校長あいさつ

 

第11代校長 内野 雅晶

内野校長

二之江中学校長の内野雅晶でございます。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

本校の教育目標は、『「いま、ここ」で頑張る生徒を育てる』です。
また「心豊かな人」「自ら学び実行する人」「協力し合い責任をもつ人」を育てたい生徒像としています。

本校の教育の大きな特徴は、生徒一人一人の学びを保障する「学び合い学習」を全教科、全授業で取り入れていることです。各教室は、机をコの字型に配置することによって、「分からないから教えて」「ここどうするの?」があたり前に言える学習環境を構成しています。そのことによって、教師と生徒、生徒どうしのコミュニケ−ションが円滑に行われ、生徒一人一人の確かな学びの習得につながっています。

また、各授業の途中では机の配置を男女混合4人組に組み換えたグループ学習を行います。基礎・基本の着実な定着をねらった1stステージやジャンプ課題として設定する2ndステージのグループ学習に取り組むことによって、生徒一人一人の個の学びを深めています。

PTA活動も各学年、各委員会が活発に運営され、年間を通じて様々な教育支援活動が展開されています。

地域等との連携では、これまで本校を全面的に支援していただいている「三江会」や「ニ之江中を愛し育てる会」をはじめとした強力な学校応援団、16の町会・自治会、青少年育成団体等のご協力により、生徒たちの健全な成長を支えていただいています。

このように、保護者や地域の皆様の支援に支えられ、様々な教育活動を充実させることができています。
 今後も、学校・家庭・地域の連携を一層深め、生徒の健やかな成長を共通の喜びとして教育活動に取り組んでまいります。

平成29年4月1日

学校経営方針

平成29年度

平成29年度学校経営方針

平成29年度2学期 学校経営資料

平成28年度

平成28年度学校経営方針

平成28年度2学期 学校経営資料

平成27年度

平成27年度学校経営方針

平成27年度2学期 学校経営資料

平成26年度

平成26年度学校経営方針

平成26年度2学期 学校経営資料

平成25年度

平成25年度学校経営方針

平成25年度2学期 学校経営資料

平成25年度3学期 学校経営資料

朝礼等の校長講話

「ボランティアの心」(1017.10.30)

「定期考査への取り組みに向けて期待すること」(2017.11.13)

「41歳になった自分」(2017.12.4)

始業式の話「夏休みを振り返りつつ、次の目標を定めよう」(2017.8.25)

「場面に応じた礼儀を身に付けよう」(2017.10.2)

 

「優先事項を大切にしたSNSとのかかわり」(2017.6.12)

「思いやり」(2017.7.10)

終業式の話「意味ある夏休みに」(2017.7.20)

「友だちをつくるきっかけを大事にしましょう」(2017.4.24)

「連休の過ごし方」(2017.5.1)

「ひたむきに取り組む姿を期待」(2017.5.22)

二之江中生としての自覚(2017.3.13)

 

努力の2学期(2016.12.22)

縁起を担ぐ(2017.1.10)

雑巾は幸福を招く(2017.1.16)

一人一人が二之江中の代表として(2017.2.13)

自分らしさを自覚することの大切さ(2016.11.14)

まだまだ、これからが大事です(2016.12.5)

障害のある・なしにかかわらず(2016.12.19

皆さんの活躍(2016.10.3)

いま、ここでやるべきこと(2016.10.24)

楽しく学校生活を送るうえで、ちょっと気をつけてほしいこと(2016.10.31)

災害に対する備え(2016.8.29)

アスリートの言葉から学ぶ(2016.8.25)

オリンピック・パラリンピックを前にして(2016.7.20)

熱中症予防と規則正しい生活(2016.7.11)

ダンス部のことでお願いがあります(2016.6.27)

信念をもったプレー(2016.6.20)

日頃の取り組みが、自分を支える(2016.5.30)

運動会に期待すること(2016.5.9)

江戸川っ子、家庭ルールづくり(2016.4.25)

なりたい自分(2016.4.11)

新入生を迎える心の準備(2016.4.6)

 

変えたい自分(2016.3.25)

気配りのできる人(2016.2.22)

東京駅伝の走りから思うこと(2016.2.15)

自分を磨く(2016.2.8)

古葉竹識さんが伝えたかったこと(2016.1.18)

本当の価値(2016.1.8)

見られていても、いなくても(2015.12.25)

教育長先生からのお手紙(2015.12.21)

期待されることは嬉しいこと(2015.12.7)

落ち着いて慌てる!?(2015.11.9)

確かな手応え、自分の将来(2015.10.26)

心の交流(2015.10.19)

生徒会役員選挙を振り返って(2015.9.14)

正しく判断する力(2015.8.31)

夏の成長と2学期への期待(2015.8.25)

夏休みの過ごし方(2015.7.17)

チャレンジ・活躍・勇気を称(たた)えたい(2015.6.29)

運動会に向けて(2015.5.11)

部活動から学んでほしいこと(2015.4.27)

自分からすすんであいさつすることの大切さ(2015.4.13)

石段を一段一段登るように(2015.4.6)

 

節目を大切に(2015.3.25)

最後の一段をていねいに登ろう(2015.2.23)

校歌に込めた思い(2015.2.16)

日々の努力こそ尊いのです(2015.1.26)

夢や希望を実現させるために(2015.1.8)

自分自身の成長を実感する瞬間(2014.12.24)

わきまえること、の大切さ(2014.12.22)

伊能忠敬さんと二之江(2014.12.8)

一年の締めくくり方(2014.12.1)

皆さんは期待されている(2014.11.17)

ひたむきに取り組むことの大切さ(2014.8.25)

夏休みの過ごし方(2014.7.18)

私立高校説明会に向けて考えてほしいこと(2014.7.14)

心の中にあるばね(2014.6.23)

クールビズは何のため?(2014.5.12)

本に親しみましょう(2014.4.28)

信頼される人になりましょう(2014.4.14)

自分らしさを追究すること(2014.4.7)

     

進級の節目はジャンプのチャンス(2014.3.25)

誰からも気づかれない「躍進」(2014.3.17)

合唱コン・卒業を祝い励ます会に向けて(2014.3.3)

 

目標をもつことの大切さ(2014.2.24)

人を信じること(2014.2.17)

スクールゾーンの路面塗装と地域の方々の思い(2014.2.3)

古川に寄せる地域の人々の思い(2014.1.20)

先を見通す(2014.1.8)

きちんとしたあいさつの大切さ(2013.12.25)

「ありがとう」という言葉の不思議な力(2013.12.9)

ここぞ、という時には(2013.11.25)

桜の花芽はいつできるのでしょうか(2013.11.18)