江戸川区立西一之江小学校

2017/10/11 12:41 更新

校長挨拶

校長挨拶

人との関わりを大切に

校長 林田 篤志

 やわらかな春の日ざしの中、色とりどりの花に囲まれて新学期が始まりました。新1年生122名を迎えて、全校児童664名で西一之江小学校の平成29年度が始まりました。
 本校では「よく考え進んで学ぶ子」「思いやりのある子」「ねばり強くたくましい子」を教育目標に掲げ、『知・徳・体』の調和のとれた、確かな学力と豊かな心をもち、心身ともに健康でたくましい児童の育成に努めてまいります。そして、子どもと共に、家庭と共に、地域と共に、「共に」を合い言葉に子どもたちの教育に当たっていきます。
 昭和31年の開校以来、たくさんの卒業生、保護者の皆様、そして地域の皆様並びに諸先輩方が築き上げてくださった本校の良き伝統を継承し、より一層発展をさせるべく誠心誠意取り組んでいきます。

   さて、本校では、生活指導の目標として以下のように『西一之江小 5つの約束』を掲げています。
 ○言葉の「おあしす」を言おう
  (おはよう、ありがとう、しつれいします、すみません)
 ○名前を呼ばれたら「はい!」と返事をしよう
 ○みんなで集まったときは、まずおしゃべりをやめよう
 ○友だちにはやさしい言葉をつかおう
 ○先生や大人の人には、ていねいな言葉をつかおう

 これは、本校が育てたい子どもの姿であるとともに、人と関わっていく上で身につけさせたい大切な基本です。
 より良い人間関係を築いていくには様々な手段や方法があります。子どものうちからいろいろな人と関わる経験を通して感性(心の引き出し)を磨いていくことが大切です。場に応じた挨拶の仕方、年齢や性別の異なる人との接し方、他の人への褒め方や注意の仕方など、生きていくための基本としてどの子にもしっかりと身につけてほしいことです。

 これからも学校では、日々の生活の中で相手の立場を考えることを重視しながら、人との望ましい関わり方を指導してまいります。


平成29年度 西一之江小学校の教育

平成29年度 学校経営方針