新堀小学校教育目標

教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

1 新堀小学校の教育目標


都・区教育委員会の教育目標に基づき、児童の実態をふまえ、進んで考え、豊かな心をもち、たくましく
生きる児童の育成を目指し次の教育目標を設定する。


  • 進んで考え 学び合う子  
  • 心豊かで 思いやりのある子 (本年度重点目標)
  • 健康で たくましい子

なお、本年度の重点目標は「心豊かで 思いやりのある子」とする。



2 学校の教育目標を達成するための基本方針


学校の教育目標を達成するために、次のような基本方針を設定し教育活動を展開する。


  • 教師一人一人が、人間教育は「根を育てれば、樹は自ら育つ」という意識をもち、子どもたち一人一人の人格を尊重し、主体的・対話的な深い学びを自ら実践する。
  • 人・文学・自然・科学・芸術等を理解するための思考力を身に付けさせるよう、カリキュラム・マネジメントの充実を図る。
  • 様々な情報を理解し、主体的に判断しながら課題を解決していく力につながる思考力を付ける。そのため、子どもたちが自ら課題をもち、全体を見通しながら試行錯誤をする過程、また、振り返って修正したり、方向転換したりする過程を大切にする。
  • 校内研究として、特別の教科「道徳」に取り組み、自尊感情を育成する。そして、自らを律し、他者を思いやり、協働する喜びを感じるような感性豊かな人間を育成することを目指す。
  • 学校生活全体(学級経営・特別活動・各教科等で、社会一般に共通する規範意識の育成を図る。
  • 学びを支える教育環境(地域の人材・ゲストティーチャー・学校施設・適正な予算の執行)の整備を行い、地域と連携・協働する『チーム新堀』として教育活動を展開する。
  • 自らの教育活動や組織の在り方を見つめ、切磋琢磨しながら専門性を高めるために、日常的な学校評価システムを構築し、迅速な問題解決や学校改善に取り組む。