= どの子も育つ・・・『江戸川区で一番信頼される中学校』を目指します。 =

岩五の給食 12月13日(木)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 手作りシーフードピザ
 白菜のミルクスープ
 オレンジ
 牛乳
     です。


 今日は残菜が非常に少ない日でした!

 手作りシーフードピザは、おまけを入れた状態で、全校で5個しか残りませんでした!残菜率では1.1%です。
 生徒からも
 「パンがふわふわでおいしかった」
 「ピザもう一回食べたい!」
 と、大変好評でした。


 白菜のミルクスープも、今回は一人当たり220gと、やや多めでしたが、残菜率5%と、ほとんど残りませんでした。
 実はスープにはレンズマメが大量に入っていたのですが、煮込んでいるうちに溶けてしまい、生徒は気づかずにたべていました。
 写真では見えにくいですが、白菜もたくさん入っています。
 今日は生徒のみなさん、気づかぬうちに苦手な豆と野菜を食べられていたようです。
画像2 画像2

岩五の給食 手作りシーフードピザ作ってます

画像1 画像1
画像2 画像2
今日の給食は手作りシーフードピザです。

今日はとても寒かったので、発酵がうまくいくか心配でしたが、写真の通り、上手に作ることができました!

1つ1つ丁寧に作ったので、ぜひ生徒には残さずに食べてほしいです。

岩五の給食 12月13日(木)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 麦ご飯
 柳川風卵焼き
 ひじきの五目煮
 小松菜のみそ汁
 牛乳
      です。


 ご飯の白、卵焼きの黄色、ひじきの黒、小松菜の緑色と、今日は彩りよく、生徒の食欲が出るような献立にしました。


 ひじきの五目煮は、実はさつま揚げが入っています。
 さつま揚げを入れると、さつま揚げのうま味によってコクが出て、さらに甘みも出るので、砂糖をあまり入れなくても甘さを感じることができます。
 ぜひご家庭でもひじきの五目煮を作るときにさつま揚げを入れてみて下さい!
画像2 画像2

岩五の給食 12月11日(火)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日もとても冷え込む日でした。
 給食室の気温も9度までしか上がらず、それでも生徒には温かい給食をと、頑張って作りました。

 今日のメニューは、
 鴨南蛮風うどん
 切り干し大根の和え物
 さつまいもゴマボール
 牛乳
      です。


 鴨南蛮風うどんは、鴨の代わりに鶏肉を使いました。
 一段と寒い今日だったからか、調理員さんが驚くくらい残菜が少なかったです。
 うどんも汁も、1滴も残さずに完食してくれたクラスもありました!
 普段完食していないクラスも完食していたので、とても嬉しかったです。生徒にとっても、完食できた=達成感になるので、良い経験になったのではないかと思います。


 切り干し大根のサラダは、一人70gと、いつもよりやや多めの量でしたが、残菜率5%と、しっかり食べてくれました。完食していたクラスも多く、調理員さんは残っていたのは一部のクラスだけでしたとのことでした。
 完食まであと少し・・・野菜が苦手な人も少しずつ食べられるようになるといいですね!


 さつまいもゴマボールも人気でした。
 さつまいも、白玉粉を混ぜ合わせ、ごまをつけて揚げたデザートです。
 白玉粉を加えることで、もちもちの食感になります。
 各クラスに2個ずつおまけをつけましたが、おまけを含んだ数で残菜率1.1%でしたので、おまけが無ければ完食だったかもしれません。
 生徒からも、
 「いもがもちもちしていておいしかった!」
 「ボールがおいしかった」
 と好評でした。
画像2 画像2

岩五の給食 12月10日(月)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日は一段と寒い日でした。
 今日の給食は、

 中華豆腐丼
 青菜のスープ
 マーラーカオ
 牛乳
     です。


 中華豆腐丼は、中華丼に豆腐を加えたような料理です。
 豆腐を加えているので、中学生に必要な栄養、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄」の量がアップししています。
 また、今日のように寒い日は、サラサラなスープより、とろみのついた料理の方が冷めにくいので、生徒も温かい状態で給食を食べることができます。


 マーラーカオは、中国の蒸しカステラです。
 茶色い色は、三温糖や黒糖、しょうゆなどで色を出しています。
 マーラーは「マレーシア人」、カオは「ケーキ」という意味らしいです。
 諸説ありますが、マレーシア人の褐色の肌のような色をしたケーキということが、名前の由来と言われています。
 


 今日の給食室は最高気温が13度ととても寒く、料理がすぐに冷めてしまいそうでした。できるだけ温かいものを提供できるよう、調理員さんたちと話し合い、できるところまで頑張りたいと思います!
画像2 画像2

岩五の給食 12月7日(金)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 今日の給食は、「TOKYO2020 オリ・パラ」給食です。
 今回のテーマは、小岩五中のおともだちプロジェクトの国の「イラク」です。
 メニューは、

 ブリヤーニ
 豆のスープ
 フティラト・ジャザル
 牛乳
     です。


 ブリヤーニは、中東やインドなどの周辺で食べられている米料理です。
 イラクはイスラム教が大半を占める国なので、豚肉やお酒を使った料理がありません。
 今回のブリヤーニには、鶏肉を使用しました。
 また、イラクのブリヤーニには、ナッツやレーズンなどを加えることもあるそうですが、デザートにこれらを使ったので、今回はご飯には混ぜ込みませんでした。
 ただ、いつもよりいろいろな種類の香辛料を使ったため、とてもスパイシーな香りと味になりました。
 生徒からも、
 「食べたことない味」
 「不思議な味」
 と言っていましたが、
 「・・・だけどおいしかった」
 「いける味でした」
 と、食べてくれました。
 先生の中にも、「大人の味かな?」「結構スパイス効いてるけど大丈夫か?」と心配している意見がありましたが、残菜率5%と、ほとんど残さず食べてくれました。


 イラクでは、豆をいろいろな料理に使うようなので、今回はスープに加えました。
 ケーキがあったからか、こちらもあまり残さずに食べてくれました。


 フティラト・ジャザルは、人参のケーキです。
 本校にある、世界のお菓子レシピ集で、イラクのページに載っていた料理です。
 シナモン、ナッツ、レーズンと、生徒では好き嫌いが分かれそうな食材がたくさん使われていますが、残菜率0.4%と全校で1.5人分しか残りませんでした。
 こちらも生徒から
 「食べたことのない味だったけど・・・おいしかった」
 「ケーキが人参ぽく無くておいしかった」
 「不思議な味だけど、おいしかったです」
 というコメントが多かったです。


 イラクも、全体的に料理の色が赤・茶色っぽくなってしまいましたが、調べてみると、本場の料理でもあまり緑色の濃い料理はないようです。
 外国の食文化を学ぶのは面白いですね!

岩五の給食 12月5日(水)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日は「北海道の郷土食」をテーマに献立をたてました。
 メニューは、

 道産子ご飯
 鮭のちゃんちゃん焼き
 石狩汁
 牛乳
      です。


 道産子ご飯は、北海道の特産物をたくさん混ぜ込んだご飯です。
 今回は素揚げにしたじゃがいもと、とうもろこし、ほたてを加えました。
 じゃがいもがご飯に混ぜ込まれているのが珍しいのか、生徒の中にはおいしいのかな?と心配そうな人がいましたが、しっかりと食べてくれました。
 ただ、じゃがいものおかげか、結構おなかにずっしりときたようです。


 鮭のちゃんちゃん焼きは、北海道を代表する郷土料理です。
 本来は鉄板やホットプレートの上で鮭を焼き、野菜を炒め、鮭をほぐして野菜と混ぜ合わせて食べる料理です。
 しかし給食で再現するのは難しいので、アルミ皿に一度焼いた鮭を置き、その上に炒めた野菜と調味料を加え、再度焼いて作りました。
 生徒の苦手な魚と野菜のコラボレーションだったので、見るなり食べたがらない生徒もいましたが、少しでも食べてほしいと、先生方も声がけを頑張ってくれました。
 生徒の中には、
 「チーズがかかっていて、魚っぽくなくておいしかった」
 「魚に味がしみ込んでいておいしかった」
 と、コメントしてくれた人もいました。


 石狩汁は、本来石狩川に生息する鮭の入った汁物です。
 しかし、鮭のちゃんちゃん焼きに鮭を使ってしまったので、代わりに北海道産のタラを使いました。
 
 
 今日はご飯、主菜、汁物と、海鮮料理づくしでした。
 海のあじを、しっかりと味わえたのではないでしょうか?
画像2 画像2

岩五の給食 12月6日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 今日はとても寒い日でした。
 今日のメニューは、今日みたいに寒い日にぴったりの内容です。

 ごま入り茶飯
 おでん
 春雨と青菜のピリ辛炒め
 みかん
 牛乳
        です。


 おでんは、生徒から
 「季節の料理ですね!」
 「みんなで取り合いしましたよ!」
 「ちくわ麩がおいしかった」
 「あったかくて、体が温まりました」
 と、とても好評でした。
 今回のおでんは11種類の食材を使いました。
 大根、じゃがいも、にんじん、結び昆布、こんにゃく、つみれ、がんもどき、揚げボール、うずら卵、ちくわ麩、焼き竹輪。
 全体的に昆布とつみれが残りやすく、ちくわ麩、うずら卵、揚げボールは人気なようでした。


 春雨と青菜のピリ辛炒めも人気でした。
 「超うまかったです。毎日これでもいい!」
 と、絶賛していた生徒もいました。
 おでんと言えば茶飯の組み合わせが定番ですが、茶色+茶色なのでどうしても彩りが悪くなってしまうので、青菜の入った野菜炒めを加えました。
 しかし、予想以上に茶色っぽくなってしまい、もう少し青梗菜の量を増やしても良かったな・・・と反省しました。

校歌作曲者 大中 恩(おおなか めぐみ)氏を偲ぶ

12月6日(木)雨【校:22】
〇校歌作曲者 大中 恩(おおなか めぐみ)氏を偲ぶ
 本校校歌作曲者の大中恩氏は、平成30年12月3日に94歳で逝去されました。ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

【平成29年 開校60周年記念誌より】
 大中恩氏は、東京都生まれの日本の作曲家。1989年、紫綬褒章受章。
 1942年に東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科入学。1945年、同校卒業。
 混声合唱曲『煉瓦色の街』(1965年、秋山和慶指揮・日本合唱協会)で芸術奨励賞を受賞。以後女声合唱組曲『愛の風船』(1966年)、男声合唱曲『走れわが心』(1968)年、混声合唱曲『島よ』(1970年)で芸術祭優秀賞を受賞。1982年は時代を超えて歌い継がれている『犬のおまわりさん』『サッちゃん』『おなかのへるうた』等を集大成した『現代こどものうた秀作選・大中恩選集』で日本童謡大賞を受賞。2004年童謡文化賞、2006年にっけん小野童謡文化賞を受賞。

【平成29年 開校60周年記念誌・学校HPより】
〜校歌の由来〜
 PTA、同窓会、一般と広く校歌の作詞を募集し、集まった作品は約二十点、いずれも心のこもったものでした。
 小岩第五中学校がある鹿骨町は「東京の花どころ」として有名です。四季折々の花が咲き、空気が澄んでいる街です。このきれいな環境を的確に表現した本校卒業生の保護者の平野多美子さんの作品が選考委員全員から入賞として推薦されました。
 作曲は音楽担任の土谷愛子先生の友人で作曲家の大中恩氏に依頼して完成しました。
 昭和37年3月10日、校歌発表会を行い、小岩駅から続く花の里に地に『平和の道をつくりゆく学びや』の校歌として、生徒と教職員に歌い継がれています。

 平成29年、開校60周年記念講演として大中恩氏の講演会を行う予定でしたが、ご都合により記念誌への寄稿をお願いしました。

【平成29年 開校60周年記念誌寄稿文】
 江戸川区立小岩第五中学校のみなさん、60周年の開校記念日を迎えられたのですね。ほんとうにおめでとうございます。私は、御校の校歌を作った作曲家の大中恩です。校歌を作曲させていただいたのは、1962年3月のことです。当時、音楽の教師をしていらっしゃった土谷愛子先生とのお話で、御校の校歌を………ということになり、私も若かったので、張り切って参加させていただいたことを思い出します。その校歌も、みなさんに育てられて50年以上たったのですね。そう思うと、ほんとうに不思議な気がします。大切に育てて下さったこと………とても嬉しく思います。
 御校の益々のご発展を祈っております。
                   作曲家 大中 恩


 12月25日(火)の終業式の場で、追悼の意を込め校歌を歌います。
どうぞ安らかにお眠り下さい。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食 12月2日(火)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日の給食は、

 セサミハニートースト
 冬野菜のシチュー
 コーンとひじきのサラダ
 牛乳
      です。


 今日の献立は生徒に人気のメニューです。
 セサミハニートーストも冬野菜のシチューも残菜率が5%以下と、たくさん食べてくれました。
 セサミハニートーストは、
 「このパンおいしい!」
 「パンがおいしかった。もう少しパンのはしがやわらかかったら最高!!」
 冬野菜のシチューは、
 「量が多かったけど、おいしかったです!」
 「秋じゃないからきのこが入ってなかったんですね。だから食べられました!」
 「シチューおいしかったです」
 と、生徒に言ってもらえました。


 コーンとひじきのサラダは、クラスによって残菜が多かった所がありました。
 調理員さんも、どうして他のクラスは食べてくれるのに、食べてくれないクラスがあるんだろう・・・残念そうです。
 苦手な野菜でも、1口でも、少しでも食べるようにしてほしいです。
画像2 画像2

岩五の給食 12月1日(月)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 麦ご飯
 桜エビと大根葉のふりかけ
 ぎせい豆腐
 野菜五目煮
 白菜のみそ汁
 牛乳
       です。


 皆様のご家庭では、大根の葉は食べていますか?それとも捨てていますか?
 実は大根の葉は栄養価も高く、捨てるのがもったいない食材です。
 今回はふりかけの青菜の代わりに加えました。
 ふりかけがあると白いご飯がすすむのか、麦ご飯の残菜はいつもより少なかったです。


 今日の残菜で予想外だったのが、野菜の五目煮の残菜率が少なかったことです。
 今回は大根、にんじん、里芋、ごぼうなど、肉の入っていない根菜の煮物だったので、生徒が食べてくれるか心配でしたが、特に1年生と2年生はほとんど残菜がなかったので、調理員さんも喜んでいました。


 冬と言えば白菜です。
 12月最初の給食のみそ汁には、旬の食材白菜を加えました。
 2学期終了まであと1か月を切りました。
 残りの給食も残さずに食べてほしいです。
画像2 画像2

全校朝礼

画像1 画像1
12月4日(火)くもり【校:21】
3年生との面接が始まり、生徒の成長を実感する日々が続いています。校庭では、2年生の女子が男子に負けないくらいの声を出し、準備運動をしています。曇天ですが生徒の声は爽やかでとても気持ちの良いものです。昨日、全校朝礼を行いました。
〇全校朝礼
【表彰】
・演劇部(区芸能祭学芸会優秀賞)
・英語検定(準2級〜5級)
・漢字検定(準2級〜5級)
・環境をよくするコンクール(協議会長賞)
・江戸川区立中学校弁論大会(優良賞)
・ソフトボール部(第67回東京都中学校秋季新人ソフトボール大会第三位)
【校長講話】
 『道徳地区公開講座での評価、3年卒業面接の様子、体罰いじめについて』話をし、体育館で体罰・いじめ調査を実施しました。
【生活指導】
 地域からの通報について

 壇上から生徒一人一人を確認しました。月に一度の出会いです。この出会いを大切にし、この場での生徒の成長を毎日の糧にしていきます。
 今日、4日は校内研修があります。講師の先生2名をお招きし、先生方の授業力向上が目的です。

画像2 画像2

公開授業【保護者感想】

12月3日(月)はれ【校:22】
〇土曜公開授業の振り返り
 先週の土曜日に実施した学校公開「道徳地区公開講座」が今年度最後の土曜授業となります。本校では、土曜授業を年4回設定し、保護者・地域の皆様に公開いたしました。
5月12日 土曜公開授業・「薬物防止教室」参観保護者139名
7月7日 土曜公開授業・「高校合同相談フェスタ」参観保護者130名・他校1039名
9月8日 土曜公開授業・「学校説明会」参観保護者117名
12月1日 土曜公開授業・「道徳地区公開講座」参観保護者39名

 この他に、入学式、保護者会、部活動保護者会、運動会、文化祭、学校保健委員会(給食試食会)、卒業式等、学校を公開する場を設けています。

【公開授業の感想〜保護者編〜】
・生徒の集中し聞いている姿は素晴らしかったです。
・主事さん方の校内環境整備への取り組み、いつでもきれいで感謝しています。
・より良い五中をみなさんで築いていけたらと思いました。
・来年度からの道徳の授業が楽しみになりました。
・チャレドリの感想が『ない』と答えた生徒が、これからの生活で、この体験が何かの気づきや共感にかわる時はいつなんだろうと、楽しみだなと思いました。

 各クラスの授業を講師の先生と一緒に参観しました。前向きに取り組んでいる生徒の姿を見て『どの子も育つ』と確信しました。また、体育館で行った一斉授業でも、生徒一人一人が積極的に参加している姿勢を確認することが出来ました。
 

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

オリンピアン塚原さんに学ぶ5【陸上競技部】

12月3日(月)はれ【校:22】
 先週でチャレンジ・ザ・ドリームが終わります。99名の生徒がそれぞれの職場で何かを見つけてくれたことと願います。
 先日、朝、自転車で学校に向かっていると私と反対に向かって歩いている生徒が『おはようございます』とこえをかけてきました。とても爽やかな朝のあいさつで気分良くなりました。チャレドリですね。と話しかけると。行先、雰囲気、やりがいなどを端的に伝えてくれました。
土曜日は道徳地区公開講座がありました。授業を受け、全校生徒が地域を大切にする道徳心が育っていくと確信しています。

〇オリンピアン塚原さんに学ぶ5【陸上競技部】
 11月13日に実施した『平成30年度オリンピック・パラリンピック教育推進事業「夢・未来プロジェクト」』塚原直貴さんの最終報告です。
『第3部部活指導』
 全校生徒が下校した後、校庭に1.2年の陸上競技部の生徒が集合しました。これから部活動が始まります。顧問(保健体育科)は、塚原さんの大学、陸上部の後輩です。塚原さんは、生徒の指導と共に顧問にもアドバイスを与えてくれます。生徒の質問、顧問の質問にも的確に答えてくれます。
 都が実施した「夢・未来プロジェクト」』は生徒一人一人に夢はかなうという火種を与えてくれました。この火種を大切に育てたいと思います。

【生徒オリ・パラ学習ノートより】
『私は、部活で細かく教えてもらい自分のなおす所など意識して教えてもらったことをやりました。最初は、塚原さんと何人かが走りましたが生で見るととても速く3年生の先輩が後もう少しで抜かせそうな感じでドキドキしてきました。オリンピックに出た時の映像も見ましたがジャマイカがとても速いのが分かりました。私はオリンピックには出ることができませんが見に行きたいと思っています。』
『私は講演会でたくさんのことを学ぶことができました。リレーの映像を見せて頂いた時、スタートがきれいで速くて私もこんな風にスタートができるようになりたいなと思いました。そして部活動の時も大事なことを学べました。
一つ目は積極的になること
二つ目は一番になりたいのなら常に真ん中を意識すること
三つめはドリルの時は直線を意識すること
このことをこれからに生かしていけるように頑張りたいと思います。』
『私は、塚原さんがどういう人なのか知りませんでした。でも、動画を見た時とても驚きました。世界で3位ということのすごさと、周りの国の選手の速さに驚きました。しかも塚原さんは第一走者で一番大切といってもおかしくないと思います。改めて、ものすごい人が来てくれたんだなと思います。正直、私は朝原さんのほうが知っていて、動画の最後のほうのバトンを投げる時はテレビでよく知っていたので、そのくらいすごい人と一緒に走っていたんだなと感心しました。
 もう一つ私がすごいと感じたのは、130センチメートル前後の高さをジャンプしたことです。助走はつけていませんでしたが、一回止まって真上に高くジャンプしていたのを間近で見られたので、とても驚きでした。楽しかったです。』

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

道徳地区公開講座(3)

12月1日(土)
3時間目、生徒は各教室に戻り今日のまとめを行いました。同時に体育館1階では、保護者・地域の皆様と教員へ向けて「これからの道徳教育」の講話を行いました。特別の教科「道徳」に示された道徳教育について、「考える道徳」・「論議する道徳」という観点から、DVDの視聴をして具体的な「道徳」のお話をいただきました。また、今日の「道徳の授業」についてのお話もいただきました。学校・家庭・地域の関りが大切なことが、再認識されました。

画像1 画像1
画像2 画像2

道徳地区公開講座(2)

12月1日(土)
2時間目は、体育館2階で「道徳講演会」を行いました。江戸川区教育委員会の指導主事の先生を講師にお招きして、「社会や地域とのより良い関わり方」というテーマでお話をしていただきました。小岩五中の良いところ、本校の周辺環境、本校の教育目標の一つである「心豊かな人」について、授業を参観して、などいろいろな面から小岩五中をみていただき、みんなで考える大切さについてお話をしていただきました。すぐに答えは出ません。でも、生徒の皆さんはいろいろな機会に、クラスの中で、家庭の中で、地域の中で考えていきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

道徳地区公開講座

12月1日(土)快晴
本日は、道徳地区公開講座です。1時間目は、各学年「道徳の授業」を行いました。1学年は「正義ってなに?」、2学年は「ディズニー、掃除の神様が教えてくれること」、3学年は「重役会議」。特別支援学級の1学年は「節度ある生活」、2学年は「助け合い、感謝」、3学年は「みんな楽しく」と「社会の決まりを守って」というテーマにとりくみました。どの学年・学級でも、みんなで考えながらが行っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食 11月30日(金)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日で11月が終わります。
 11月、秋の〆なので、メニューは、

 ひじきと舞茸のご飯
 レバーとポテトの変わりソース
 かきたま汁
 牛乳
    と、きのこをたくさん使った献立にしました。


 ひじきと舞茸のご飯は、キノコの中でも高価な「舞茸」と、もち米を使った料理です。
 生徒が苦手な舞茸と、グリンピースがたっぷり入っていましたが、残菜率7.8%と、健闘していました。
画像2 画像2

岩五の給食 11月29日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 今日のメニューは、

 手作り肉まん
 翡翠ワンタンスープ
 みかん
 牛乳
     です。


 今日の献立は、チャレドリで学校に戻ってきた2年生が
 「食べたかった〜」
 「来年も作って下さい!」
 「めっちゃおいしそう!ずるい!」
 と、いつも以上に羨ましそうでした。


 手作り肉まんは、給食室で生地からも作った料理です。
 最後は釜やスチームコンベクションオーブンの、たっぷりの蒸気で蒸しました。写真は、その様子のものです。
 具もぎっしりつまり、ふんわりした肉まんに出来上がったので、生徒はとても喜んで食べていました!
 残菜率も1%と、ほぼ残りはありませんでした!


 翡翠ワンタンスープは、ワンタンの具の中に小松菜を練りこんだ料理です。
 一人当たり260gと、量がとても多く出来上がってしまいましたが、残菜率は8%と、まずまずな頑張りでした。

岩五の給食 11月28日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食

 今日のメニューは、

 しらす高菜ご飯
 豆腐のホイル焼き
 あじつみれ汁
 さつまいもの茶巾
 牛乳
    です。


 しらす高菜ご飯は、生徒よりも教職員の方から好評でした。
 やはり高菜は大人の味なのでしょうか・・・?
 生徒にも高菜のおいしさが早く分かるようになってほしいです。

 
 豆腐のホイル焼きは、
 「先生、また魚ですか!!」
 「魚が入っているんですよね?」
 と、なぜか生徒に魚が入っていると勘違いされました。
 実は魚ではなく、豆腐です。
 豆腐に人参、ねぎなどの具材をトッピングし、みそたれをかけ、ホイルに包んで蒸しました。


 あじつみれ汁は、給食室お手製のつみれの入った汁物です。
 あじのすり身には鉄が豊富です。成長期である中学生に必要な栄養素なので、たくさん食べてもらい食材です。


 さつまいもの茶巾は、1つ1つラップで茶巾にしました。
 実は中にはダイスチーズ(細かいチーズ)を練りこんでいたので、クリーミーな味わいになっています。
 「さつまいもうまい!」
 「スイートポテトみたいでおいしあったです」
 と、生徒からも好評でした。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ

提出書類

学校便り

HP掲載資料

学校給食

学校保健