごせますように。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31