= どの子も育つ・・・『江戸川区で一番信頼される中学校』を目指します。 =

岩五の給食 1月17日(木)

画像1 画像1 画像2 画像2
今日の給食は、
・麦ごはん
・ぎせい豆腐
・野菜の辛し和え
・ひっつみ
・りんご

粒麦には、生活習慣病などの予防に有効な食物繊維が、
精白米の17〜19倍も含まれています。
また、ビタミンやミネラルなども含まれています。

ぎせい豆腐は豆腐に、卵や肉をまぜて焼いた料理です。
今日のは、レンズまめが入っています。

ひっつみは岩手県の郷土食で、すいとんに似た料理です。
小麦粉を練ったものを、汁に直接入れて煮るので、
とろみのついた、温かくて冷めにくい汁物です。
今日のは、やまといもが入っています。

また今日のりんごは山形県産です。

栄養満点の給食を食べて、体も心もぽかぽかに

温まりました。





岩五の給食 1月16日(水)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
今日の献立は、スウェーデン(フィンランド)の料理です。
・ラズベリージャム胚芽パン
・コールドマ(焼きロールキャベツ)
・ピッティパンナ(ジャーマンポテト)
・アーソトッパ(インゲン豆のスープ)

ラズベリージャムは手作りです。
甘酸っぱい香りで高級感あふれるジャムになりました。

コールドマとは、フィンランドの焼きロールキャベツです。
本場ではあまいソースをかけて食べることが多いようです。

ピッティパンナは、ジャーマンポテトのような料理です。
料理の付け合わせとして食べられています。

アーソトッパは、豆の入ったスープです。

給食を通して、世界の料理にふれて、

身近に感じてもらえたらなと思っています。





岩五の給食 1月15日(火)

今日の献立は
🌸豆腐のうま煮丼
🌸白菜のみそ
3年1組がリクエストした
🌸もちもちボール
です。
豆腐のうま煮丼には、たっぷりの豆腐、お肉が入っていてボリューム満点です。
またもちもちボールには、おからと人参が入っていて、栄養満点です。

おからには、歯や骨のもとになるカルシウム、血のもとになる鉄分、おなかの調子を整える食物繊維がはいっています。

3連休明けで、厨房では安全衛生に気をつけながら給食作りに励みました。

給食食べるすべての人が心豊かになってほしいなと思います。



画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

岩五の給食 1月11日(金)

今日は「リクエスト給食」で
きなこ揚げパン、マンハッタンクラムチャウダー、
カリカリサラダ、パインアップルでした。

揚げパンは、給食で大人気のメニューですが、
戦後間もないころ、給食に出ていたかたいパンを、どうやったらおいしく食べられるか、当時の調理員さんが考えて、発明した料理です。

カリカリサラダは、揚げたじゃがいもが、スナック菓子風ですごくおいしく頂けました!








画像1 画像1 画像2 画像2

岩五の給食 1月10日(木)

今日は、お正月のめでたい時に食べる献立にしました。
メニューは以下のとおりです。

★ 鯛めし
一家の平和を願ってお節の時に食べる
★ 紅白なます
新年の豊作や家内安全の願いを込めて食べる
★ 雑煮


今日の雑煮には春の七草の入れています。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
かぶ、大根です。

素材の味を味わいながら、給食をいただきました!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

岩五の給食 1月9日(水)

3学期最初の給食は、チキンドリアと小松菜サラダ、みかんです。ドリアの手作りのホワイトソースがチキンライスと合っていて、おいしく頂けました!
画像1 画像1 画像2 画像2

しばしの別れ

 私事で恐縮ですが、産休のため、今学期で生徒たちとしばらく会えなくなります。


 終業式の日に、生徒たちに挨拶をしました。
 ・短い間でしたが、生徒のみなさんと過ごすことができて楽しかったです。
 ・給食委員のみなさんは、岩五の給食を盛り上げるために協力してくれてありがとうございました。これからも引き続き、岩五の給食を盛り上げていってください!
 ・リクエスト給食アンケートを2学期にとりましたが、約束通り3学期の献立に組み込んであるので、安心して&楽しみにしていてください。
 ・みなさんが給食を食べ、身も心も成長した姿で、再び会えることを楽しみにしています。
 といった内容をお話しさせていただきました。


 放課後、各クラスの生徒たちが、メッセージカードをプレゼントしてくれました。
 カードのことに全く気付いていなかったので、驚きとうれしさで、心がいっぱいになりました。
 生徒のみなさん、本当にありがとうございます!
 メッセージカードを励みに、出産を頑張りたいと思います。


 給食のボードに、生徒宛にメッセージを書かせていただきました。
 新学期、学校に来た時に見てもらえると嬉しいです。



 3学期からは新しい栄養士が着任します。
 楽しみにしていてください!
画像1 画像1

岩五の給食 12月21日(金)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 2学期最後の給食なので、「クリスマス献立」にしました。
 生徒もとても楽しみにしていたようです。

 メニューは、
 ごぼうピラフ
 魚のアーモンド揚げ
 ブイヤベース風フープ
 オレンジケーキ
 牛乳
     です。


 昨年、生徒から
 「給食と家のクリスマスがかぶった!」
 という意見が多かったので、今年は「家のクリスマスとかぶらないメニュー」をテーマにしました。
 例えば、メインはチキンではなく魚、ケーキはショートケーキやチョコレートケーキではなくオレンジケーキにしました。

 これでかぶらないだろう!と満を期して作りましたが、
 「クリスマスなのに何でチキンじゃないんですか?」
 と、今度は昨年と逆のことを生徒に聞かれました。


 さて、来年はどうしたらよういのでしょうか? 

岩五の給食 12月20日(木)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は「冬至の日献立」にしました。
 メニューは、

 麦ご飯
 小松菜ふりかけ
 松風焼き
 かぼちゃ甘煮
 ゆずいりつみれのすまし汁
 牛乳
     です。

 冬至の日には「ん」が2つつく食べ物を食べると良いと言われています。
 「ん」が2つつく食べ物と言えば、かぼちゃ(なんきん)!!
 そのため、かぼちゃの甘煮を作りました。

 また、冬至の日には「ゆず湯」に入る風習もあります。
 そのため、ゆず入りつみれのすまし汁を作りました。


 生徒のみなさんが来年1年間、元気に過ごせることを願って今日の給食を作りました。

岩五の給食 12月19日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 明日、12月20日は「ぶりの日」です。
 そのため、「ぶり」を使った給食にしました。
 メニューは、


 麦ご飯
 ぶり大根
 ごま酢和え
 いきなり団子
 牛乳
     です。


 冬の定番メニューぶり大根は、実は苦手な子どもが多いです。
 話を聞くと、ぶり特有の香りや、子ども曰く苦みが苦手なようです。
 しかし、今回魚屋さんが「このぶりはおすすめですよ!」と紹介してくれた、ちょっと高めのぶりを使って作ったところ、生徒からも「おいしい」と好評で、たくさん食べてくれました。
 ただ、とてもやわらかいぶりだったので、給食室で煮込んだり、各クラスで盛り付けているときに形が崩れてしまったのが残念でした。
 しかし、残菜率は6%(汁を含む)と少なく、完食したクラスもあり、調理員さんも予想以上に生徒が食べてくれて嬉しかったと言っていました。


 いきなり団子は、熊本県の郷土食です。
 あんことさつまいもを、もちもちの生地で包んで蒸した和菓子です。
 上の写真のように、調理員さんが包むのに苦労しながらも、丁寧に作ってくれました。
 そのおかげか残菜率も2.8%と、全校で食べかけが10個程度あったくらいの少なさでした。

岩五の給食 12月18日(火)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日の給食は、
 エッグトースト
 ミートボール入りポトフ
 パリパリ海藻サラダ
 牛乳
     です。


 エッグトーストは、茹でて刻んだ卵をパンに塗り、上からチーズをのせて焼いたトーストです。
 今回は普通に食パンではなく、「胚芽食パン」を使用しました。
 胚芽食パンを使うと、食物繊維やミネラルなどの栄養素量がアップするからです。
 また、焼くと香ばしい香りがより強く表れるので、食欲も出てきます。


 ミートボール入りポトフは、給食室で作った特製大豆入りのミートボールをポトフに入れました。今回一人当たり210gと、とても多い量でしたが、残菜率2.4%と、ほとんど残さずに食べてくれました!
 生徒からも
 「スープがすっごくおいしかった!」 
 「ポトフまた食べたい!作って下さい!」
 「肉がおっきくておいしかった」
 と好評でした。


 パリパリ海藻サラダは、海藻サラダにワンタンの皮を揚げたものを混ぜ込んだサラダです。
 ただの海藻サラダでは、生徒はあまり食べてくれないのですが、なぜか揚げたワンタンの皮を加えると一気に残菜率が減ります。
 今回も残菜率2.9%と、毎日これくらい食べてほしいな・・・と思うほど少なかったです。
 ただ、毎回サラダに揚げたワンタンの皮を入れると、油のとりすぎになってしまうので、この作戦はたまにしか使えません。生徒に野菜を食べてもらうための工夫には悩みます。
画像2 画像2

岩五の給食 12月17日(月)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 麦ご飯
 おからコロッケ
 おかか和え
 もずく入りかきたま汁
 牛乳
    です。


 おからコロッケは、通常のポテトコロッケよりもカルシウム・鉄・食物繊維たっぷりのコロッケです。おからなので淡白な味のイメージを持つかもしれませんが、実はとてもおいしいです。
 生徒も
 「コロッケがおいしかった」
 「コロッケがおいしくてご飯がすすみました」
 「ご飯と合う!」
 と好評でした。


 今日の給食も、ご飯の白色、野菜の緑色、コロッケの茶色、かきたま汁の黄色と、彩りを重視してたてました。
 彩が良いと、生徒も食が進みます。

岩五の給食 12月14日(金)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日の給食は、「広島県の郷土食」をテーマに作りました。
 メニューは、

 もぶりご飯
 小いわしの天ぷら
 八寸
 お浸し
 牛乳
     です。


 もぶりご飯は広島県の郷土食です。
 もぶりは、広島弁で「混ぜる」という意味だそうです。
 つまり、混ぜご飯という意味ですね。
 調べると黒大豆などの豆を加えるようです。今回は大豆を加えて作りました。

 
 小いわしとは「カタクチイワシ」のことです。
 広島県で獲れる魚の大部分を占めている魚です。
 本来は夏の魚ですが、魚屋さんにお願いして、小いわしを用意して頂き、天ぷらにしました。
 生徒からは
 「カリカリしておいしかったけど、骨があった」
 「魚のうまみを感じられました」
 とコメントをもらいました。


 八寸は、筑前煮に似た、広島県の郷土料理です。
 直径八寸(24cm)の器に盛り付けることから、この名前がついたようです。

岩五の給食 12月13日(木)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 手作りシーフードピザ
 白菜のミルクスープ
 オレンジ
 牛乳
     です。


 今日は残菜が非常に少ない日でした!

 手作りシーフードピザは、おまけを入れた状態で、全校で5個しか残りませんでした!残菜率では1.1%です。
 生徒からも
 「パンがふわふわでおいしかった」
 「ピザもう一回食べたい!」
 と、大変好評でした。


 白菜のミルクスープも、今回は一人当たり220gと、やや多めでしたが、残菜率5%と、ほとんど残りませんでした。
 実はスープにはレンズマメが大量に入っていたのですが、煮込んでいるうちに溶けてしまい、生徒は気づかずにたべていました。
 写真では見えにくいですが、白菜もたくさん入っています。

 今日は生徒のみなさん、気づかぬうちに苦手な豆と野菜を食べられていたようです。
画像2 画像2

岩五の給食 12月12日(水)

画像1 画像1
〇今日の給食

 今日の給食は、
 麦ご飯
 柳川風卵焼き
 ひじきの五目煮
 小松菜のみそ汁
 牛乳
      です。


 ご飯の白、卵焼きの黄色、ひじきの黒、小松菜の緑色と、今日は彩りよく、生徒の食欲が出るような献立にしました。


 ひじきの五目煮は、実はさつま揚げが入っています。
 さつま揚げを入れると、さつま揚げのうま味によってコクが出て、さらに甘みも出るので、砂糖をあまり入れなくても甘さを感じることができます。
 ぜひご家庭でもひじきの五目煮を作るときにさつま揚げを入れてみて下さい!
画像2 画像2

岩五の給食 手作りシーフードピザ作ってます

画像1 画像1
画像2 画像2
今日の給食は手作りシーフードピザです。

今日はとても寒かったので、発酵がうまくいくか心配でしたが、写真の通り、上手に作ることができました!

1つ1つ丁寧に作ったので、ぜひ生徒には残さずに食べてほしいです。

岩五の給食 12月11日(火)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日もとても冷え込む日でした。
 給食室の気温も9度までしか上がらず、それでも生徒には温かい給食をと、頑張って作りました。

 今日のメニューは、
 鴨南蛮風うどん
 切り干し大根の和え物
 さつまいもゴマボール
 牛乳
      です。


 鴨南蛮風うどんは、鴨の代わりに鶏肉を使いました。
 一段と寒い今日だったからか、調理員さんが驚くくらい残菜が少なかったです。
 うどんも汁も、1滴も残さずに完食してくれたクラスもありました!
 普段完食していないクラスも完食していたので、とても嬉しかったです。生徒にとっても、完食できた=達成感になるので、良い経験になったのではないかと思います。


 切り干し大根のサラダは、一人70gと、いつもよりやや多めの量でしたが、残菜率5%と、しっかり食べてくれました。完食していたクラスも多く、調理員さんは残っていたのは一部のクラスだけでしたとのことでした。
 完食まであと少し・・・野菜が苦手な人も少しずつ食べられるようになるといいですね!


 さつまいもゴマボールも人気でした。
 さつまいも、白玉粉を混ぜ合わせ、ごまをつけて揚げたデザートです。
 白玉粉を加えることで、もちもちの食感になります。
 各クラスに2個ずつおまけをつけましたが、おまけを含んだ数で残菜率1.1%でしたので、おまけが無ければ完食だったかもしれません。
 生徒からも、
 「いもがもちもちしていておいしかった!」
 「ボールがおいしかった」
 と好評でした。
画像2 画像2

岩五の給食 12月10日(月)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日は一段と寒い日でした。
 今日の給食は、

 中華豆腐丼
 青菜のスープ
 マーラーカオ
 牛乳
     です。


 中華豆腐丼は、中華丼に豆腐を加えたような料理です。
 豆腐を加えているので、中学生に必要な栄養、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄」の量がアップししています。
 また、今日のように寒い日は、サラサラなスープより、とろみのついた料理の方が冷めにくいので、生徒も温かい状態で給食を食べることができます。


 マーラーカオは、中国の蒸しカステラです。
 茶色い色は、三温糖や黒糖、しょうゆなどで色を出しています。
 マーラーは「マレーシア人」、カオは「ケーキ」という意味らしいです。
 諸説ありますが、マレーシア人の褐色の肌のような色をしたケーキということが、名前の由来と言われています。
 


 今日の給食室は最高気温が13度ととても寒く、料理がすぐに冷めてしまいそうでした。できるだけ温かいものを提供できるよう、調理員さんたちと話し合い、できるところまで頑張りたいと思います!
画像2 画像2

岩五の給食 12月7日(金)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〇今日の給食
 今日の給食は、「TOKYO2020 オリ・パラ」給食です。
 今回のテーマは、小岩五中のおともだちプロジェクトの国の「イラク」です。
 メニューは、

 ブリヤーニ
 豆のスープ
 フティラト・ジャザル
 牛乳
     です。


 ブリヤーニは、中東やインドなどの周辺で食べられている米料理です。
 イラクはイスラム教が大半を占める国なので、豚肉やお酒を使った料理がありません。
 今回のブリヤーニには、鶏肉を使用しました。
 また、イラクのブリヤーニには、ナッツやレーズンなどを加えることもあるそうですが、デザートにこれらを使ったので、今回はご飯には混ぜ込みませんでした。
 ただ、いつもよりいろいろな種類の香辛料を使ったため、とてもスパイシーな香りと味になりました。
 生徒からも、
 「食べたことない味」
 「不思議な味」
 と言っていましたが、
 「・・・だけどおいしかった」
 「いける味でした」
 と、食べてくれました。
 先生の中にも、「大人の味かな?」「結構スパイス効いてるけど大丈夫か?」と心配している意見がありましたが、残菜率5%と、ほとんど残さず食べてくれました。


 イラクでは、豆をいろいろな料理に使うようなので、今回はスープに加えました。
 ケーキがあったからか、こちらもあまり残さずに食べてくれました。


 フティラト・ジャザルは、人参のケーキです。
 本校にある、世界のお菓子レシピ集で、イラクのページに載っていた料理です。
 シナモン、ナッツ、レーズンと、生徒では好き嫌いが分かれそうな食材がたくさん使われていますが、残菜率0.4%と全校で1.5人分しか残りませんでした。
 こちらも生徒から
 「食べたことのない味だったけど・・・おいしかった」
 「ケーキが人参ぽく無くておいしかった」
 「不思議な味だけど、おいしかったです」
 というコメントが多かったです。


 イラクも、全体的に料理の色が赤・茶色っぽくなってしまいましたが、調べてみると、本場の料理でもあまり緑色の濃い料理はないようです。
 外国の食文化を学ぶのは面白いですね!

岩五の給食 12月5日(水)

画像1 画像1
〇今日の給食
 今日は「北海道の郷土食」をテーマに献立をたてました。
 メニューは、

 道産子ご飯
 鮭のちゃんちゃん焼き
 石狩汁
 牛乳
      です。


 道産子ご飯は、北海道の特産物をたくさん混ぜ込んだご飯です。
 今回は素揚げにしたじゃがいもと、とうもろこし、ほたてを加えました。
 じゃがいもがご飯に混ぜ込まれているのが珍しいのか、生徒の中にはおいしいのかな?と心配そうな人がいましたが、しっかりと食べてくれました。
 ただ、じゃがいものおかげか、結構おなかにずっしりときたようです。


 鮭のちゃんちゃん焼きは、北海道を代表する郷土料理です。
 本来は鉄板やホットプレートの上で鮭を焼き、野菜を炒め、鮭をほぐして野菜と混ぜ合わせて食べる料理です。
 しかし給食で再現するのは難しいので、アルミ皿に一度焼いた鮭を置き、その上に炒めた野菜と調味料を加え、再度焼いて作りました。
 生徒の苦手な魚と野菜のコラボレーションだったので、見るなり食べたがらない生徒もいましたが、少しでも食べてほしいと、先生方も声がけを頑張ってくれました。
 生徒の中には、
 「チーズがかかっていて、魚っぽくなくておいしかった」
 「魚に味がしみ込んでいておいしかった」
 と、コメントしてくれた人もいました。


 石狩汁は、本来石狩川に生息する鮭の入った汁物です。
 しかし、鮭のちゃんちゃん焼きに鮭を使ってしまったので、代わりに北海道産のタラを使いました。
 
 
 今日はご飯、主菜、汁物と、海鮮料理づくしでした。
 海のあじを、しっかりと味わえたのではないでしょうか?
画像2 画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お知らせ

提出書類

学校便り

HP掲載資料

学校給食

学校保健