教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

教育目標

「地域とともに歩む学校づくり」を推進していくことが松江小学校の教育理念である。そこで、未来を担う子供たちに確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和をもって育んでいけるようにする。また、地域を愛する心情を培い、人間性豊かで、生涯にわたっていきいきとたくましく意欲的に過ごすことのできる能力や態度を育成するために、次の目標を設定する。

   か が や き   力いっぱい 笑顔いっぱい    松 江 の 子
   よく考 える子     思いやりのある子      健 康 な 子


教育目標を達成するための基本方針


○ 全体を見通した計画を立て、実践し、的確な評価を行い、それを基に改善していくサイクルの中で、児童の目的意識を高めながら、教育目標の達成を図る。

○ 各教科、道徳、総合的な学習の時間、特別活動、自立活動では、児童の発達段階や障害特性を考慮した習熟度別学習や小集団指導の充実を図り、すすんで学習しようとする意欲を高め、教育内容の充実を図る。

○ 人との関わりを大切にし、相互理解の下に充実した学校生活を送れるように、コミュニケーション能力を伸ばす。そのために能力や課題に応じた指導に配慮しながら、通常の学級との交流及び共同学習を推進する。

○ 心身ともに健康な児童を育成するため自らの健康や体力に関心をもち、すすんで体力の向上に取り組む活動を計画的に実施する。

○ 児童一人一人の教育的ニーズを正確に把握した上で、個別指導計画や個別の教育支援計画を作成し、学期毎に評価し、長期的な視点で的確な教育的支援を行う。