平成29年度 中小岩小学校の教育計画

1 教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

教育目標

人権尊重の精神に則り、自ら考え判断し社会の一員としての自覚を高め、将来の夢をもち、心身共に健康で人間性豊かな児童の育成を目指し、次の目標を設定する。

  ○よく考える子(課題に粘り強く取り組み、しっかり考え、判断する子)
  ○思いやりのある子(自他の生命を尊重し、だれに対しても優しい子)
  ○たくましい子(明るく元気に活動し、自らの健康・体力の向上を図る子)


教育目標を達成するための基本方針

  • 自己を見つめ、よりよく生きようとする心情を高め、思いやりの心を育むとともに、「中小岩は毎日人権デー」を掲げ、全教育活動を通して人権尊重の精神を培い、心の教育の充実を図る。
  • 関わり合いを深める教育活動を重視し、規範意識、自立・自律心、公共心などの社会性を育み、温かな人間関係の構築を目指す。
  • 「みんな同じ中小岩の子」を掲げ、みどり学級との交流・共同学習を推進し、特別な支援を要する児童への支援の充実を図ると共に、通常学級における障害理解教育の推進を図り、共に学び生活する環境作りを行う。
  • 心の育成を図り、豊かな言語力を培うために、読書科を中心として、読書活動の充実を図る。
  • 基礎的・基本的な学力の定着、生きる力の育成に向け、「確かな学力向上推進プラン」を基に  「学ぶ楽しさ、わかる喜び」を重視した指導を推進する。また、保護者と連携し、家庭での学習習慣の定着を図る。
  • 一人一人が分かる授業を目指し、少人数指導を適切に行うと共に、ICTの活用等、指導の工夫と改善を行う。
  • 自ら学び、考え、感性豊かに表現する力を伸ばすとともに、地域から学び、地域を学ぶために、学校応援団等の地域教育力、外部人材を積極的に活用する等、体験活動を始めとする豊かな学びを展開する。
  • 自らの心身の健康や体力に関心をもち、健康な心と体の保持増進を図り、「運動の喜び」を重視した指導を推進する。また、保護者と連携・協力した保健、食育学習の充実を図り、生活リズムの改善・定着を図る。
  • 「地球にやさしい町づくりを学校から」を合言葉に、省エネ共和国として児童、教職員、家庭、地域が連携して環境教育の充実に取り組む。
  • 児童が安全・安心に過ごせる生活環境を整え、健全育成を図るため、家庭、地域、関係諸機関と密に連携し、防犯、防災、安全教育を進めるとともに、あいさつ運動やボランティア活動などを通じて、人と積極的に関わろうとする豊かな心を養う。
  • 各種便りやホームページ、連絡メール等あらゆる方法を活用して情報発信をし、保護者、地域の方々への教育活動の周知、理解・協働を推し進める。

2 本校の指導の重点

○各教科

  • 自ら学ぶ意欲を高め、一人一人の学ぶ楽しさ、わかる喜びを実感できる授業を目指し、年間指導計画や評価規準を基に、指導法・教材の工夫等授業改善を進めるとともに、東京ベーシックドリルや江戸川チャレンジ問題等を活用して、個々の理解度に合わせた指導を行う。
  • 思考力・判断力・表現力の育成を目指し、各教科・領域で、自分の考えをしっかりもつとともに、相手の意図を汲み取って話を最後まで聞く。さらに、思いや考えを言葉や文字で伝えあう学習活動を展開し、言語活動の充実を図る。また、学習した知識・技能を活用する力を伸ばすために、体験的・問題解決的な学習を重視し、学んだことを表現する授業を行う。
  • 基礎的・基本的な事項の定着を図るために、週3回、朝10分間の「朝学習の時間」を設定し、ティームティーチング体制でスキル学習を行う。また、個別補充学習を計画的に設けるとともに、各学期に家庭学習キャンペーンを位置付け、家庭学習の充実や発展を図る。
  • 算数では、全学年習熟度別少人数指導を行い、個に応じたきめ細かな指導を進める。
  • 体力向上を図るために、年間を通して運動遊びを推進するとともに、運動の喜びを重視し、一人一人がめあてをもって学習に取り組めるよう指導の充実を図る。また、学期毎に種目を決めて体力測定・体力向上に取り組む等、一校一取組を計画的に行う。 
  • 情報機器を活用する力を育てるために、コンピューターの基本操作や、情報活用の方法、情報モラルを身に付ける機会を設ける。また、知識・理解の定着と思考力や表現力の向上を図るため、ICTを効果的に活用し、授業改善を図る。
  • 学校図書館活用推進校として、学校司書を中心に保護者などのボランティアと協力し、読書意欲を高め、読書活動の充実を図るとともに学校図書館の環境整備、蔵書管理、小岩図書館との連携を推進し、学習・情報・読書センターとして活用の充実を図る。