校章

校章

昭和22年5月制定

校章の由来について
学校名「小岩」「一中」を囲むデザインは「月桂樹」の葉。月桂樹はクスノキ科の常緑高木で、月桂樹の冠は古代ギリシャで競技の勝利者に被せ、名誉・栄光の印とされたことから採択された。また、校名との組み合わせ方はバランスを考慮した。
制定のいきさつ
昭和22年4月1日、新学制の実施で校舎を借りての発足(小岩小学校内)。同年5月3日開校。校章不備のままの中で入学式を挙行した。「せめて校章だけは早く定めて生徒に与えたい。」との願いがあり、寺島脩治教諭の考案した意匠を中心にして検討の末、制定された。

校歌

昭和27年5月17日制定

作詞: 田沢 武男   作曲: 岡本 敏明
一.
あらたなる朝の日映えて
世紀いま明けゆくところ
けんらんと文化花咲く
いざわれら腕(かいな)を組みて
結ぶもの小岩一中力あり
二.
富士ケ根をはるかに望み
江戸川の水澄むところ
みどり野の幸は溢る
いざわれら歓喜にみちて
学ぶもの小岩一中光あり
三.
風かおる空どよもして
自治の鐘高鳴るところ
一すじに真理を究む
いざわれら知徳磨きて
励むもの小岩一中誇りあり

歌詞・曲について
学校の立地条件、生徒の生活や活動・心意気・希望などが盛り込まれている。従来の厳めしいイメージから脱し、変声期の生徒にも歌いやすい明るくのびのびとした曲である。
制定のいきさつ
開校5周年記念運動会が挙行された昭和27年5月17日、校歌が制定された。歌詞は広く一般公募をし、約60点の中から田沢武男氏の作品を選出、作曲は岡本敏明氏に依頼した。