教育目標

東京都教育委員会並びに江戸川区教育委員会の教育目標を踏まえ、人権尊重の精神を基盤に、個性や能力に応じ主体的に活動できる児童を育成する指導内容や方法の充実を図る。また、家庭・地域社会との連携を深め、我が国や東京都、江戸川区を愛する心と、多様な文化に対する理解を深める機会を充実し、豊かな人間性と創造性の育成を目指し次の教育目標を設定する。

 

  ・進んで学習する子ども
  ・思いやりのある子ども(重点目標)
  ・じょうぶな子ども

 

教育目標を達成するための基本方針

  • 教育活動全体を通してあらゆる偏見や差別をなくし、児童一人一人の望ましい人間関係の確立と自己実現を図り、人権尊重の教育を徹底する。
  • 読書科充実のために、適切な時数確保と、読書委員会を中心に組織的に読書科を推進する。
  • 障害の状態等に応じ指導の工夫をし、特別支援学級等と連携した支援体制を更に整える。
  • 発達段階を踏まえ、基礎・基本を確実に習得させ、課題解決に必要な思考力等を育む。
  • 学力の基盤となる言語活動の充実や算数少人数指導の工夫等、指導・評価の改善を行う。
  • 一校一取組や休み時間等の運動により、進んで運動に親しむ態度を養い、体力向上を図る。
  • 日常生活で、自分を大切にし、他者を思いやる等の豊かな心や人間関係の形成を目指す。
  • 総合的な学習の時間の体験的学習や地域との触れ合い等を通して、自ら学ぶ姿勢を養う。
  • 地域行事やボランティア等の体験を通し、地域の伝統文化や社会規範を守る態度を育てる。
  • 健康な生活のために食育・健康・安全の理解を深め、自ら健康を保持増進する姿勢を育てる。
  • 災害時に命を守る能力を養うため、実践的な避難訓練や教科等と関連した防災教育を行う。