特色ある教育活動

確かな学力の定着を図るために

  • 毎週水曜日の朝学習時に既習漢字等の学習に取り組む。
  • 読書科とともに毎週金曜日には図書ボランティアによる読み聞かせを実施する。夏休みは読書感想文を課題として取り組む。
  • クラブ活動の金管バンドの活動では、地域活動に参加し学校教育の理解と開かれた学校づくりを推進していく。
  • 校内研究を通して人と積極的に関わろうとする能力を培い言語活動の充実を図り、思考力、判断力、表現力の育成に努める。

豊かな心を育むために

  • 異年齢集団による全校遠足やハッピースマイル班活動等の体験活動、心身に障害のある人や高齢者、在日外国人児童との交流活動、募金活動等のボランティア活動を計画的、組織的に進める。
  • グリーンプランを推進し、環境保全につながる様々な活動に取り組む。
  • うるおいのある学校生活や児童相互の親和・協調を目指し、縦割り班活動・交流給食・学校園での勤労生産活動等を生かした教育活動を進める。
  • 通常の学級と特別支援学級との交流及び共同学習を積極的に図る。(瑞江焼き・交流会・社会科見学・日光林間学校・ウィンタースクール・交流給食)

健康な体を育むために

  • マラソン週間、マラソン大会、短縄跳び、長縄跳び、初級者水泳指導を実施し、持久力や泳力の増進を図る。
  • 学期はじめに「すこやかカード」を全家庭に配布し、児童自ら生活習慣の見直しと改善を図り、集中して学習に取り組めるようにする。

地域で学ぶ

  • 生活科や総合的な学習の時間等で、地域の学習を積極的に取り入れ、郷土を愛しよりよくしていこうとする態度を育む。