創学の心

  1. 明日の必要に対する学校教育の展開をはかる。そのためには、自ら考え正しく判断することのできる児 童の育成をめざし、いやしくも教育が知識の伝達にかたより、児童の調和的発達が阻害されぬようふだんに教育内容の資質維持向上をはかる。
  2. わが校の教育は、つねに、最高と最善を求めて行うものである。児童の望ましい発展をはかり、教育の効果を高めるために、学習負担量の適正化、内容の充実精選を行い、学習の適期に、適切な方法で、適切な内容を設定して、児童の自発活動をうながすよう高い視野に立った指導法の工夫、改善に努める。
  3. 学校は地域の宝物である。江戸川区立南篠崎小学校は、地域社会の絶大な期待と信頼のもとに開校した。この期待と信頼に応えられるよう努めるとともに、公立学校として国家社会の信託によって運営されるものであるから、公教育としての普遍性を堅持し、中立にして穏健な教育を推進する。

教育目標

  • よく考え 進んで学ぶ子ども(本年度の重点)
  • 明るく 思いやりのある子ども
  • 心身ともに たくましい子ども
  • きまりを守り 責任を果たす子ども

教育目標達成のための基本方針

  • わからなかったことが理解でき、できなかったことができるようになる学習活動の推進
  • 子供同士がお互いに認め合い、助け合う学校生活
  • 健康で安全で安心できる学習環境
  • 家庭と地域で、見守られ育まれる南篠崎小学校の子供たち