4/20の給食

画像1 画像1
・ご飯
・豆腐のふりかけ
・ワカサギの二色ごま揚げ
・かわりきんぴら
・青菜のみそ汁

ご飯の上にパラパラとかけて食べると、ついついおかわりしたくなるおいしいふりかけは、一見すると具材は何かわかりませんが、身体に良いものがたくさん使われています。
豆腐をメインに大豆をゆでて細かくみじん切りにしたもの。
かつお節や青のり、そしてごまも入りました。
手作りの素朴な味が給食にぴったりのふりかけが出来上がりました。

ワカサギは下味をしっかりつけることで、独特の臭みと苦味をとりました。
サクサクとした天ぷらに仕上がりました。
大人気のきんぴらは、素揚げにしたじゃがいもと今日は茎わかめを入れました。
小松菜がたくさん入ったみそ汁は、煮干しの出汁の香りがふわっとして、今日もおいしく出来上がりました。

1年生を迎える会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
4月20日、今日は1年生を迎える会がありました。2年生から6年生が1年生のために、心温まる会を開催してくれました。1年生はメダルを首にかけてもらい、とても嬉しそうでした。

4/19の給食

画像1 画像1
・たけのこご飯
・鯖の文化干し
・切り干し大根と小松菜の和え物
・若竹汁
・デコポン

春を代表する旬の食材といえば、たけのこですね。
たけのこの旬は四月から五月です。
現在食べられているたけのこのほとんどは孟宗竹という種類で、地下茎から出た若芽部分にあたります。
たけのこは収穫後時間とともにえぐみが増すので、できるだけ早めに下ゆでをするのがポイントです。
最近ではゆでてパックされたたけのこが通年手に入るようになりましたが、やはり旬のたけのこの香りや歯触りにはかないません。
今日のたけのこご飯と若竹汁には、旬のたけのこを使いました。
穂先の方は若竹汁に入れ、硬い部分はご飯に入れました。
たけのこの香りを楽しむため、薄口しょう油を使い白く仕上げました。
年に一度のお楽しみ。
たけのこご飯のお味はいかがだったでしょうか。

4/18の給食

画像1 画像1
・チーズジャガトースト
・ビーンズサラダ
・クラムチャウダー
・いちご

南篠崎小学校のビーンズサラダには、豆が三種類も入っています。
一つ目はひよこ豆です。
ひよこ豆という名前は、へその部分にある突起がくちばしを連想させる形状で、全体像がひよこの頭部に似ていることから名付けられたと言われています。
二つ目は金時豆です。
金時豆はインゲン豆の一種に分類されます。
金時豆は豆類の中で、食物繊維の宝庫と言われていて、大豆の1.7倍ほどの食物繊維が入っています。
紫色にはポリフェノールがたっぷり含まれています。
そして最後は大豆です。
おなじみの大豆は、色々な食品に加工されていますね。
味噌やしょう油、きな粉、納豆、豆腐などなど。
私たちの食卓には欠かせない食材です。
もちろん栄養も豊富で、完全食に近いとされるほどです。
それぞれの特徴を生かし、それぞれに適した調理法と味付けをしてから、にんにくをきかせたドレッシングと一緒に野菜にまぜ合わせます。
苦手な豆も工夫をすることでおいしく食べられますね。

トーストはじゃがいもを蒸してつぶしてから、チーズを入れてマヨネーズで和えた具をパンに塗って焼きます。
おなじみのクラムチャウダーは手作りのルーを入れてとろみをつけました。
赤いいちごがかわいいですね。

4/17の給食

画像1 画像1
・鮭バターしょう油ご飯
・ひじきの玉子焼き
・ごま粉ふきいも
・なめこ汁
・清見オレンジ

児童のみなさんに人気のご飯は、照り焼きにした鮭が入り、バターがふわっと香るおいしい炊き込みご飯です。
角切りにした鮭に、しょう油、酒、みりん、塩で下味をつけてオーブンで焼きます。
炊き上がったところにその鮭と溶かしバターを入れ彩りにあさつきを散らしました。

玉子焼きはひじきを甘辛く味付け、割りほぐした玉子をまぜて焼きます。
付け合わせはじゃがいもを蒸してごまをふりかけました。

汁物はなめこの味噌汁です。
デザートは爽やかな味の清見オレンジです。
今日も残さず食べましょう。

4/16の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
・豆腐の中華丼
・春雨サラダ
・ニラ玉スープ
・ブラッドオレンジ

今日はいきなりデザートの話からです。
オレンジを切ってびっくり。
中は血のように赤色をしています。
それがこのオレンジの名前の由来です。
ブラッドオレンジとは、イタリアのシシリー地方を原産とするオレンジの一種です。日本国内ではあまり生産されていませんが、愛媛県で少し栽培している農家があるようです。
アントシアニンを豊富に含まれていることによって赤く色付けらています。
今が旬の爽やかな甘みがおいしい果物ですが、まだまだ流通していない珍しい果物を食べられる給食はうれしいですね。

中華丼の具に大きく切った豆腐をたくさん入れたどんぶりは食べ応えのある献立です。
いつもの春雨サラダに、カリカリに揚げたポテトをのせました。
ニラ緑と黄色の玉子が、春の花畑のようにかわいいスープが出来上がりました。

4/13の給食

画像1 画像1
・チキンライス
・ポテトとレバーのカシューナッツ和え
・春キャベツのスープ
・デコポン

スープにたくさん入った春キャベツは、2月下旬から初夏にかけて収穫されるキャベツの名称です。
みずみずしく柔らかいことが特徴で、サラダなどの生食にむいています。
キャベツは私たちの生活に当たり前のようにある野菜ですが、昔は健康野菜といえばキャベツと言われるほど、栄養豊富な野菜です。
キャベツは、ビタミンCが非常に多いことがわかり、ビタミンUという胃腸の働きを助ける成分が多く含まれます。
これは胃散の分泌を抑え、胃腸の新陳代謝を活発にして、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治りやすくすると言われます。
柔らかでおいしいキャベツをたくさん食べましょう。

ケチャップで味付けをしたチキンライスは、バターで米を炒めてからガラスープで炊きます。
レバーは下味をつけて、片栗粉をまぶし揚げたところに甘辛いタレをまぶします。
デザートにデコポンがつきました。
おいしい給食を今日もたくさん食べて食べてください。

4/12の給食

画像1 画像1
・煮込みうどん
・たこ焼きくん
・野菜とツナの和え物
・カルピス寒天

今日は朝から給食室は大忙しでした。
大人気のたこ焼きくんは、大量のじゃがいもを蒸して丁寧につぶします。
マッシュポテトを作ったところにみじん切りにしたキャベツなどの野菜と、コロコロに切ったタコをまぜます。
ひとつづつ丸めて片栗粉をまぶし油で揚げます。
香ばしく揚がったところにソース、青のり、粉がつおをふりかけて完成です。
頑張って作ったたこ焼きくは、中はもちもち外はカリカリに出来上がり、もうひとつ食べたくなるおいしさです。

しっかりだしの旨味がするうどんは、一年生でも食べやすいようにうどんも短く切りました。
ツナがたっぷり入った和え物は小松菜も入り色どりよく出来ました。
デザートには口直しにぴったりなカルピス寒天をつけました。

4/11の給食

画像1 画像1
・三色ご飯
・いかの香味焼き
・キャベツのおかか和え
・じゃがいものみそ汁

突然ですがここで問題です。
今日の三色ご飯に使った玉子は10キログラムですが、だいたい何個の玉子を使っているでしょうか?
・・・正解は、玉子はひとつ約60グラムなので計算すると約170個になります。
すごい量ですね。
その玉子をひとつひとつ割ってから、殻が入らないようにざるでこしました。
こすことでなめらかになった玉子を炒って炒り玉子にしてからご飯にまぜます。
甘くてふわっとした玉子と甘辛く味付けたそぼろが入ったご飯は人気の献立です。

いかを柔らかく焼いて、ねぎやごまなどで作ったタレをかけた香味焼きはもうひとつ食べたくなるおいしさです。
付け合わせのキャベツは、今が旬の春キャベツを使い、薄味に仕上げました。
今日の汁物はみそ汁です。
楽しくたくさん食べてください。

4/10の給食

画像1 画像1
・ポークカレーライス
・アーモンドサラダ
・ペイザンヌスープ

今日はみなさん大好きなカレーライスです。
南篠崎小学校のカレーライスのおいしい秘密は、独自に配合したスパイスを使っていることです。
辛さを抑えているのにカレーの風味を感じるように配合したスパイスは、一年生でもおいしく食べられるように作りました。
そして、玉ねぎを薄くスライスしてよく炒め、甘味を引き出します。
大きな鉄釜で大量のカレーをゆっくりコトコト煮込むこともとても大切な調理法です。
仕上げに調理師の愛情たっぷりのスパイスを入れて完成です。
今日のカレーもおいしく出来上がりました。

香ばしく焼いたアーモンドがアクセントのサラダに、野菜を千切りにして入れたスープをつけました。
今日も完食間違いなしですね。

4/9の給食

画像1 画像1
・ホットドック
・スープ煮
・パインサラダ

今日から新年度がスタートしました。
桜は散ってしまいましたが、木々にはそこかしこに新しい芽が伊吹初めています。
南篠崎小学校にも、児童のみなさんの明るい声が学校中に響き渡り、ワクワクドキドキが伝わってくるようです。
新一年生のみなさんは小学校では初めての給食でしたがおいしく食べられましたか?
今日の給食はみなさんが食べやすい献立を考えて作りました。
ホットドックは長いウインナーに手作りのケチャップソースをたっぷりからませてパンにはさんで焼きました。
スープ煮には野菜がたっぷり入って、ゆっくり煮ることで、野菜の甘みがおいしく出ています。
サラダはパインの甘酸っぱい味がアクセントになりました。

今年度も南篠崎小学校の給食室は、安全で安心な給食だけでなく、栄養士、調理師全員で力を合わせ、おいしく楽しい給食を使っていきます。
どうぞよろしくお願いします。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30