= どの子も育つ・・・『江戸川区で一番信頼される中学校』を目指します。 =

岩五の給食 4月27日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は「TOKYO〜2020〜 オリ・パラ給食」です。
 テーマは「オーストラリア」です。

 メニューは、
 ガーリックライス
 チキンパルミジャーナ
 オーブンポテト
 野菜とウインナーのスープ
 牛乳
      です。



 オーストラリアの先住民アボリジニは、魚やカンガルー、昆虫などを食べていたそうです。食べる時も調味料や香辛料を使わず、素材の味を楽しんでいたそうです。
 しかし、イギリスの入植により、イギリスなどの西洋の食事の文化が広まり、現在のオーストラリアの一般的な食事に変化したそうです。
 そのため、オーストラリアの料理は、イギリスなどいろんな国の影響を受けています。

 チキンパルミジャーナは、もともとはイタリア料理です。
 それがイギリスに伝わって一般的な料理になり、それからオーストラリアに伝わり、オーストラリアでよく食べられる料理の一つになったそうです。
 まさに、国境を越えて料理が伝わったのです。

 そのため、今日はオーストラリアと言うよりも、ヨーロッパの料理になってしまいましたが、なぜこのようなメニューになったのかは、給食放送で話をしました。


○チーズソースは・・・
 チキンパルミジャーナは、揚げたチキンにトマトソースをかけ、チーズソースをかけて食べる料理です。
 各クラスに上の写真を配り、チキンにかけるように呼びかけたのですが、何クラスかは、オーブンポテトにかけて食べてしまったようです!(ちゃんと紙を見てください!!)
 「でもせんせい、それでも鶏肉は十分おいしかったですよ」
 「チーズとじゃがいもの組み合わせがいいことが分かったじゃないですか!また今度作ってください」
 おいしいと言ってくれるのは嬉しいのですが、何か違うような・・・。と思ってしまいました。

岩五の給食 4月26日(木)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日は「旬の食材:グリンピース」を活用した献立です。
 メニューは、
 グリンピースご飯
 鶏ももから揚げ
 青菜もやしナムル
 かきたま汁
 牛乳
     です。


 今週のあたまから、
 「先生、僕はグリンピースが嫌いなのでグリンピースご飯は食べません!」
 と宣言してくる生徒や、
 「なんでグリンピースご飯だすの〜。グリンピース苦手〜」
 とあからさまに嫌そうな顔で話しかけてくる生徒がいました。
 そのため、残菜多そうだな・・・と心配しましたが、予想以上に食べてくれました。
 少しグリンピースの量を少なめにしたからか、生徒は
 「食べやすいグリンピースご飯だった!」
 「ご飯に味があっておいしかった」
 と言ってくれました。


 鶏ももから揚げは、残菜率「0%」でした!
 調理員さんも、
 「残菜が0なので、とっても気持ちいいです!」
 と喜んでいました。
 さすが人気メニューのから揚げです。
 栄養士からすると、から揚げだけではなく野菜もしっかり食べてほしいな〜という思いもありますが・・・



 ↓下の写真は、検食をよそっている様子です。
 検食とは、校長先生や副校長先生が生徒よりも先に給食を食べ、量・味は大丈夫か、異常はないかなどを確認する、体を張った業務です。
 給食室では1人分の量を算出しているので、お皿には1gの差もゆるさず、正確な量を盛り付けています。 
画像2 画像2

岩五の給食 4月25日(水)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、「香川県の郷土食」をテーマに作りました。
 メニューは、
 さぬきうどん
 いんせきだんご
 まんばのけんちゃん
 みかん(せとみ)
 牛乳
      です。


 さぬきうどんは、言わずと知れた香川県を代表とする郷土食です。
 今回は油揚げを煮たものをおかずにしました。もちろん、つゆにもわかめやもやしなど、野菜をたっぷり入れて、たくさん野菜を食べられるようにしました。
 さぬきうどんは、給食物資納入業者さんに頼み、「冷凍さぬきうどん」をもってきてもらいました!
 さぬきうどんは生徒から大人気で、全校でも数百グラムしか残菜がありませんでした。配食の時に使ったトングについているうどんも、きれいにとっているクラスもありました。

 いんせき団子は、香川県の学校給食でよく出されている料理です。
 香川県には以前シャワー隕石という隕石が落ちたことがあるそうです。
 それを見立てて作ったのが「いんせきだんご」です。
 いわしのすり身にたっぷりの生姜とにんじんなどの野菜を練り込み、油で揚げた料理です。ちょっといわし特有のにおいがしますが、生徒はしっかりと食べてくれました。

 まんばのけんちゃんは、香川県の郷土食です。
 「まんば」とは高菜の仲間の野菜です。
 これを豆腐と油揚げで煮浸しにしたのがまんばのけんちゃんです。
 けんちゃんは、「けんちん汁」の「けんちょん」が派生したものではないかと考えられているようです。
 最初はまんばを発注していたのですが、香川県外にまんばが流通していないため、代わりに青梗菜を使いました。
 ごま油をきかせているので、塩分が少なくてもおいしく食べられます。
 生徒からは、
 「まんばのけんちゃんって何!?」
 「それ料理の名前なの?」
 と、頭の上に?が浮かんでいました。
 「給食放送で説明するから、ちゃんと聞いてね」
 と言っておきましたが、生徒はちゃんと聞いてくれたでしょうか?
 ご家庭で放送でどんなことを話していたか聞いてみてください。
画像2 画像2

今日の給食 4月24日(火)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 さばのごまみそかけ
 昆布のサラダ
 けんちん汁
 美生柑
 牛乳
      です。


 さばのごまみそかけは、下味をつけて焼いたさばに、ごまみそのタレをかけた料理です。ごまみそタレの味がしっかりしているので、白いご飯との相性がバッチリです。
 生徒からは、
 「魚うまかった〜!」
 「魚くさくなくておいしかった!」
 と好評でした。

 今日のけんちんじるには「学校農園」でとれた長ネギを使用しました。
 金曜日に学校農園の方に収穫して頂き、それをけんちん汁の青味として使用しました。
 スーパーで売っているねぎよりもとっても太く、立派なねぎでした!
 生徒もネギのように、立派に成長してもらいたいです!
画像2 画像2

今日の給食 4月23日(月)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日は「こども読書の日」です。
 これにちなみ、今日は「読書給食」を行いました。
 本は「西の魔女が死んだ」です。
 メニューは、
 2色トースト
 ポテトキッシュ
 アーモンドサラダ
 グリーンポタージュ
 牛乳
        です。


 「西の魔女が死んだ」には、カリカリトーストにジャムをつけて食べるシーンがあります。そのため、2色トースト(はちみつレモン&苺ジャム)を作りました。食パンを普通の白いパンと、黒砂糖の入った食パンに分け、生徒にも見分けがつきやすいようにしました。
 また、「西の魔女が死んだ」では、キッシュが登場します。給食ではポテトのキッシュを作りました。

 給食を通して、生徒が読書に興味を持ってもらえるといいなと思います。


○グリーンポタージュ
 こどもはグリンピースが苦手な人が多いです。
 そのため、グリンピースたっぷりのグリーンポタージュは残菜が不安でした。
 あまりグリンピースの粒が残らないように、ていねいにこして、できるだけサラサラなポタージュにしました。
 そのかいあってか、残菜率は4.0%と、大健闘でした!
 生徒に、
 「ポタージュおいしかった?」
 と聞くと、
 「おいしかったですよ」
 「ほうれん草のポタージュですか?」
 「飲みやすくてよかったです」
 と答えるので、
 「あれはグリンピースのスープなんだよ」
 と言うと、
 「え!?うそ!!」
 「ぜんぜん気づかなかった!」
 とみんな驚いていました。
 来年も生徒がおいしくて、グリンピースとは気付かずに食べられるグリーンポタージュを作ろうと思いました。


 上の写真は、グリーンポタージュを昨年からずっとリクエストしてくれた3年生からのメッセージです。調理員さんはこのメッセージを読んでとても喜んでいました!
 (卒業前にまた出してほしい!と言われたのですが、季節の料理なのでできるかな・・・?)

岩五の給食 4月20日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 わかめご飯
 豆腐のふかふか揚げ
 野菜のごま和え
 もやしと油揚げのみそ汁
 牛乳
     です。


 豆腐のふかふか揚げは、豆腐、エビ、しらす干し、にんじんや玉ねぎなどを混ぜ込み、油で揚げ、しょうゆベースのたれをかけて食べる料理です。
 豆腐なので、揚げでも固くならず、ふかふかな布団のようなやわらかい食感なのでこの名前がついています。
 生徒からも好評で、残菜率は2%とほとんど残されませんでした。
 特に生徒から良かったと言われたのがタレです。タレがあるとのどにつまりにくく、味もしっかりするので食べやすいという声がありました。

 ↓下の写真は、豆腐のふかふか揚げの中心温度測っている様子です。
 ちゃんと中心まで温度が上がっているか確認が出来たら、盛り付け作業を行います。
画像2 画像2

岩五の給食 4月19日(木)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 魚の和風ソース
 変わりきんぴら
 野菜たっぷりみそ汁
 牛乳
     です。


 魚の和風ソースは、玉葱たっぷりの醤油ベースソースを、揚げた魚にかけた料理です。
 魚のくさみを感じにくくするためにお酢をソースに加え、しっかりした味にしたため、白いご飯でもおいしく食べることができます。
 あるクラスでは、魚のあかわりじゃんけんをしている所がありました。
 魚は頭を良くするDHAや、抗アレルギー効果があります。
 生徒にはぜひ積極的に魚を食べてもらいたいです。

 変わりきんぴらは、きんぴらごぼうに揚げたじゃがいもと、豚肉を加えた、甘辛な煮物です。
 「じゃがいもおいしい!」
 「私、たくさんおわかりしました」
 「きんぴらおいしかった〜」
 生徒に大変好評でした。
 ご家庭でも簡単に作ることができます。
 余ったきんぴらごぼうに、揚げた(もしくは多めの油で炒めた)じゃが芋と、豚小間肉(もしくは豚ひき肉)をさらに加え、少し塩・醤油を加えるだけで作ることができます。
 生徒も喜ぶと思いますので、ぜひ作ってみてください。


○米粒1粒でも・・・
 今日、給食室はいつも以上に幸せな気持ちに包まれました。
 あるクラスの残菜を確認しようとしたら、
 米飯缶(ご飯を入れているバット)が、空っぽだったからです。
 それも、「米粒1粒残さず」に!
 片付けをしていた調理員さんが、
 「まるで水で洗って下さったかのようにきれいで・・・とても驚きました」
 と言っていました。
 こんなにもきれいに食べてもらえて、本当にうれしいです。一生懸命作っているのが、報われました。
 と、調理員さんはとても感動していました。


 調理員さんが頑張る原動力は、生徒みなさんが残さずに給食を食べることです。
 ぜひ、他のクラスでも米粒1粒残さずに給食を食べてもらいたいです。
画像2 画像2

岩五の給食 4月18日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、
 スパゲッティミートソース
 ごぼうチップスサラダ
 桃のブルジョワ―ズ
 牛乳
     です。


 スパゲッティミートソースには、豚ひき肉だけではなく、たくさんのみじん切りにした大豆を加えました。大豆を加えることによって、通常のミートソースよりもカルシウム、鉄分、食物繊維の多い、ヘルシーな料理になります。
 生徒には大豆がたくさん入っていることを伝えましたが、
 「おいしい!」
 「たしかに(大豆が)入っているけど、気にならない」
 とたくさん食べてくれました。

 桃のブルジョワ―ズは、黄桃缶にカスタードソースをかけて食べるデザートです。
 最初、生徒はカスタードソースを見て、
 「なにこれ!」
 「マヨネーズみたい・・・」
 「おいしくなさそう」
 という反応でした。
 カスタードソースだからおいしいよと言っても、
 「プルプルしていてなんかソースっぽくない」
 「本当においしいのかな?」
 と不安そうな面持ちでした。
 しかし、実際に食べてみると、
 「ソースうまい!」
 「5杯カスタードおかわりしました!」
 「めっちゃおいしかったです!」
 「カスタードだけでもいける!」
 と気に入ってもらえました。
 残菜もほぼ無く、しっかりと食べてもらえました。
 見た目よりも味で勝負し、見事勝利した気持ちになりました。

岩五の給食 4月17日(火)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 手作りふりかけ
 卵の唐草焼き
 ハリハリサラダ
 すりごまみそ汁
 牛乳
      です。


 卵の唐草焼きは、にんじん、玉葱、さやいんげんなど、色とりどりの食材を加えて作った、見た目もきれいな卵焼きです。
 出汁をきかせているので、とてもやさしい味わいになります。

 そのため、白いご飯がすすむよう、手作りふりかけをつけました。
 ふりかけにはちりめんじゃこが入っており、中学生に必要なカルシウムがしっかりととることができます。

 ハリハリサラダは、切り干し大根の入ったサラダです。
 切り干し大根を食べるときの音がハリハリとするため、この名前がついています。
 「本当にハリハリという音がするか試してみてね」
 と生徒に声がけをしました。
 ご家庭で、
 「ハリハリって音がした?」
 と聞いてみてください。


*下の写真は、卵焼きを着る前の確認作業です。
 クッキングペーパーをはがした後、穴が開いていないか確認しています。
 穴が開いていたら、卵焼きにペーパーが付着している可能性があるので、目を皿のようにして確認しています。
 これも、安全な給食を生徒に提供するための仕事です。
画像2 画像2

岩五の給食 4月16日(月)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 中華丼
 めかぶチゲスープ
 ココナッツ寒天ポンチ
 牛乳
     です。


 今日はココナッツ寒天ポンチがとても人気でした。
 生徒がポンチの入ったボールのふたを取ると、
 「わあ!おいしそう!」
 「おかわりの分残るかな〜?」
 と、とてもわくわくした様子でした。
 残菜もほぼ0で、ポンチのシロップまでしっかりと残さず食べていたクラスもありました。

 めかぶチゲスープは、辛さをかなり抑えて作りました。
 そのためか、1年生も
 「あんまり辛くない!」
 「おいしい!」
 「思ったより辛くないから食べられる」
 と、しっかりと食べていました。


 下の写真は、スープを作っている様子です。
 めかぶが入っているためか、そんなに赤い色のスープにはなっていません。
 また、海の香りのするスープになりました。
画像2 画像2

岩五の給食 4月13日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、今が旬の食材「たけのこ」をふんだんに使った、「筍御前給食」です。

 メニューは、
 たけのこご飯
 ししゃもの南蛮漬け
 新じゃがいものそぼろ煮
 若竹汁
 牛乳
     です。


 たけのこは、水煮のものではなく、生たけのこを使用しました。
 下の写真は、生たけのこの灰汁取りをしている様子です。
 米ぬかの入ったお湯の中で、1時間以上たけのこをぐつぐつと煮込みました。
 たけのこはあく抜きをしっかりしないと、えぐみや、ピリッとした食感が出ます。
 給食ではしっかりとあく抜きをすることができたので、とてもおいしいたけのこになりました。

 たけのこご飯、若竹汁を食べ、生徒たちが心も身体もスクスクと成長することを願っています。


○1週間が過ぎて・・・
 1年生は給食が始まり、約1週間が過ぎました。
 最初のころは準備がなかなかスムーズにいかず、5分しか給食を食べられないような時もありました。
 しかし、最近は準備が早くなり、10〜15分給食を食べられるようになりました。
 少し余裕が出てきたので、毎回クラスに配布している「今日の給食」を読んでもらえるようにもなりました。
 たった1週間ですが、生徒はとても成長したようです!
画像2 画像2

岩五の給食 4月12日(木)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、春が旬の食材を活用した献立です。

 メニューは、
 きな粉揚げパン
 春野菜のシチュー
 じゃこサラダ
 河内晩柑(美生柑)
 牛乳
      です。


 きな粉揚げパンは、学校給食定番の人気メニューです。
 食缶に残っているきな粉を残さず、パンにふりかけて食べようとしている生徒がたくさんいました。
 一方で、女子はダイエット思考からか、1/3位しか食べない人もいました。
 学校給食は生徒の体の成長のために作っています。
 残さず食べることで、栄養バランスのとれた食事になるので、ぜひご家庭で、給食を残さずに食べるよう、お話をして頂けると助かります。

 春野菜のシチューは、アスパラガスと春キャベツの入ったシチューです。
 下の写真は、キャベツを加えた時の様子です。
 あふれんばかりのキャベツ!
 春キャベツは水分量が多いので、煮込むと水が出てきます。
 そのため、予定よりもシチューの味がかなり薄くなってしまいました。
 しかし、あまりにもたくさん塩を入れすぎては良くないので、調理員さんと相談しながら、味を調整しました。
 コクを出すために、チーズを加えたので、薄味でも食べられるようになっています。

 じゃこサラダは、チリメンジャコをカリカリになるまで焼き、それをサラダにトッピングした料理です。
 手軽にカルシウムをしっかりととれるので、ぜひご家庭でもチリメンジャコをサラダにちょい足ししてみてください。
画像2 画像2

岩五の給食 4月11日(水)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、「入学・進級お祝い献立」です。

 メニューは、
 お赤飯
 魚の照り焼き
 炒りどり
 豆腐とわかめのすまし汁
 美生柑
 牛乳
     です。


 今日は品数が多いので、盛り付けが大変かな?と心配していましたが、テキパキと準備をしていました。


 お赤飯の残菜率は3.0%でした。
 学校全体でしっかりと食べてくれました。
 しかし、1年生はの中には、
 「豆が苦手・・・」
 とささげだけを取り除いてしまう生徒がいました。
 この3年間で豆を好きになれるよう、給食を工夫するよう頑張ろう、と思いました。

 一方、2年3組の様子を見に行くと、お赤飯が空になっていました。
 「赤飯うまい!」
 と、1年大人の2年生には好評でした。舌が大人になってきたのでしょうか?
 2年2組、2年1組は最初少しお赤飯が残っていましたが、
 「2年3組は完食だったよ」
 と言うと、
 「なら食べる!」
 「完食してやるぞ〜!」
 と、たくさんの男子生徒がお赤飯をおかわりし、食べていました。
 完食は、生徒にとって達成感になります。
 給食でもぜひ達成感をたくさん経験してもらいたいなと思います。

岩五の給食 4月10日(火)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日は今年度最初の給食です。
 メニューは、
 カレーライス
 フレンチサラダ
 清美オレンジ
 牛乳
       です。


○学年集会で、岩五の給食について説明しました。
 2時間目に3年生、3時間目に2年生、4時間目に1年生に、岩五の給食について説明をしました。
 2,3年生は昨年も岩五の給食について話をしていたので、昨年と変わったこと(お盆が変わったこと、食器を破損してしまった時の対応について等)や、昨年の給食時の様子を見てのお願い(給食放送をしっかり聞きましょう!等)を話しました。

 1年生には、小学校と中学校の給食の違いと、給食の流れについて説明をしました。
 中学生はいろんな香辛料を使うので辛くなるよ〜と説明すると、
「えー!?」と不安そうな声を上げる生徒もいました。
 他に、給食開始時間が小学校より20分も遅くなるから、朝食をしっかり食べてくださいと説明すると、
「おなかすいちゃう・・・」
「えー・・・」
 と困ったような反応がありました。
 給食時間が30分と短いことも説明しましたが、こちらはあまり反応がありませんでした。きっと、このあとの給食でこの大変さを味わうのだろうな・・・と予想しました。


○1年生初めての中学校の給食!
 中学校初めての給食なので、今回は盛り付けやすいカレーライスにしました。
 各クラスには担任、副担の2名体制で、かつ栄養士も手伝いに参加しました。これで万全!!と思っていましたが、なかなかうまくできませんでした。

 「誰か配膳台をふいて〜!」
 「給食当番さんは急いで白衣を着てください!」
 「当番さん、どんどん盛り付けを始めてください!」
 と、先生も生徒に声がけをし、生徒も一生懸命作業をしてくれました。
 しかし、
 「あと8分しか食べる時間無いよ〜!」
 と、ほとんど食べる時間がありませんでした。
 生徒も、
 「ええ〜!?8分!?」
 「嘘でしょ!!」
 と、衝撃を受けていました。
 仕方ないので、5分程延長して給食を食べているクラスもありましたが、中学校の給食のスピードと小学校の給食のギャップを、まざまざと感じたのではないでしょうか。
 明日はもっと素早く行動ができるようになっているといいですね。

 片付けの時、「時間大丈夫だった?」「給食食べられた?」と声がけをしましたが、
「食べる時間がなかったので、カレー2杯しか食べられなかった!いつもなら3杯食べるのに!」
「思ったより辛くなくておいしかった!」
「量が多い!中学校はこんなにご飯を食べるの!?」
と、様々な反応がありました。
 また、残菜がたくさんあるかな?と心配しましたが、完食に近いクラスもあり、短い時間ながらたくさん食べてくれたようで安心しました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

提出書類

学校便り

HP掲載資料

学校給食