校章の意義

清新第二中学校校章

図案

欅の三葉と校名のうちの二文字

意義1

校門の近くに聳え立つ欅の大木があり、本校の豊かな樹木のなかで象徴的存在である。

意義2

欅の葉を三方に配した図案は、自然とのふれあいを大切にすることを表し、また、人格の完成をめざして、真・善・美の理想を求め、かつ知徳体の調和のとれた豊かな人間性育成の教育を示している。

校歌紹介


清新第二中学校校歌
作詞  田島 信夫
作曲  千本 威信


波ひかる荒川ぎしよ
天をめざし けやきは高く
学ぼう 友よ 知恵を 真理を
語らう窓べ 夢もうまれて
ああ 清新 清くあたらし
誇りあれ 二中



風そよぐ みどりの町に
芽生えいく 若いこころよ
走ろう 友よ 土を 大地を
きらめく汗に 力あふれて
ああ 清新 清くあたらし
誇りあれ 二中



かもめ鳴く 葛西の海よ
虹もたつ はるかな空に
歌おう 友よ 愛を 希望を
かがやく瞳 世界にむけて
ああ 清新 清くあたらし
誇りあれ 二中