校長挨拶

江戸川区立小松川第二小学校校長  鶴田 麗子

開校65周年 新年度スタート!!

都内でも桜の名所として知られるようになった美しい『小松川千本桜』に見守られながら、平成29年度がスタートしました。今年度は開校65周年の節目の年でもあります。年間を通して、本校の歴史を紐解く活動に取り組みながら、学校への理解を深め、関わってくださった方々の学校への思いや願いを知ることで、学校を愛する心、地域を愛する心、ふるさと「江戸川」を愛する心を育んでいきたいと思います。

保護者の皆さま、お子様のご入学、ご進級おめでとうございます。 133名、4学級の新一年生を迎え、全校児童800名、24学級でのスタートです。子供たちは、入学や進級を機に、大きな期待と希望を抱いていることでしょう。教職員も新たなメンバーで“チーム二小松”として、子供たちのより良い成長のために、力を合わせ教育活動を進めていこうと意欲を高めています。

本校の教育目標「からだも心も健康な子ども」の達成に向け、全ての子供が「元気に登校、楽しく生活、満足して下校」できる学校、「いつも にこにこ 二小松の子」の合言葉の通り、子供たちの笑顔あふれる学校の実現を目指していきます。そのために「心の3つのあ」に象徴される教育活動を推進し、「よく考え工夫する子」「力を合わせやりとげる子」「思いやりのある子」の育成に努めます。また「行いの3つのあ」、「あいさつ」「あつまり」「あとしまつ」をしっかり実践させ、規律ある学校生活を送れるようにしていきます。

「心の3つのあ」
  • あかるい   教育活動 (よく考え工夫する子)の育成
  • あきらめない 教育活動 (力を合わせやりとげる子)の育成
  • ありがとう  教育活動 (思いやりのある子)の育成
「行いの3つのあ」
  • あいさつ
  • あつまり
  • あとしまつ

今年度は江戸川区教育課題実践推進校として「読書科」の指導法の研究に取り組みます。 これまで図書ボランティアの皆さんや司書教諭、昨年から指定を受けている学校図書館活用推進校として配置された学校司書さんの尽力により、学校図書館の環境整備が進み、読書環境がたいへん改善されました。春休みには図書館の一部改修も行われました。お陰様で進んで読書をする子供たちも増え、読書科の目標「本好きな子」はほぼ達成できつつあります。

今年度はさらに「本で学ぶ子」を目指し、本や資料を活用した「調べ学習」の仕方を学びながら、新学習指導要領でも「全ての学習の基盤となる資質・能力」として重要視されている「情報活用能力」や「問題発見・解決能力」を育てていきます。朝読書では「目的ある読書」を進め、様々なジャンルの本や新聞等を意図的に取り上げ、子供たちの読書の幅を広げたり、読書意欲を高めたりしていきます。ご家庭でも本や新聞に日常的に触れる環境をつくっていただけたら幸いです。平成30年1月26日には、研究の経過を発表する研究説明会も予定されています。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

平成29年度 学校経営方針