平成29年度 学校経営方針

1 学校の教育目標
  国際社会に貢献できる人間の育成を目指して
  ・人権を重んじ自他を敬愛する(礼儀)
  ・自主自律の習慣を身に付け将来を目指して自己実現を図る(自律)
  ・心身を鍛え、個性の発揚を図る(自律)
  ・所属社会の向上と環境改善を目指して着実に努力する(開拓)

2 目指す学校像
  「上学年の生徒の背を見て下学年の生徒が育っていく学校」を理想として、次のような学校を目指す。
(1) 生徒にとって、登校することを楽しみにできる学校
    ・楽しくわかりやすい授業を実践する
    ・学力が身につく授業を実践する
    ・成長を実感できる教育活動を実践する
(2) 保護者にとって、子どもを安心して通わせることのできる学校
    ・人権尊重の精神に基づく教育を実践する
    ・教育環境の整備をする
(3) 地域にとって、誇りにできる学校
    ・地域に開かれた教育活動を実践する。
    ・地域に貢献する活動を推進する。

3 目指す生徒像
(1) 自分を大切にする生徒
    ・自己を見つめ、自己の向上を図る
    ・自己肯定感、自己有用感をもつ
(2) 他者を思いやることのできる生徒
    ・礼儀を身に着け、感謝の心をもつ
    ・寛容の心をもち、謙虚な姿勢で学ぶ
(3) 豊かな心をもつ生徒
    ・美しいものや人のひたむきに生きる姿に感動する心をもつ
(4) 社会性を身につけた生徒
    ・様々な集団の一員であることを自覚する
    ・自他の権利を重んじ、義務を確実に果たす

4 具体的方策
(1) 学習指導
   学習指導の中心である授業の質的向上を図る。
(2) 生活指導
   一人一人の居場所がある学校生活を目指し、生徒に寄り添った指導を行う。
(3) 安全指導
   さまざまな災害が起こることを想定し、自分の身は自分で守ることを徹底する。また、集団生活における安全、安心な生活について考え、実践させる。
(4) 進路指導
   自分自身の生き方について自覚を深め、望ましい勤労観・職業観を育成し、主体的な進路選択を行う。
(5) 特別支援教育
   特別支援教育推進委員会が中心となって、特別な支援を要する生徒に、的確、適切な支援をすることができるような組織体制を整備する。
(6) 特別活動等
   生徒による自主的・実践的な活動を通して、望ましい人間関係を築きながら自己を生かす能力を養う。
(7) 人権尊重教育
   自分の大切さとともに他の人の大切さを認め、学校生活のあらゆる場面でそのことを踏まえた具体的な態度、行動がとれるようにする。
(8) 開かれた学校づくり
   学校、家庭、地域が協働して特色ある学校づくりを進める。
(9) 教育環境の整備
   生徒が安心して学ぶことができ、豊かな心を育てることのできる教育を行うにふさわしい環境を整える。
(10) 人材育成
   若手教員の増加に伴い、学校の教育力を高めるためにもOJTを活用した人材育成を図る。