今週から分散登校が始ります。6月1日(月)午前Aグループ、午後Bグループ 6月2日(火)午前Cグループ 午後Dグループ 6月3日(水)午前Bグループ 午後Aグループ 6月4日(木)午前Dグループ 午後Cグループ 6月5日(金)午前Aグループ午後Bグループが登校となります。

6月3日、4日の給食

画像1
 今日と明日のお弁当給食は、炊き込みご飯、大豆とじゃこの甘辛煮、五目たまご焼き、セロリーの炒め物、厚揚げのみそだれ、プチトマトでした。五目たまご焼きは、ひき肉、しいたけ、にんじん、玉ねぎ、小松菜などたっぷりの具が入り、だしが効いた人気のメニューです。

6月1日、2日のお弁当給食

画像1
 今日から新年度の給食が始まりました。今日と明日の献立は、わかめご飯、鶏のから揚げ、さわらの西京焼き、おかかポテト、小松菜の和え物、茹でブロッコリー、河内晩柑でした。久しぶりのお弁当に喜んでいましたが、どのクラスもおしゃべりをしないで静かに食べていました。1年生も先生のお話をきちんと聞いて「いただきます」をし、マスクを取り落ち着いて食べていました。
 しばらくは配膳をしないで済むようにお弁当で提供します。

今週のお弁当

画像1画像2
 今週も課題の受け渡し日に希望者にはお弁当を配布しています。
今週のお弁当は、かりかり梅と高菜のおにぎり、鶏のから揚げ、小松菜のナムルです。
 カルシウムが不足しがちなので牛乳や小魚、また野菜もプラスすると栄養バランスがさらに良くなります。


今週のお弁当

画像1画像2画像3
 先日お伝えしたように、今週は希望者にお弁当を配布しています。普段、給食材料を納品している業者さんより仕入れ、給食室で調理したものを提供しています。おいしく召し上がってくださいね。

昼食の配布について

 すでに電話連絡等で希望をお伺いしておりますが、今週と来週の課題受渡日に昼食のお弁当の配布があります。
今週と来週でお弁当の内容は変わります。

今週のお弁当の内容と使用食材は以下の通りです。

〇わかめおにぎり
・精白米
・炊き込みわかめ

〇ゆかりおにぎり
・精白米
・ゆかり

〇とり肉のから揚げ
・鶏むね肉  ・しょうが
・しょうゆ  ・でんぷん
・酒     ・揚げ油

〇小松菜のおかか和え
・小松菜
・しょうゆ
・三温糖
・かつおぶし

 お弁当の食材は、普段給食でを仕入れている業者のものを使用し、調理も、日頃給食を作っている調理員にお願いし、当日の朝から作っています。

 配布したお弁当に加えて、野菜の入ったおかずやみそ汁、牛乳などのカルシウムの多い食品を組み合わせると、給食の栄養バランスに近くなります。


 また、配布されたお弁当は、高温多湿の保管を避け、必ず受け取った日のお昼に食べるようにお願いします。

栄養士より

画像1
 連休も明けて、暖かくなってきましたね。
 菜の花も咲いて、春真っ盛りという感じです。

 みなさんは、春に旬を迎える食べ物を食べましたか?
 新じゃがいもに新玉ねぎ、春キャベツにタケノコ、山菜など色々ありますね。

 なかでも、今まさに旬を迎えている魚が「カツオ」です。

 ということで今日は「カツオ」について少しお話したいと思います。
 

 実はカツオは年に2回旬を迎える魚ということを知っていましたか?

 旬の時期によって呼び方も違っていて、春のカツオを「初カツオ」、秋のカツオを「戻りカツオ」と呼びます。

 「初カツオ」は、新しい年になってから、初めて日本の近くの海でとれるようになったカツオなので、この名前で呼ばれています。
 逆に「戻りカツオ」は、カツオがやって来た海を通って帰るときにとれるので、この名前がついたと言われています。

 「初カツオ」と「戻りカツオ」では、それぞれ味にも違いがあって、「初カツオ」は身があっさりとした味をしていて、「戻りカツオ」は脂がのって、しっかりとした味がします。

 同じカツオでもとれる時期によって味が大きく違うというのは、面白いですね。

 みなさんもぜひ、今が旬の「初カツオ」を食べてみてください!

栄養士より

画像1
画像2
 みなさん、生活のリズムは規則正しく過ごせていますか?
 朝ごはん、昼ごはん、夕ごはんをしっかり食べて、早寝早起き出来ていますか?学校がお休みでも、健康に過ごすために、生活リズムに気を付けるようにしてくださいね。

 今日はちょっと先の話ですが、もうすぐ5月になるので、子どもの日について、お話ししたいと思います。


 みなさん、子どもの日がどんな日かは知っていますか?
子どもの日は、子供たちみんなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。「端午の節句」とも言って、もともとは男の子の成長をお祝いする日でした。

 そんな子どもの日によく食べられるのが、「ちまき」と「かしわもち」です。

 「ちまき」は、もともともち米を植物の葉っぱで包んで煮込んだ料理で、この葉っぱに「チガヤ」という植物を使ったことから「ちまき」と呼ばれるようになったそうです。
 「ちまき」は、子どもたちに悪いことが起きないようにする、厄除けの意味を込めて食べられたそうです。

「かしわもち」も植物の葉っぱを使った料理です。
おもちを「かしわ」という植物の葉っぱでくるむことから、「かしわもち」という名前がつきました。
 かしわの木は、新しい芽が出るまで古い葉っぱが落ちないことが、子どもが次の世代まで続くことを意味する、縁起が良いものとして考えられていたので、子どもの日に食べるようになったそうです。

 みなさん、子どもの日の意味と、行事食について少し知ることが出来ましたか?
 「ちまき」と「かしわもち」は、両方とも植物の葉っぱを使っているので、とってもいい香りがします。
 ぜひお休みの間に食べてみてくださいね。

4月20日

画像1
4月も後半になって、もうすぐ5月になります。
長いお休みが続いていますが、みなさんおうちでどのように過ごしていますか?

おやすみが長く続くと、生活リズムが崩れてしまいがちです。
朝・昼・夕の3食をしっかり食べて、毎日できるだけ決まった時間に寝るようにしましょう。

また、普段の食事の内容にも気を付けてみましょう。
健康な体をつくるためには、赤・黄・緑の食べ物をバランスよく食べることが大切です。

赤の食べ物は、おもに体をつくるもとになるはたらきがあります。
お肉・魚・卵・牛乳・乳製品・豆類・海そうなどに多く含まれています。

黄色の食べ物は、おもにエネルギーになるはたらきがあります。
ごはん・パン・油・いも・めん・ごまなどに多く含まれています。

緑の食べ物は、おもに体の調子を整えるはたらきがあります。
野菜・果物・きのこ類などに多く含まれています。

3つの色をバランスよくとるためには、好き嫌いをしないで食べることが一番大切です。

みなさん、おうちのごはんを好き嫌いせずに食べて、病気に負けない元気な体をつくりましょう!

春の食べ物(栄養士より)

画像1
画像2
画像3
 みなさん、朝からしっかりご飯を食べていますか?なかなか外出もできないので、生活習慣や食生活が乱れがちになってしまうと思います。給食がない日は、カルシウムや野菜が特に不足する傾向があるので積極的にとってください。おやつにヨーグルトを食べる、牛乳を飲む、丸ごと食べられる小魚もおすすめです。

 今日は春の食べ物を紹介します。一年中食べられる野菜ですが、春にしか味わえないおいしいさと栄養があります。皮つきの新鮮なたけのこ、新じゃがいも、そらまめ、ふわふわの春きゃべつ、新玉ねぎなどです。ほかにも、ふき、新ごぼう、アスパラガスなどたくさんの食材が旬をむかえています。
 新玉ねぎは、ふつうの玉ねぎとくらべると白くてみずみずしいのが特徴です。からさが少なくあまさもあり、生でおいしく食べられます。サラダなど生で食べる時は繊維にそわず直角に切るのがおすすめです。ピーラーでも切れるのでお手伝いにもいいと思います。
 

 そらまめのさやはふかふかです。ゆでるとそらまめのにおいも広がり味だけではなく、においでも春を感じることができます。
 春の食材が手に入ったら、ぜひ味わってみてください。
 

4月10日(金)

画像1
新年度を迎え、給食を楽しみにしていたと思います。
 しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響うけ、
学校再開が5月の連休明けの予定となり、合わせて学校給食の
再開も延期となりました。

 4月から給食の実施ができないことを大変残念に思っていますが、5月
からの再開に向け、児童のみなさんに喜んでいただけるような給食を
考えたいと思っています。

 本年度もよろしくお願いいたします。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

保健だより

令和2年度 学校便り

休校中 自主学習