教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

教育目標

江戸川区教育委員会の教育目標を受け、人間尊重の精神を基本とし、心身ともに健やかで人間性豊かな子ども、及び将来の夢をもち国際社会に進んで貢献できる人間を育成することをめざし、次の目標設定します。

  • 考える子 
  • 思いやりのある子
  • たくましい子

本年度は、「考える子」を重点目標として、各教科を通して表現力及び理解力を育成し、思考力や想像力、判断力を育む教育を推進します。

教育目標を達成するための基本方針

  • 人間尊重の精神のもと、多様な言語活動を通して思考力、判断力、想像力などの育成を目指し、子どもたち一人ひとりが尊重される望ましい人間関係の確立と自己実現の達成を図ります。

  • 健全で豊かな人間性・社会性を育てるために、異年齢集団活動や勤労体験活動・ボランテイア体験を通して、他の人を思いやり、共に生きる望ましい人間関係をはぐくむ教育を推進します。

  • 生涯を通じて、心身ともにたくましく健康で安全な生活ができるように、体育的行事や薬物乱用防止、性に関する指導、非行防止や犯罪から身を守る教育(セーフテイー教室)、食に関する指導を家庭・地域・関係諸機関との連携のもとに一層の充実を図ります。

  • 子どもたち一人ひとりの興味関心を生かし、自ら学ぶ意欲や自ら進んで課題を追求していく能力を育てるために、「確かな学力向上推進プラン」の実施・評価・改善を行うとともに、生涯にわたって学習していくための基礎的基本的な学力を培う教育を推進します。

  • 総合的な学習の時間では、体験活動を重視した全校チームテイ―チングによる異年齢集団活動のほか、コミュニケーション能力、命を大切にする心、国際感覚などをはぐくむ教育を推進します。

  • 地域に根ざした開かれた学校つくりの確立に向け、家庭・地域の教育力を積極的に活用し、地域の自然・文化・伝統の教材化と郷土を愛する心を培う教育を推進します。

  • 学校公開や行事などで、本校の特色ある教育活動をする際、事前にそのねらいと望まれる子ども像を知らせ、実施後、学校評議員会や保護者、地域に意見・感想を求めるとともに、外部評価を実施し、その内容を公開しながら学校運営に生かします。

  • だれもが、障害を正しく理解し、共に助けあい、支えあっていくことの大切さを学ぶために、支援教育コーディネーターを中心とした委員会を設置し、特別支援教育を推進します。