= どの子も育つ・・・『江戸川区で一番信頼される中学校』を目指します。 =

岩五の給食◇6.28

・ツナコーントースト
・牛乳
・焼き肉サラダ
・マカロニシチュー


給食では汁物を作る際、化学調味料や顆粒出汁などは一切使いません。

和食では
・カツオ節
・サバ節
・昆布

洋食や中華、その他の料理献立では
・鶏ガラ
・豚骨
・野菜の切れ端

などを使って出汁をとっています。

出汁をきちんととることで料理に「うま味」が増して少ない塩分でも美味しく食べることができます。
野菜の切れ端は普段そのまま捨ててしまっている部分をよく水洗いしてから煮出しているだけなので、ご家庭でも気軽に行えます。
野菜の甘味が増して濃厚な味になるのでぜひ試してみてください。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.27

・ソース焼きそば
・牛乳
・冬瓜と肉団子のスープ
・芋とじゃこの揚げ合わせ


6/27(木)の汁物は「冬瓜と肉団子のスープ」でした。

肉団子のつなぎは卵を使わずに「えのき」を使用しています。
えのきを茹でてからペースト状にするだけで卵と使い方は変わりません。ひき肉や他の具材と一緒に練るだけです。えのきの味や香りは全く気にならずに食べることができます。
冬瓜は「冬」がつきますが、冬の野菜ではなく夏が旬の野菜です。貯蔵性が高く夏に収穫しても冬まで日持ちするといわれているので「冬瓜」と書くそうです(実際には冬までは日持ちしません)。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.26

・親子丼
・牛乳
・わかめ和え
・のっぺい汁


今日の主食兼主菜は「親子丼」でした。

鶏肉、玉ねぎ、にんじんをカツオ出汁で調味料とともに煮たあと、でん粉でとろみをつけて煮立たせてからすぐに卵でとじます(2枚目)。
このとき、ふわふわになるように、かき混ぜすぎない、焦げないように火加減の調整、などをして仕上げています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.25

・麦ごはん
・海苔ふりかけ
・牛乳
・サバのおろしがけ
・ピリ辛こんにゃく
・わかめのみそ汁


6/25(火)の汁物はわかめのみそ汁でした。

わかめは北海道から九州までの沿岸部に生育している海藻です。縄文時代の遺跡から発見されており、古くから日本人の食生活に欠かせない食品でした。
わかめは羽のように分裂している姿から「新しく分かれ出た海藻」という意味があります。そんなわかめですが、生育している日本と朝鮮半島以外の地域では「世界の侵略的外来種ワースト100」の1つとなっています。アメリカやヨーロッパなどで繁殖が確認され、養殖している魚介類の成長の妨げになったり、漁業用の網や機械にからまったりと、重大な影響を及ぼしているそうです。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.24

・ごぼうピラフ
・牛乳
・レバーのマリアナソース
・ブイヤベース風スープ
・ナタデココポンチ


24日(月)のデザートは「ナタデココポンチ」でした。

ナタデココはココナッツミルクを発酵させ固めた食品です。
「ナタデココ」はスペイン語で「ココナッツミルクの上澄み」という意味になります。
発酵する過程で食物繊維が多くなり、カロリーも低いので健康食品としても利用することができます。
画像1 画像1

岩五の給食◇6.21

・枝豆ごはん
・牛乳
・豆アジの南蛮漬け
・ゆでとうもろこし
・かきたま汁
・冷凍みかん


今日の主菜は「豆アジの南蛮漬け」でした。

豆アジは小さいアジのことです。
私たちが普段アジと呼んでいるのは「マアジ」で、北海道から沖縄までの日本全国で漁獲されています。1年を通して漁獲されますが、1番美味しい旬の時期は春から夏にかけての時期といわれています。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.20

・エッグトースト
・牛乳
・わかめサラダ
・豆乳クリーム煮
・キウイフルーツ


今日の果物は「キウイフルーツ」でした。
キウイフルーツは中国原産(げんさん)の果物です。和名は「中国さるなし」といい、キウイフルーツという名はニュージーランドでつけられた商品名です。
キウイという名はニュージーランドの国鳥である「キーウィ」からつけられました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.17

≪オリ・パラ給食〜スペイン〜≫
・パエリア
・牛乳
・小松菜のカタルーニャ風ソテー
・野菜スープ
・オレンジ


今日の給食はスペインのオリ・パラ給食です。

主食のパエリアは、スペインの米どころであるバレンシア地方を代表する米料理です。現地では「パエリャ」または「パエージャ」と発音します。パエリアを炊くときに使う鍋は「パエリア鍋」と呼ばれ、鍋というよりフライパンに近い形をしていますが、現地のバレンシア語でパエリアは「フライパン」を意味する言葉だそうです。

カタルーニャ風ソテーはサッカーで有名なバルセロナを中心とするカタルーニャ地方に伝わる郷土料理を参考にして作りました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.14

・シーフードスパゲッティ
・牛乳
・コーンサラダ
・小松菜ケーキ


今日のデザートは「小松菜ケーキ」でした。

小松菜の葉のみをゆでてからペースト状にして生地に練りこんでいます。
見た目は小松菜の緑色をしていますが、小松菜の味はあまり感じないので苦手な人でも気にせず食べることができます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.13

・麦ごはん
・じゃこふりかけ
・牛乳
・鮭の味噌漬け焼き
・変わりきんぴら
・けんちん汁


今日の麦ごはんには「じゃこふりかけ」を付けました。

じゃこは「ちりめんじゃこ」のことですが、似たような食品に「しらす」または「しらす干し」があります。これらはいずれも同じ魚でイワシの稚魚です。
一般的にいわしの稚魚を釜茹でしたものを「しらす」、釜茹でして少し干したものを「しらす干し」、さらに干して乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と呼びます。この呼び方はあくまで一般的なもので地方によっては違う呼び方になります。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.12

・ピザドッグ
・牛乳
・じゃがいものハニーサラダ
・イタリアンスープ
・バナナ


今日の主食は「ピザドッグ」でした。

焼く前に胚芽パンに切れ目を入れて具を挟みチーズをのせます。具やチーズが足りなくならないように均等に分けなくてはいけない難しい作業です。
焼くときは蒸し焼きにしてふわっとした食感に仕上げています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.11

≪読書の日献立≫
・深川めし
・牛乳
・ししゃもの唐揚げ・ゴマ揚げ
・キャベツのおかか和え
・呉汁(ごじる)


今日の主食は「深川めし」でした。
池上正太郎の小説、「剣客商売 待ち伏せ」から考案しました。

深川めしは江戸時代に漁師町として栄えた深川で生まれた料理です。漁師たちの日常食として親しまれ、「農林水産省郷土料理100選」に選ばれています。


汁物は「呉汁」でした。
大豆をすりつぶしてペースト状にしたものを「呉(ご)」といい、呉をしぼった液体が「豆乳」、残った固形物が「おから」となります。
その呉を出汁に加えて味噌で味付けしたものが呉汁です。
画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.10

・ポークペッパーライス
・牛乳
・小松菜サラダ
・ポトフ
・メロン


今日の汁物は「ポトフ」でした。

ポトフはフランスの家庭料理の一つです。
ポト(pot)は「鍋」、フ(feu)は「火」という意味があり、ポトフとは「火にかけた鍋」という意味になるそうです。
その名の通り鍋でじっくり煮込む料理ですが決まった作り方や具材は特になく、家庭や地方によって独特のレシピがあるそうです。

画像1 画像1

岩五の給食◇6.6

・麦ごはん
・骨太ふりかけ
・牛乳
・ぎせい豆腐
・小松菜のおろし和え
・生揚げのみそ汁
・さくらんぼ


6月6日の果物は「さくらんぼ」でした。
品種は山形県産の「紅さやか」です。

紅さやかは「佐藤錦」と「セネカ」を交雑して生まれた品種です。濃い赤色をしていて果肉も赤色をしています。
佐藤錦より酸味が強いですが。適度な甘みがあってバランスの良い味といわれています。給食で出した紅さやかも程よく甘酸っぱい味でした。

画像1 画像1
画像2 画像2

岩五の給食◇6.7

・麦ごはん
・牛乳
・豚肉のごまだれ焼き
・キャベツのお浸し
・豆腐と野菜のみそ汁


6月7日の汁物は「豆腐と野菜のみそ汁」でした。
味噌は私たち日本人の食生活に欠かすことのできないものです。
そんな味噌ですが「味噌」という文字が文献にはじめて登場するのは平安時代になってからです。当時は高級品で地位の高い人がそのまま食べたり、食べ物につけたりして利用していたそうです。
鎌倉時代になると「みそ汁」として利用されるようになり、室町時代になると大豆の生産量が増え、農民が自家製の味噌を作るようになります。現在伝わっている味噌料理のほとんどがこの頃に作られたといわれています。
戦国時代になると武士たちが戦場で食べる保存食として利用されるようになり、戦国武将たちがそれぞれの領地で作らせた味噌が「信州味噌」や「仙台味噌」など全国各地の味噌となって現在でも利用されています。
画像1 画像1

岩五の給食◇6.5

・小松菜ビスキュイパン
・牛乳
・フライドポテトサラダ
・肉団子スープ
・りんご


6月5日の主食は「小松菜ビスキュイパン」でした。

フランス語でビス(bis)は二度、キュイ(cuit)は焼く、を意味します。今日のビスキュイパンには小松菜を生地に混ぜて焼き上げています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.4

・いわしの蒲焼丼
・牛乳
・じゃが芋のそぼろ煮
・すりごまみそ汁


今日の主食兼主菜は「いわしの蒲焼丼」でした。

6月〜7月にかけてのいわしは「入梅(にゅうばい)いわし」といい、一年の内で最も美味しいといわれています。

水から出すとすぐに弱って死んでしまうことから「弱し」から変化して「いわし」になったという説があります。そんないわしですが、丸ごと食べられるものが多くカルシウムを多くとることが出来ます。漢字では魚へんに「弱い」と書きますが、食べることによって骨や歯を丈夫に強くしてくれる魚です。


※入梅(にゅうばい):雑節(ざっせつ)のひとつで、梅雨入りの時期を示し
          ます。現在の暦だと6月11日ごろ。
          お彼岸や八十八夜なども雑節に分類されます。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩五の給食◇6.1

≪運動会 〜 お弁当献立 〜 ≫
・わかめごはん
・牛乳
・鶏肉の唐揚げ
・ひじきの煮物
・お浸し
・ピリ辛玉こんにゃく
・冷凍パイン


今日は運動会ということでお弁当献立でした。

約330人分のお弁当を作るために調理員が総出でごはん、おかずを一つずつ丁寧にお弁当箱に詰めました。
お弁当のおかずの定番である鶏肉の唐揚げとデザートの冷凍パインが大人気でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ

提出書類

学校便り

HP掲載資料

学校給食