11月20日の給食

画像1 画像1
・みそラーメン
・チヂミ
・野菜の中華風甘酢漬け
みそラーメンは、豚コツ・鶏ガラでだしをとったスープです。
にんにく・しょうがで炒めたぶた肉のうま味と、玉ねぎ・人参・ねぎ・コーンなど野菜の甘みが合わさり、スープまでおいしくいただけます。
チヂミは、小麦粉・米粉・じゃがいものすりおろしを使ってモチモチとした生地にしました。表面をカリッと焼き上げるために、火の通った生地にサッと油をぬって二度焼きしました。

11月19日の給食

画像1 画像1
・ごはん
・くきわかめの佃煮
・ぶた肉のすき焼き煮
・シャキシャキみそ汁
・くだもの(みかん)
炊きたてのご飯のお供は、茎わかめとしらすを甘辛く煮詰めた手作りの佃煮です。
すき焼き煮は、汁までおいしくいただけるよう薄味ですが、だしをしっかりとっているので箸がどんどん進むおかずです。
シャキシャキみそ汁には、切干大根とじゃがいもが入っています。
じゃがいもは、水でよくさらすと火を通してもシャキシャキ感が残り食感が楽しめます。

11月16日の給食

画像1 画像1
・カリカリカレーパン
・マセドアンサラダ
・いんげん豆のポタージュ
いんげん豆を柔らかく煮て、にんじんやじゃがいも、玉ねぎと一緒にミキサーにかけてポタージュを作りました。
マセドアンは、フランス語で「さいの目切り」という意味です。野菜をさいの目に切って手作りドレッシングと和えました。切り方を変えるだけで雰囲気もガラッと変わります。

11月15日の給食

画像1 画像1
・五目ごはん
・さばのごまつけ焼き
・キャベツの昆布あえ
・ぽかぽか汁
・くだもの(かき)
ぽかぽか汁には、たっぷりのすりおろしたしょうがを入れました。
しょうがには、体を温める作用があります。そのほかにも、食欲増進や疲労回復などの効果もあります。体を冷やすと体調を崩したり、風邪をひきやすくなりますので体の中から温めて寒い冬を乗り切ってほしいです。

11月14日の給食

画像1 画像1
・豚キムチ丼
・大豆サラダ
・みそワンタンスープ
・くだもの(バナナ)
大豆は「畑の肉」と言われるほど、たんぱく質を多く含んだ食材です。
そのほかにも、貧血を予防する鉄、食物繊維、カルシウム、ビタミンも含まれています。大豆は、豆腐・納豆・しょうゆ・みそ・豆乳・きなこ・油揚げ・おから・ゆば・・など色々な食材に変身します。日本の食文化には欠かせない食材ですね。
今日は、大豆をサラダに入れました。

11月13日の給食

画像1 画像1
・ごはん
・豆腐の真砂揚げ
・ひよこ豆とツナのごまドレッシング
・なめこ汁
「真砂」は細かい砂を意味していて、豆腐やえび、人参、玉ねぎなどの具材を細かくして混ぜていることからこの名が付いたそうです。今日はこの他にひじきやちりめんじゃこも入れて栄養たっぷりの豆腐の真砂揚げが出来上がりました。

11月10日の給食

画像1 画像1
・チキンカレー
・小松菜スープ
・ペロンちゃんゼリー
今日は、音楽会で土曜日も給食がありました。
みんなが大好きなカレーライスです。
給食で作るカレーは、カレールーから手作りしています。玉葱の甘みとコクを生かすために半量をじっくり炒めてあめ玉にしました。だしも鶏がらでとった天然だしを使っています。
ペロンちゃんゼリーは、江戸川区の食育キャラクターの「ペロンちゃん」が大好きなにんじんをすりおろして作ったゼリーです。

11月9日の給食

画像1 画像1
・ホットドック
・おさつチップス
・海藻サラダ
・ゴロゴロ野菜のポトフ
大きめに切った野菜がたくさん入った体の温まるポトフです。
ポトフには旬を迎えるかぶが入っています。かぶは約80種類もの品種があるといわれていて、根と葉では含まれる栄養成分が大きく違っています。根の部分は、淡色野菜で、ビタミンCを多く含みます。葉は、緑黄色野菜で栄養素の多くは葉に集中しています。
今日は、根と葉を両方使って栄養満点なスープになりました。

11月8日の給食

画像1 画像1
群馬県の郷土料理
・とうふ飯
・豆あじのから揚げ
・茎わかめとこんにゃくの炒め煮
・かぶのみそ汁
・くだもの(りんご)
群馬県は大豆の産地で木綿豆腐作りも盛んでした。しょうゆご飯に、消化の良い木綿豆腐を炒めて入れておいたところ、おいしくできたのがとうふ飯の始まりです。
また、群馬県はこんにゃく芋の生産量も全国1位で、こんにゃくが盛んに作られています。

3年生 研究授業

画像1 画像1 画像2 画像2
 10月24日(水)5校時に3年1組での研究授業がありました。「リズムにのってゴール!バトル!ハードル走!」と称して走・跳の運動に取り組みました。
 今回の授業では、「自分が選んだコースで調子よく走り、バトルタイムで勝利をつかもう。」というめあてでインターバルを4種類、障害物の高さを3種類用意して子ども達が課題に沿った練習を進められるように行いました。
 6秒間走を行う「ゴーゴータイム」や近くのコースの子と対戦する「バトルタイム」をペアで行い、課題を一緒に考えたりアドバイスをしたりする内容を取り入れより競争の楽しさを味わえるように工夫しました。
 ポイントである「同じリズムで」「同じ足で」を意識しながら意欲的に活動できている子が多く、声を掛け合いながら色々なコースに挑戦していて跳ぶことを心から楽しんでいることが感じられました。
 今回の学びを生かし、今後の授業に生かしていきたいと思います。

11月7日の給食

画像1 画像1
・マーボー丼
・小松菜とひじきのナムル
・きのこスープ
・くだもの(グレープフルーツ)
江戸川区の特産である小松菜は、野菜の中でもカルシウムを非常に多く含んでいます。
アクが少ないので、給食でも汁もの、あえもの、サラダ、チャーハン、煮物などいろいろな料理に使っています。緑が少し入るだけで彩がとてもよくなります。
今日は、小松菜を使ったナムルにしました。

11月6日の給食

画像1 画像1
・こぎつねごはん
・ほっけの文化干し
・シャキシャキじゃがいも炒め
・根菜のごま味噌汁
北海道産のほっけは、春にはエサを食べるために、秋には産卵のために沿岸に集まる習性があるため、北海道の沿岸では5〜7月、11月に多く漁獲されるそうです。
脂ののったおいしいほっけでした。
じゃがいも炒めは、千切りにしたじゃがいもを水によくさらしてでん粉を取ったあと、さっと炒めるとシャキシャキ感が残る炒め物になります。

11月5日の給食

画像1 画像1
・やきそばチリソース
・大学芋
・中華風なめこスープ
さつまいもは、中央アメリカが原産地で、日本へは17世紀の初め頃伝わってきました。
名前の由来は薩摩地方から日本各地へ伝えられたため「さつまいも」と呼ばれるようになりました。
今日は、さつまいもを素揚げにして、さとう・水あめ・しょうゆ・酢で作った蜜を絡めて大学芋を作りました。外はカリッと中はホクホクに仕上がりました。

11月2日の給食

画像1 画像1
・さけ茶漬け
・唐草焼き
・アーモンドあえ
・くだもの(りんご)

11月1日の給食

画像1 画像1
・手作りパン(クリームチーズ)
・ミモザサラダ
・ポークビーンズ
・くだもの(オレンジ)

10月31日の給食

画像1 画像1
★ハロウィン給食★
・シーフードピラフ
・小松菜クリームスープ
・かぼちゃケーキ

10月30日の給食

画像1 画像1
・ごはん
・さばの竜田揚げ
・小松菜のおひたし
・わかめのかきたま汁
・くだもの(かき)

10月29日の給食

画像1 画像1
・ごはん
・さけのさざれ焼き
・もやしナムル
・豚汁
・くだもの(りんご)

10月26日の給食

画像1 画像1
★郷土料理〜宮城県〜★
・ごはん
・カミカミふりかけ
・油麩入り肉じゃが
・おくずかけ

10月25日の給食

画像1 画像1
・オムライス
・れんこんのシャキシャキサラダ
・野菜スープ
・くだもの(ぶどう)

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30