学校教育目標

 

 よ く 考 え る 子

 思 い や り の あ る 子

 た く ま し い 子

 
よく考える子
日々、子ども一人一人が生き生きと学習する授業をします。
そして、教師は基礎・基本の確実な理解を図る授業を重点化します。
思いやりのある子
人権尊重を基盤とし、互いに思いやる心の育成に努めます。そのためにも、子ども一人一人の人格を認め、励ます取り組みや指導を繰り返します。
たくましい子
心身ともに健康で、調和のとれた人間になるための指導を工夫します。
そのために、体育、保健、給食指導を工夫して、充実するようにします。

< 本年度の重点目標 >

○人の話をよく聞く子
○自分の考えを表現する子


教育目標を達成するための基本方針

  • 教育活動全体を通して、人権尊重教育の精神からの精神からあらゆる偏見や差別をなくし、自他の生命を尊重する心情・態度の育成に努める。
  • 自ら学び自ら考える力を育成するために、教育活動全体を通して、思考力,判断力・表現力を身に付けるための教材研究・指導方法の工夫と児童の発表の機会を設けることに努める。
  • 各教科、総合的な学習の時間で、児童が、自分のめあてをもち、学習課題を解決できるような指導の工夫を行い、児童一人一人の興味・関心や個性・能力に応じたきめ細かな指導に努める。
  • 日常生活における基本的な生活習慣を身に付け、場に応じた適切な判断ができる児童の育成を図る。
  • 一人一人の児童が、学級の一員としての所属感を感じることができるような学級経営を充実させ、いじめ・不登校の防止に努める。
  • 全教職員で組織的に特別支援教育を進め、児童理解に努める。
  • 食に関する指導・保健指導・日常的な体力づくりなどを通して、主体的に自らの健康づくりや安全への配慮ができる児童を育成する。
  • 年間3回の学校公開と1学期の学校説明会、年2回の学校保健委員会や年2回の地域教育推進会、学校評議員会を開催し、家庭・地域との連携を深める。また、2学期に外部評価を行い、その結果を学校評価に生かす。そして保護者にもその結果を知らせ、開かれた学校づくりを推進する。