10/24の給食

画像1 画像1
・ご飯
・白身魚のフライ
・大根ツナ和え物
・大豆の甘辛がらめ
・けんちん汁
・菊花みかん

白身魚をフライにして、ソースをたっぷりかけ、サクサクっと食べるとご飯にぴったりです。
今日の魚はホキを使いました。
ホキはタラのような顔をしていますが、尾びれがウナギのようにひも状に延長しているため、外見上はソコダラ類のように見えます。
淡白な味のため、バター焼き、ムニエル、白身フライや塩焼きなどとして使われています。
ソースも赤ワインを煮詰めて、とんかつソースや中濃ソースをブレンドして作りました。

添えられた和え物にはツナが入り、白く仕上げるように塩で味を整えました。
大豆はカリカリに揚げてから甘辛いタレにからめて完成です。
けんちん汁も優しい味つけです。
給食にもみかんが登場するようになりました。
季節の移り変わりを感じますね。

10/23の給食

画像1 画像1
・カレーライス
・チンゲンサイスープ
・ビーンズサラダ

日本列島を縦断した台風の影響で、今日の給食はメニューが変更になりました。
カレーライスに入った豚肉は、食感のこま肉と、脂身に旨味のあるバラ肉をブレンドして使っています。
バラ肉は炒めると崩れてしまうので、サッと湯通ししておきます。
こま肉はニンニクとショウガで炒めて、両方合わせてカレーに入れます。
とりがらからとったスープを入れて、手作りルーでとろみをつけます。
今日はスパイスを六種類も使いました。
大きな釜で煮込んだカレーは、給食独特のおいしさです。

ビーンズサラダの豆は三種類です。
それぞれ違う味つけをしました。
スープにはチンゲンサイがたっぷり入りました。

三味線クラブ慰問演奏

画像1 画像1 画像2 画像2
10月21日、三味線クラブは老人ホームで慰問演奏を行いました。かえるの合唱や大きな古時計などを演奏してたくさんの拍手をいただきました。

10/20の給食

画像1 画像1
・肉まん
・豆腐のうま煮
・フルーツヨーグルト

まん丸の形で生地はふわふわ、中の肉はジューシーで食べ応え抜群の肉まんは、何度も何度も試行錯誤して、試作を重ねて完成した力作です。
朝から生地をねり、一人前づつ丸めます。
麺棒で伸ばして平らにしたところに具をのせて、まるで中華の点心職人のように、ひょいっ、ひょいっと手のひらの上で回転させながら形成していきます。
次に形成した肉まんを発酵させて、いよいよ蒸しあげていきます。
出来上がりを見たときに、あまりのかわいさに調理室に歓声が上がりました。
自信作の肉まんを残さず食べてください。

豆腐のうま煮はえびが入り、トロッとしたあんが口当たりよく、するすると食べられました。
デザートのフルーツヨーグルトは爽やかで口直しにぴったりでした。

10/19の給食

画像1 画像1
・五平餅
・ポリポリ大豆
・きのこ入りほうとう
・おかか和え

今日の給食は五平餅を作りました。
五平餅とは、木曽・伊那地方から岐阜、三河の辺りに伝わる郷土料理です。
木の棒に潰したのうるち米を串焼きにしたもので、 地域によって団子型やわらじ型など形が異なり、タレも味噌味や醤油味などの違いがあります。
今日は、くるみやごまをすりつぶし、甘辛い味噌味のタレをぬり焼きました。
もちもちのご飯と香ばしい味噌ダレが、もう一つ食べたくなるおいしさに仕上がりました。

ほうとうは山梨の郷土料理です。
山梨県の山間では、蚕のえさとなる桑を作り、桑の収穫が終わったあとは、麦を栽培しました。
収穫した麦をめんにして、季節の野菜といっしょにみそで煮こんで食べたのがほうとうです。
戦国時代の武将、武田信玄が自分の刀で食材を切ったことから宝刀と名付けられたという説もあります。
今日は寒かったので、あたたかい麺料理はうれしいですね。

大豆もじっくり低温で揚げて、ポリポリに出来上がりました。

10/18の給食

画像1 画像1
・マーボー丼
・わかめ焼肉サラダ
・トマトと玉子のスープ

久しぶりに晴れ渡った空がまぶしい今日は、雨で洗われた空気がひんやりと澄み、どことなく凛としているように思えます。
ふと気づくと、親水公園の桜の葉が色づき始めて、東京にもあとひと月もすると紅葉の季節がやってきますね。

さて、今日は大人気のわかめ焼肉サラダです。
このサラダにはわかめがびっくりするほど入っています。
なんと、約7キログラムです。
なかなかピンときませんね。
味噌汁に入っているわかめは多くみて、1人分約5グラムなので、なんと140人前です。
海藻の中で最もポピュラーなわかめは、ヨウ素をはじめ、カルシウム・カリウム・亜鉛など海洋ミネラル成分が豊富に含まれています。
また、わかめの根本の所にあるひだひだの胞子のうの部分をメカブと呼び、わかめの中でも特に栄養価が高く、積極的に使いたい食材です。

マーボー丼は豆腐が一度にたくさん食べられる献立です。
今日は甜麺醤を使って、風味豊かに仕上げました。
トマトのスープはきれいに玉子を散らして、酸味が美味しいスープになりました。

10/17の給食

画像1 画像1
・ご飯
・のりの佃煮
・飛び魚小松菜ハンバーグりんごソース
・芋の子汁

今日は東京都の特産品の一つ、八丈島から送られてきた飛び魚のミンチを使ってハンバーグを作りました。
飛び魚は海の上を飛んでいるように見えることから、その名の通り飛び魚とつきましたが、さて、どれくらいの距離を飛ぶと思いますか?
飛行距離は、普通100〜200メートルですが、最高では400メートルも飛んだものもあります。
すごいですね。
味は生食では淡白ですが、火を通すことによって旨味が増す魚です。
今日のハンバーグは江戸川区特産品の小松菜をたくさん入れて、チーズやケチャップなどで味つけをしました。
ソースはりんごのすりおろしがたっぷりのほんのり甘酸っぱい味付けです。

ご飯には、しいたけをみじん切りにして入れた佃煮が乗りました。
さといもがとろっとした芋の子汁も出汁の旨味がおいしさを引き立ててくれました。

10/16の給食

画像1 画像1
・いかえびもずくのかき揚げ丼
・むらくも汁
・大根とちりめんじゃこのサラダ
・柿

秋雨前線の影響で、日本中が急に寒くなりました。
今日も着ていく洋服に悩んでしまったほどです。
こんなに寒くなると、暖かい汁物が欲しくなりますね。
今日はぴったりの献立、むらくも汁です。
むらくも汁とは、空に浮かんだ雲のように、玉子がふわふわと浮かんだ汁物のことです。
片栗粉でとろみをつけていることで、なかなか冷めづらく、暖かいままの汁物が食べられます。
それでは、むらくもとはなんでしょう?
むらくもとは叢雲と書きます。
空に群れをなしている雲のことを指す言葉です。
今日の空では見ることができなくて残念ですね。

かき揚げにはもずく、えび、イカが入って、香ばしい香りが食欲をそそりました。
サラダのジャコは、オーブンでからりと焼いてから入れました。
デザートの柿も今が旬で、とても甘くて美味しい柿でした。

南っ子まつり

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
10月14日、今日は南っ子まつりでした。地域のみなさん、保護者のみなさんのご協力のお陰で楽しいおまつりができました。オープニングに金管バンドクラブと和太鼓クラブが演奏をしました。ダンスクラブもすばらしかったです。

10/13の給食

画像1 画像1
・ポンデケージョ
・キャベツのトマト煮
・温野菜サラダ

今日はポンデケージョを手作りしました。
ポンデケージョとは、ブラジルで生まれたパンで、ポルトガル語でチーズパンを意味します。
タピオカの粉に卵、牛乳、チーズなどを混ぜて焼いたひと口大のパンで、表面はパリッとした歯ごたえ、中はもちもちとした食感が特徴です。
18世紀にはすでにあったとされ、1950年代にはブラジル全土に普及し、パン屋だけでなくさまざまな場所で売られています。
日本でも最近はあちこちで見かけるようになりました。
給食ではタピオカ粉の代わりに、小麦粉や片栗粉を使い、じゃがいもを蒸し潰して混ぜ込みました。
ほんのり甘く、今日のトマト煮と相性抜群でした。

そのトマト煮は、コトコトゆっくり野菜を煮崩れるほど煮込んで、甘みをひきだします。
大きくカットされたとり肉は、マヨネーズ、塩コショウで漬け込むことで柔らかくしてからオーブンで焼き目がつくように香ばしく焼きます。
最後に全体を合わせると、味に深みが出ておいしい煮物になりました。

サラダのドレッシングはベーコンを炒めてから、フレンチドレッシングとミキシングしました。
ベーコンの脂がドレッシングに溶け込み、野菜の味を引き立たせました。

1年生生活科見学6

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
自然博物館を見学しました。どんぐりや動物のはく製がありました。

1年生生活科見学5

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
なかよしひろばで動物と触れ合いをしました。モルモットをだっこしたり、ウサギを触ったりしました。

1年生生活科見学4

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
お弁当タイムです。みんなとても嬉しそうです。もりもり食べています。

1年生生活科見学3

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
サル山の前でクラス写真を撮りました。

1年生生活科見学2

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
ヤマアラシやミーアキャット、カピバラなどを見ました。シロテナガザルが人気でした。

1年生生活科見学1

画像1 画像1 画像2 画像2
10月13日、今日は1年生の生活科見学です。市川市動植物園に着きました。これから動物を見にいきます。みんなとても楽しみにしています。

10/12の給食

画像1 画像1
・中華風炊き込みご飯
・レバーとカシューナッツ和え
・なめこスープ

もち米を入れて炊いた中華風炊き込みご飯は、もちもちとした食感に、コリコリとした具材の食感が楽しめるご飯です。
大きくカットしたとり肉は煮崩れないように甘辛く別煮にします。
野菜もコロコロとした形に切って味をつけておきます。
最後にご飯に混ぜて出来上がりです。
今日は青みにインゲンを細かく切って散らしました。

レバーはカシューナッツとじゃがいもを素揚げして、カレーだれを作りまぶしました。
スープはなめこのとろみがついて、玉子がきれいに糸のように散らされました。
ごま油がふわっと香り、うす味で仕上げたスープは全体のまとめ役になりました。

10/11の給食

画像1 画像1
・きのこあんかけ丼
・茎わかめとツナのサラダ
・じゃがいもの味噌汁
・焼きリンゴ

秋の代表的な食材のきのこ。
そのきのこをふんだんに使った今日のどんぶりは、少し甘く仕上げて食べやすく作りました。
きのこは一種類でもおいしいですが、三種類入ると相互作用でグアニル酸が多く出ることが確認されています。
つまり旨味がさらに増えるということです。
今日はしめじ、まいたけ、しいたけの三種類を使いました。
汁まで全部おいしかったですね。

茎わかめには下味をつけて、ツナの油も使い風味を出しました。
味噌汁はじゃがいもがホクホクとしています。

デザートの焼きリンゴは、リンゴを焼くことで、成分の1つであるオリゴ糖が増加します。
オリゴ糖をエサとする善玉菌が増殖し、腸内環境を整えてくれます。
また、リンゴの果皮に含まれているポリフェノールは、熱を加えることによって体内に吸収されやすくなり、抗酸化作用がアップします。

良いことづくしの焼きリンゴですが、一年に一度のデザートなので味わって食べてください。

10/10の給食

画像1 画像1
・きんぴらご飯
・たらのもみじソース酢
・秋のくるみ和え
・小松菜の味噌汁

晴れた夕方の空を見上げると、うろこ雲が一面に広がっていました。
うろこ雲は秋を代表する雲で、上空の高いところに発生します。
日に日に秋の深まりを感じますね。

今日のご飯は、きんぴらゴボウを作って、そこから出たおいしい汁を、米にまぜて炊きます。
ちょっぴり甘く炊き上がったご飯に炒めたきんぴらをまぜて完成です。
食欲の秋だからでしょうか。
秋は炊き込みご飯が、なぜだかいちだんとおいしく感じますね。

魚はたらを使いました。
身が柔らかく、配食するのに崩れてしまうので、慎重にそっと並べました。
もみじソースは、りんご、にんじん、玉ねぎをすりおろし、よく加熱してしょう油やみりんで味を整えます。
淡白な味のたらには、少し濃いめのタレが相性抜群でした。

和え物にはくるみのすりおろしを入れました。
味噌汁には小松菜をたっぷり使いました。

区民まつりパレード金管バンド参加

画像1 画像1
10月8日、今日は区民まつりパレードに金管バンドが参加しました。とても上手に演奏することができました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31