7/19の給食

画像1 画像1
・ひよこ豆のカレーライス
・夏野菜ソテー
・小松菜サラダ
・カルピス寒天ポンチ

今日の給食は大人気のカレーライスです。
夏野菜のソテーをトッピングしていただきます。
カレーのルーにも一工夫しています。
トマトを一緒に煮込み、仕上げに生クリームを入れました。
まろやかなおいしさが、口いっぱいに広がります。
サラダは江戸川区特産の小松菜を使いました。
味のアクセントにツナを入れて、ドレッシングの酸味を少なくするためにリンゴ酢を使い、一年生でも食べやすい味付けに仕上げています。
デザートはカルピスを寒天にして、みかんを浮かべました。

さて、今日で一学期の給食が終了しました。
私たち給食室全員で、安全で安心なだけでなく、見て楽しい、食べたらおいしくて更に楽しくなる給食を色々な工夫を凝らして頑張って作りました。
来学期も変わらず、児童のみなさんの笑顔を思い浮かべながら、おいしい給食を作って行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

7/18の給食

画像1 画像1
セレクト給食
Aセット
・フィシュフライ
・さくらんぼ
Bセット
・チキンのオニオンソース
・河内晩柑
共通メニュー
・ガーリックトースト
・ラタトゥイユ
・ビシソワーズ

今日はお楽しみのセレクト給食です。
食育としてのセレクト給食の目的は、いつもの全員で同じ献立を皆で食べる共通性の育成と違い、自分が何を食べたいのか選択する力。
またそれを食べてどう感じたのか、さらに選択した献立の食材が身体の栄養にどのように役に立つのかを勉強する、大切な給食です。

給食室では朝から忙しく働きます。
いつもの倍のメニューを作らなくてはならないからです。
野菜もたくさん。
肉も、魚もあります。
果物も二種類です。
作りながら、おいしそうに食べてくれる児童のみなさんの顔を思い浮かべて、頑張って作りました。
出来上がって、お盆に乗った給食は、色とりどりに可愛らしく見えました。
さて、みなさんはどう感じたでしょうか?
自分の選択した給食はおいしかったですか?

7/17の給食

画像1 画像1
・ご飯
・ワカメとおかかの炒め物
・コーンのかのこ蒸し
・もやしのおひたし
・じゃがいものみそ汁
・すいか

ジリジリと照りつける太陽がピッタリお似合いの昨日は、海の日の祭日でした。
江戸川区も葛西臨海公園の遊泳ゾーンでは海開きが行われ、遊泳期間中は様々なイベントが行われます。
学校でもプール開きも済み、児童のみなさんの元気な声が連日響いています。
今日の給食のかのこ蒸しは、別名、ひまわり蒸しとも言い、コーンの部分をひまわりの黄色い花弁に見立てて、とても暑いこの時期に登場するメニューです。
肉団子を作り、片栗粉をまぶしたコーンを周りにつけてから、大きな釜で蒸します。
一度に約50個ほど蒸すことができる代わりにその熱気はとても熱くて、調理師は汗をかきかき頑張って調理をします。
出来上がった肉団子は、コロンと丸くて、黄色いコーンが可愛くついています。
付け合わせはもやしのシャキシャキの食感が楽しいおひたしです。
ご飯の上にはワカメとおかかを炒めたふりかけに近い味に仕上げた炒め物です。
みそ汁には大きく切ったじゃがいもが入りました。
デザートは小玉すいかがつきました。

7/13の給食

画像1 画像1
・わかめご飯
・ポテトコロッケ
・おかか和え
・豆乳入りみそ汁
・冷凍みかん

朝起きて空を見上げると、お日様がこちらを向いてニッコリ笑っているように見えました。
夏本番と言えるような暑さが始まりましたね。
局地的な雷雨もあったようですが、一雨降ればすっかり空気をお掃除してくれたかのように涼しくなるはずが、なぜか蒸し蒸しして、お日様の微笑み はジメジメして蒸し暑くなるよ、と言われていたのでしょうか。
さて、給食はコロッケです。
暑くてもホクホクのじゃがいもコロッケはペロリと食べてしまうほど人気メニューです。
今日は大豆を細かくみじん切りにして、こっそりまぜてあります。
大豆たんぱく質と食物繊維も同時に摂取できます。
付け合わせは香ばしく炒ったかつお節の香りがアクセントの和え物です。
ご飯は人気のわかめご飯です。
みそ汁には豆乳を入れて、まろやかに仕上げました。
デザートは冷やっとして甘い冷凍みかんです。

7/12の給食

画像1 画像1
・マーボ丼
・中華風コーンスープ
・大豆とごぼうのカリカリ揚げ

みんな大好きな麻婆豆腐。
本格的な味付けは、山椒がピリッとして豆豉醬を使って作りますが、学校の味付けは一年生でも食べられるように、メインは味噌を使い、少しの豆板醤に甜麺醤やオイスターソースを入れ調味料で味を整えます。
砂糖で甘みを出し、食べやすいマーボ丼の完成です。

スープにはクリームコーンを入れて、ほんのり甘くて、玉子がふわふわ浮かんでいます。
大豆とごぼうをカリカリに揚げてから、青のりをまぶします。
砂糖と塩を使い、甘くてしょっぱいついつい後を引く不思議な味付けです。

7/11の給食

画像1 画像1
・ココナッツトースト
・レバーのアメリケーヌソース和え
・ビーンズサラダ
・オニオンと麦のスープ
・パイナップル

トーストにぬられたココナッツ。
最近ではスーパーなどでもよく見かける食材です。
ココナッツウォーターはナタデココの原料になります。
ミルクやオイル、おいしいお菓子なども独特の風味で大人気です。
おいしいだけではなく栄養も豊富で、中鎖脂肪酸やビタミンなどなど、体にうれしい栄養素だけでなく、実のまわりに付いた繊維やかたい殻などは民芸品に加工されたりと、余すところなく使えるスーパーフードです。
パンにバターとグラニュー糖、ココナッツをまぜてぬり、オーブンで焼きました。
カリカリとした食感に、バターとアーモンドの香りがして、おいしいトーストに仕上がりました。

添えてあるレバーは、アレルギーに配慮した、甲殻類を使用しないで作ったアメリケーヌソースで、エビの代わりにケチャップやナンプラーを使い風味豊かに仕上げています。
揚げたてのレバーにからめていただきます。
サラダには三種類の豆が入り、野菜も合わせてコロコロに切り、目にも食感も楽しくできました。
スープは炒めた玉ねぎの甘みがよく出ています。
デザートは甘酸っぱいパイナップルです。

7/10の給食

画像1 画像1
・ご飯
・納豆和え
・アジフライ
・じゃがいもの含め煮
・わかめのみそ汁

久しぶりに登場した納豆。
7月10日はなっとうの日です。
関西地域に納豆の消費拡大を目指し、関西納豆工業協同組合が制定した関西限定の記念日だそうです。
朝食の定番ともいえる納豆は、日本の伝統的な発酵食品です。
苦手という人も少なくありませんが、私たちの体に必要な栄養素をバランスよく含む栄養食品とも言えます。

さて、突然ですがここで問題です。
写真をよく見てください。
ご飯の横にそっと添えられた一人分の納豆ですが、今日は学校全員分でどれくらいの量を使ったでしょうか?・・・
正解は、12キログラム
ひとパックが約50グラムですから、計算すると、なんと240パックも使ったことになります。
なかなかピントきませんね。
今は3パックひとつで売っていますから、80個ということになります。
納豆売り場から、納豆の姿がなくなりそうな量ですね。
日本には先人の知恵と言える発酵食品がたくさんありますが、給食には欠かせない食材でもあります。

新鮮なあじは臭みもなく、ふっくらして脂ののった身に衣をつけてフライにしました。
パン粉は薄くつけて、あじのおいしさを味わえるようにしました。
付け合わせはじゃがいもを一度揚げてから合わせだしに含ませて煮ました。
みそ汁の味噌も発酵食品ですね。
今日はわかめが主役のみそ汁です。

7/10の給食

画像1 画像1
・あんかけ焼きそば
・たこ焼き風ポテト
・玉子スープ

焼きそばの上にかけるあんかけは色々な種類があります。
麻婆豆腐、エビのチリソース、カレー風味や和風などなど。
その中で今日は小松菜をたっぷり使った、青菜の中華風あんかけです。
野菜の中に豚肉やえびも入って、食材から出る旨味に加えて、オイスターソースと隠し味にナンプラーを入れました。
香ばしく焼けたそばに、トロッとかけていただきます。

コロコロ丸くてかわいいたこ焼き風ポテトは、じゃがいもを蒸して潰し、キャベツなどの野菜とたこを入れて、丁寧に丸く整えて揚げます。
かつお節と青のりをふりかけ、ソースをかけて出来上がりです。
スープには玉子と青梗菜が入りました。

7/6の給食

画像1 画像1
・あなごちらし寿司
・七夕汁
・七夕フルーツポンチ

子どもの頃は誰でも一度は短冊に願い事を書いて、笹のに吊るした思い出があるのではないでしょうか。
生きた教材として給食でも七夕を大切にして献立にすることは、児童のみなさんに伝えたいことがあるからです。
まずは七夕のお話です。

天の神様には、娘がいました。
娘の名前は織姫といって、機織りが上手な働き者でした。
しかし ひとりぼっちだったので、神様は天の川の向こう岸にいる彦星と結婚することを許しました。
織姫も彦星も、最初はよく働きましたが、結婚させたら怠けてしまって、働かなくなってしまいました。
そんな二人を見て天の神様は怒りました。罰として、二人を天の川の両岸に離ればなれにしまいました。
織姫は悲しんでしまったので、天の神様は一年に一度7月7日だけ会うことを許しました。
七夕の日に雨が降ると、天の川の水が増えて渡れなくなります。
そのときはカササギの鳥が羽をひろげて橋を作ってくれました。

このお話から、怠けてしまうのはよくないこと。
今までとても幸せだったのに、たった一日しか会えないことから、今の生活に感謝をする心を育むこと。
この二点を今日の給食を食べながら、みなさんで話してみてほしいと頑張って作りました。
すまし汁にはそうめんの川が流れ、その周りにニンジンの星々が光っています。
フルーツポンチにはナタデココの星や赤いさくらんぼは織姫、寒天で作った彦星。
あなごちらし寿司には海苔をひき、その上に錦糸卵をちらし、夜空に玉子の川を表現しました。
ニンジンも一つ一つ星の型を抜くのは大変な作業でしたが、頑張りました。
明日7/7は夜空をそっと見上げてみてください。

7/5の給食

画像1 画像1
・サメバーガー
・トマトチャウダー
・かぼちゃのサラダ
・冷凍みかん

サメ、と聞くとびっくりするかと思いますが、水揚げされたサメは色々な食品に加工されて私たちの食卓に並んでいます。
例えば、有名なフカヒレはサメのヒレを使います。
身は柔らかくてしなやかな薄っすらピンク色をしていて、練り物などにも使われています。
また軟骨は、コラーゲンやコンドロイチンなどの健康食品などにも加工されるなど、意外と身近な食材でもあります。
今日の給食では丁寧に衣を付けてフライにし、バンズパンに挟んでバーガーにしました。
臭みもなく、ボソボソの食感もないので美味しく食べられました。

サラダは初登場の献立です。
かぼちゃを油で揚げて香ばしくしておきます。
蒸したじゃがいもや、ゆでた野菜、チーズなどと一緒にフレンチドレッシングで和えました。
ドレッシングにはりんご酢を使い、食べやすく仕上げました。

トマト味のチャウダーは夏を感じる爽やかさでした。
デザートにはひんやりした冷凍みかんがつきました。

7/4の給食

画像1 画像1
・鶏飯
・鯵入りさつま揚げ
・茎わかめのコリコリキャベツ和え
・すいか

奄美で生まれた鶏飯は、様々な具を使った手のこんだ料理です。
薩摩藩の支配下におかれた奄美の人々は、厳しい圧政の中でさとうきびを栽培して黒砂糖を作り、藩におさめていました。
ちょうど先日放送された大河ドラマでも、西郷隆盛が島送りにされた奄美の人々の生活を見て、失った心を取り戻し、島の人々のためにさとうきびを絞る機械を持ってくるなどして、どうやって生き抜いたのか感動的な物語を放送していました。
島の素朴な女の人たちが,本土から渡ってくる役人の気持ちを少しでもやわらげようと祈りつつ,できる限りのぜいたくなもてなしをするため料理をしたのが鶏飯だと言われています。
それが鹿児島の本土に渡り根付き、今では郷土料理となりました。
色々な具材をご飯の上に乗せて、とりガラから取ったスープをかけて、さらさらっといただきます。
暑い日にはうれしい料理ですね。
料理ひとつひとつにも掘り下げると、興味深い歴史があります。

あじのすり身が入ったさつま揚げに、茎わかめのコリコリとした食感も楽しい漬物が添えられました。
デザートは季節のすいかです。

7/3の給食

画像1 画像1
・カシューナッツ炒飯
・ワカサギのパプリカ揚げ
・大豆入りサイコロサラダは
・きのこスープ
・クインシーメロン

デザートについた太陽のような色のクインシーメロンの名前は、クイーン と,カロテンが豊富なことから健康を表すヘルシー とを組み合わせて作られた造語だそうです。
クインシーメロンはカロテンを非常に多く含む赤肉系のメロンで、甘みが強くジューシーなメロンです。
給食ではアンデスメロンを使うことが多いですが、メロンにも色々な品種があることを給食で学ぶことが食育につながりますね。

炒飯には香ばしく炒ったカシューナッツをたっぷり入れて、隠し味にナンプラーを使いました。
添えてあるワカサギは、下味を付けてから唐揚げにして、そこにパプリカのパウダーをまぶしてあります。
サラダは具材をコロコロに切って、フレンチドレッシングであえました。
スープにはたくさんのきのこが入りました。

7/2の給食

画像1 画像1
・冷やしうどん
・小松菜とえのきのおひたし
・イカの天ぷら
・粉ふきいもバターしょう油
・とうもろこし

夏の野菜の代表選手のとうもろこし。
蒸してそのまま食べてもおいしいですし、色々な料理の主役や名脇役にもなる大人気の野菜です。
良いとうもろこしの見分け方は、ひげの多いとうもろこしほど多くの実がついているので、ひげがふさふさとしているものを選ぶというのも、ひとつの方法です。
とうもろこしは実はおいしいだけじゃないく、身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。
とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品のひとつといえます。
今日は三年生のみなさんに皮付きのとうもろこしを一生懸命むいてもらいました。
お味はいかがでしょうか?

季節にぴったりの冷やしうどんには、野菜をゆでて、味付けをしてからうどんに乗せていただきます。
イカの天ぷらもつきました。
じゃがいもは粉ふきいもにしてから、バターとしょう油でからめています。
夏バテしないようにたくさん食べて元気でいましょう。

6/29の給食

画像1 画像1
・エリンギ入りピラフ
・レバーとポテトのマリアナソース
・トマトとレタスのスープ
・河内晩柑

毎日暑い日が続いて、調理師も汗をかきかき頑張って調理しています。
雨はどこに行ってしまったのかなぁ?と思っていたら、今日梅雨明け宣言が出ました。
六月に梅雨が明けるなんて、これから夏本番になったらどうなるのでしょうか。
でも、おいしくて栄養満点の給食をたくさん食べて、暑い夏を乗り切りましょう。
レバーのマリアナソースは、少し苦手な児童のみなさんも食べやすいように、ポテトフライを一緒にまぜてケチャップを使い甘く仕上げています。
鉄分やビタミンA、葉酸が豊富なレバーは栄養豊富なので、給食でも積極的に使いたい食材です。

ピラフにはコリコリの食感も楽しいエリンギを入れました。
さっぱりとしたスープには、トマトやレタスが入っています。
デザートには河内晩柑がつきました。

6年生社会科見学5

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
房総のむらの中にある江戸時代末期の街並みを探検しました。

6/28の給食

画像1 画像1
・手作りピザパン
・旬野菜のスープ
・シーザーサラダ
・さくらんぼ

大きな鉄板の上に朝から一生懸命にこねた生地を伸ばして焼きます。
一度焼いた生地の上に、ピザソース、野菜、チーズの順に乗せてもう一度焼きます。
二度焼くことで、パンはふかふかに具材はチーズが溶けて香ばしくなります。
手作りのパンは調理がとても大変ですが、出来上がったピザパンを児童のみなさんが喜んで食べてくれることを想像しながら頑張って作りました。

シーザーサラダにはかりかりに焼いたベーコンがアクセントになり、手作りのマヨネーズ風味のドレッシングがとてもおいしく出来上がりました。
スープは具沢山で、たっぷりの野菜が食べられました。
かわいいさくらんぼがデザートです。

6年生社会科見学4

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
午後は房総のむらに行きました。風土記の丘資料館を見学しました。石棺や埴輪、銅鏡などをみました。

6年生社会科見学3

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
貴重な資料や展示物をたくさん見ることが出来ました。

6年生社会科見学2

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
古代のコーナーは、リニューアル工事のため、見ることができませんでした。古代に興味を持っている子は、残念そうでしたが、平安時代の貴族の生活や鎌倉時代の武士の生活のジオラマを見て、目を輝かしていました。

6年生社会科見学1

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
6月28日、今日は6年生の社会科見学です。歴史民俗博物館に来ています。社会科で学習したことを実際に展示物を見て、さらに興味がわいたようです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31