= どの子も育つ・・・『江戸川区で一番信頼される中学校』を目指します。 =

岩五の給食 7月18日(水)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 ゼリーフライ
 大根のさっぱりサラダ
 けんちん汁
 パインアップル
 牛乳
     です。



 ゼリーフライは、「埼玉県行田市のB級グルメ」です。
 おからとじゃがいも、その他野菜を混ぜ合わせ、小判形に成型して揚げます。
 パン粉のついていないコロッケを想像するとイメージしやすいかもしれません。
 生徒たちは
 「中に何が入っているの?」
 「まさか本当にゼリーが入っているわけないですよね!?」
 「ゼリーを揚げるなんてありえない!」
 と、興味津々です。
 ゼリーフライはもともとは「銭富来(ぜにふらい)」と呼ばれていました。形が銭の形に似ているからだそうです。この呼び名がだんだんとなまって、ゼリーフライと呼ばれるようになりました。
 決して、ゼラチンと砂糖で固めたゼリーが入っているわけではありません!
 カルシウムや鉄分たっぷり、お財布にも優しいおからの入った料理なので、とても健康的です!
 残菜率は2.3%。たくさん食べてくれました。


 大根のさっぱりサラダは、ドレッシングに練り梅が入っています。
 生徒たちは
 「酸っぱい!」
 と言っていました。そんなにたくさんは入れなかったのですが・・・。子供の味覚は鋭いです。


 けんちん汁は具だくさんの汁物です。
 今回は水分量と具の量が同じくらいの、野菜たっぷりな出来上がりになりました。
 生徒にはたくさん野菜を食べてもらいたいです。


 パインアップルは、配膳中に喜びの叫びがいろんなクラスから聞こえてきました。
 「やった〜!パイナップルだ!」
 「パイナップル最高!」
 「先生、私10個ぐらいパイナップル食べてもいいですか?」
 「パイナップル好き!」
 「おまけありますか?」
 そんなにパイナップルが好きなの?と驚いてしまう位の反応でした。
 やはり夏場には甘酸っぱいパイナップルが食べたくなるようでしょうか?
画像2 画像2

岩五の給食 7月17日(火)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、「沖縄県の郷土食」をテーマに作りました。
 メニューは、

 沖縄ソーキうどん
 ゴーヤチャンプルー
 サーターアンダキー
 牛乳
     です。


 沖縄ソーキそばは、沖縄県の郷土食です。
 「そば」とありますが、灰色のそばではなく、中華麺のような麺のことを沖縄では「そば」と言います。食感がうどんに似ているので、今回はソーキうどんにしてみました。
 豚肉を煮込んだものをトッピングとしてうどんの上に乗せるので、とてもボリューミーに見えます。
 生徒も、
 「肉だ〜!!」
 「豪華ですね!」
 と、肉に喜んでいました。


 ゴーヤチャンプルーは、沖縄料理「チャンプルー」に、ゴーヤを加えた料理です。
 「先生、このゴーヤは苦いですか?」
 「ゴーヤ苦いのは苦手・・・」
 と、ゴーヤの苦みを心配している生徒が何人もいました。
 給食室では塩もみし、さらに茹でて苦みをできるだけなくすように工夫しました。
 そのおかげか、もっと残菜率が高いのではないかと心配していましたが、9.8%と、かなり頑張って食べてくれたように感じました。


 サーターアンダキーは沖縄県の揚げ菓子です。
 今回は沖縄県産の黒糖を使い、深みのある、甘すぎないサーターアンダキーにしました。


 給食もあと残すところ2回です!
 1学期が無事にお終わるよう、栄養士調理員一同、気を引き締めて頑張っていきます!
画像2 画像2

岩五の給食 7月13日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 桜えびと青菜のふりかけ
 千草焼き
 野菜汁
 一口カステラ
 牛乳
     です。


 桜えびと青菜(今回は大根の葉と小松菜)には、カルシウムと鉄分が多く含まれています。ご飯もすすむので、生徒にたくさん食べてもらいたい料理の一つです。
 千草焼きは、卵焼きの中に、色々な具材を細かくして入れた料理です。
 チーズを少しトッピングし、コクをだし、カルシウムもとれるようにしてあります。
 一口カステラは、昨年しぼんでしまったカステラの改良版です。
 今回は下の写真のように、ちゃんと膨らんでくれました!
 調理員さんも私も、心の中でガッツポーズをしていました。
 生徒も、
 「カステラちょーおいしかった!」
 「一口カステラじゃないですよ〜!私は2口で食べました!」
 「また作ってください!」
 「カステラこれ本当に作ったんですか!?すごいおいしかったです!」
 と反応は上々でした。


○今日の反省
 献立を立てているときは気が付かなかったのですが、今日実際に作ってみて、反省する点がありました。
 平皿にカステラと千草焼き、黄色い料理が二つ重なってしまいました。
 生徒からは、
 「気にならなかったですよ〜」
 「言われてみると、カステラが2つもある!って最初思いました」
 と、言われました。
 
 「平皿にご飯とふりかけ、千草焼きを置いて、大碗に野菜汁、小碗にカステラにすれば、もう少し見た目のバランスがとれたんじゃないだろうか?でも平皿にご飯を盛り付けるときはスプーンをつけないと食べにくいだろうし・・・」
 と、一日中反省でした。 
画像2 画像2

岩五の給食 7月12日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、「TOKYO2020〜オリ・パラ〜」給食です。
 今回は「メキシコ」をテーマにしました。

 メニューは、
 タコス風
 エンサラダ・デ・マリスコス
 フラン
 牛乳
     です。



 タコスはメキシコを代表するファーストフードです。
 本来はトウモロコシの粉で作った平べったいパン「トルティーヤ」で様々な具を包んで食べる料理です。しかし、給食ではトルティーヤは作れないので、代わりにピタパンを使いました。
 ピタパンは、中が空洞になっているパンです。
 給食室でピタパンを加熱し、生徒にはピタパンを半分に割り、ポケットのようにし、その中にキャベツと具を入れて食べてもらうようにしました。
 生徒は、
 「炒れるのが面倒・・・」
 「普通にパンにつけるだけでもおいしいですよ!」
 と言いながらも、
 「おいしい!」
 「もっと具がほしかった!」
 「タコスもっと食べたかった〜」
 と、おいしそうに食べてくれました。
 残菜も3%と大健闘でした。


 エンサラダ・デ・マリスコスは、メキシコの魚介サラダです。
 今回はイカとエビを使いました。
 また、今回は辛みが少ないと言われている「赤玉葱」を使いました。赤玉葱の効果からか、普段とは違うサラダ感を出せたのではないかと思います。


 フランはメキシコのプリンです。
 ココナッツミルクを加えているので、普段日本で食べているプリントは違う味わいを楽しんでもらえたのではないかと思います。
 生徒は
 「プリンおいしかった!」
 「フランおいしかった!フランフラン〜♪」
 「プリンめっちゃおいしかった!また食べたい!」
 「今日の給食もおいしかった!特にフラン!」
 と、言っていました。
 手作りプリンは難しく、失敗すると「す」がたってしまいます。
 しかし、調理員さんが上手に作ってくれたおかげで、とてもおいしく出来上がりました。

岩五の給食 7月11日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、
 茎わかめご飯
 鶏のレモン揚げ
 みょうが入りかきたま汁
 すいか
 牛乳
     です。


 茎わかめご飯は、もち米と茎わかめの入ったご飯です。
 「野菜かと思いました・・・」
 最初は茎わかめが野菜だと思い、残そうとする生徒もいましたが、違うと分かってくれると、残さず食べてくれました。
 また、嬉しいことに今回6組がご飯を完食してくれました!
 他のクラスでも、空になった米飯缶をのぞいて、もっと食べたいな〜と言っている生徒がいました。
 生徒の苦手な海藻、特に茎わかめなので、食べてくれるか不安でしたが、よく食べてくれたのでホッとしました。


 鶏のレモン揚げは、下味にレモン汁をたっぷり使ったから揚げです。
 食べた時にさっぱりしたレモンの味がするので、食欲がない人でも食べやすいです。
 「から揚げおいしい!」
 「すごいから揚げおいしかったです!」
 「また食べたい!!」
 生徒から大好評でした。


 みょうがは、今が旬の野菜です。
 今回はかきたま汁に入れました。
 みょうがは独特の風味があるので、量は少なめにしました。
 そのためか、意外と残菜が少なかったです。
 ただ、生徒の中にはみょうがをかみしめた途端、
「ヴ〜〜〜〜〜〜!」
 と、何とも言えない表情をしている人もいました。
 ぜひみょうがはこんな味なんだと、学んでほしいです。

岩五の給食 7月10日(火)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 糸寒天のサラダ
 冬瓜のみそ汁
 メロン
 牛乳
      です。


 本来は「夕顔のみそ汁」を作る予定でしたが、どうしても八百屋さんが手に入れることができなかったようなので、代わりに、夕顔に似ていて、今が旬の野菜である「冬瓜」を使いました。
 「冬瓜ってなに?」
 「え、これ大根だと思いました!」
 「大根みたい!」
 生徒に今日は「冬瓜が入っている」と説明しましたが、大根だと思っていた生徒が多かったです。
 ぜひ食べて、大根と冬瓜の違いを比較してもらいたいです。


 下の写真は、「豆腐の五目揚げ」を揚げている様子です。
 今日の給食室の気温は32度。
 蒸し風呂状態の部屋の中ですが、食材の温度を上げるため、ガンガン加熱しています。
 「中ってどうなんですか?」
 生徒が給食室の中の様子を見て聞いてきました。
 「サウナみたい蒸し暑いですよ。」
 と答えると、
 「うわ〜、すごい大変ですね!」
 と言っていました。
 大変な思いをして作っているからこそ、生徒には残さず給食を食べてもらいたいです。
画像2 画像2

岩五の給食 7月9日(月)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 レタス炒飯
 レバーとポテトのナッツ炒め
 中華風スープ
 牛乳
    です。


 炒飯に旬の食材であるレタスを加えたのがレタス炒飯です。
 下の写真では分かりにくいですが、レタスのシャキシャキ感をできるだけ残すように、釜の最大火力で、すごいスピードで調理員さんが炒めてくれました。
 大変な作業のため、調理員さんの背中の白衣が、汗でびっしょりになっていました。

 「炒飯おいしかった!」
 「炒飯、いろんな味がした!」
 「また食べたいです!」
 調理員さんの努力が報われたのか、生徒からも好評でした。


 中華風スープも、残菜率が4.9%と、たくさん食べてくれました。
 えのきたけやもやし、春雨、にんじん、ねぎと、とても具だくさんです。
 「スープおいしい!」
 「汁の味がいい感じっす!」
 生徒たちも気に入ったようなので、また給食に出してみようと思います。
画像2 画像2

岩五の給食 7月6日(金)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 明日、7月7日は七夕です。
 1日早いですが、今日は「七夕献立」を作りました。

 メニューは、
 七夕そうめん
 豆アジの香味だれかけ
 天の川ゼリー
 牛乳
     です。



 七夕そうめんは、今回はつけめんにしました。
 かけつゆでは、味が薄くなってしまうからです。
 生徒には
 「つけめんだからね〜!つけめんだから気を付けてね〜!」
 と呼びかけました。
 つけ汁といえど、中には具がしっかり入っています。
 人参、ねぎ、ホールコーン、椎茸、うずら卵、そしてオクラ。
 写真では具が下に沈んでしまっているので見えにくいですが、実は具だくさんです。

 生徒からは、
 「めんつゆが少なかった!」
 「おいしかった!」
 「見た目だけでおいしいのがわかる!」
 「もう少しめんつゆが欲しかった!足りなかった!」
 と言われました。
 麺に対して、つゆの方が少なかったと感じた生徒が多かったようです。
 今回の反省をもとに、次回はより改善していきたいと思います!



 天の川ゼリーは、ペパーミントの入った炭酸ゼリーと、星形にくりぬいたオレンジ寒天を混ぜ合わせた料理です。
 岩五では3年ほど前まで毎年作られていたようです。
 ペパーミントを少し減らし、ミントが苦手な生徒にも食べやすいように改良しました。
 また、調理員さんから「ハート形の型抜きがあったので、各クラスに何個か入れてあげませんか?」と提案して頂き、採用しました。
 各クラスに2〜3個ずつハート形の寒天を入れ、当たった人はラッキー!としました。
 中には一人で2つのハートが入っていた生徒もいて、運の強さにクラスメイトはびっくりしていました。

岩五の給食 7月5日(木)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 ツナ入り卵焼き
 春雨サラダ
 豆乳ピリ辛みそ汁
 牛乳
     です。


 「ツナはマグロやカツオのことです。
 魚にはDHAという、頭が良くなると言われている成分がたくさんふくまれています。
 頭が良くなるように、ツナ入り卵焼きをしっかり食べましょうね!」
 と、毎日の給食放送で生徒に伝えたためか、残菜率が2.5%と、非常に少なかったです。
 

 豆乳ピリ辛みそ汁は、野菜たっぷりのみそ汁の中に豆乳を加え、鉄分量がアップしたみそ汁です。豆乳によって、味がマイルドになります。
 味が薄く感じないように、豆板醤を少し入れ、ピリ辛にしました。
 ただ、ピリ辛が苦手な生徒もいるので、調理員さんと話し合いながら、豆板醤の量を調整しました。

岩五の給食 7月4日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、
 サメバーガー
 わかめサラダ
 ミネストローネ
 オレンジ
 牛乳
     です。



 「サメ!?え?ホントに!?」
 「先生!本当にサメなんですか!?」
 「サメって食べられるの!?」
 「実は違う魚・・・ってことは無いんですよね!?」
 と、生徒は食べる前からサメバーガーに興味津々でした。
 「サメです。本当にサメです」
 と、力を込めて生徒に言いました。

 今回はモウカザメというサメを使いました。
 江戸川区のスーパーでも売っているのを見かけますし、他校の給食でも使われているそうなので、生徒がこんなにも驚くとは予想していませんでした。


 気になる残菜率は・・・2.3%!
 生徒は
 「サメだって言われなかったらわからない!」
 「おいしい!」
 「サメってこんなにおいしいんだ!」
 と、おいしそうに食べてくれました。


 ミネストローネも、たっぷり具が入っているにも関わらず、残菜が少なかったです。
 暑いので、塩っぱいものが食べたいのでしょうか?

岩五の給食

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 じゃこと枝豆のご飯
 生揚げとキャベツの煮物
 野菜と春雨の酢の物
 牛乳
     です。

 
 ご飯には、旬の食材枝豆と、カルシウムたっぷりのちりめんじゃこを混ぜ合わせました。生徒からは、
 「もう少し味がしっかりしている方がいい」
 「枝豆が好きだからうれしい!」
 という反応でした。
 毎日汗を大量にかくので、薄味だと塩気が足りなく感じるのでしょうか?
 しかしかといって塩分を増やしすぎるのは良くないし・・・と、栄養士は悩みます。


 生揚げとキャベツの煮物は、生徒の面白い食べ方を見ることが出来ました。
 それは、うずらの卵を最後に食べている様子です。
 生徒たちはなぜかうずらの卵を残しているので、嫌いなのかな?と思いました。
 が、実はうずらの卵を最後に食べたくて、残していたようです。
 行儀が悪いですが、ちょっとかわいらしいなと思っていました。
 また、うずらの卵の量を少し増やしておいてよかった・・・と安心しました。
画像2 画像2

岩五の給食 7月2日(月)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 夏野菜のドライカレー
 焼きとうもろこし
 フルーツヨーグルト
 牛乳
    です。


 ドライカレーには、赤と黄色のパプリカ、さやいんげん、なす、ズッキーニと、カラフルな野菜を使いました。
 写真のように、見た目もきれいなので、食欲をそそります。
 生徒からは、
 「カレーおいしかった!」
 「もっとガッツリ肉が入っている方が良かった」
 「ちょっと辛かった・・・」
 「おかわりしました!」
 という反応がありました。


 焼きとうもろこしは、一度茹でたとうもろこしに、しょうゆを塗って、再度オーブンで焼きました。
 とても甘く仕上がりました。
 生徒の中には、
 「とうもろこしは食べにくいから食べない・・・」
 と、いう生徒もいましたが、
 「え〜!もったいない!」
 「とうもろこし様おいしいのに!!」
 「食べてみなよ!おいしいから!」
 と、言ってくれる生徒が多く、そのためか、残菜も少なかったです。


 フルーツヨーグルトには、レーズンを加えました。
 何人かの生徒は、レーズンが苦手なのか、レーズンを取り除こうと器用によそっていましたが・・・
 レーズンには鉄分が多く含まれているので、成長期にぜひ食べてもらいたい食品です。
 ぜひご家庭でもレーズンを食事に出してみてください!
画像2 画像2

岩五の給食 6月29日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 6月最後の給食は、暑さを吹き飛ばすスタミナメニューです。
 豚キムチうどん
 海鮮チヂミ
 フルーツミルク寒天
 牛乳
    です。


 豚キムチうどんは、豚肉とキムチ、人参、玉葱など肉と野菜たっぷりの具のつゆを、うどんにかけて食べる料理です。
 生徒の中には、
 「辛かった!」
 という人もいましたが、
 「辛かったけどおいしかった!」
 「肉がたっぷりでよかった」
 と、たくさん食べてくれました。
 

 海鮮チヂミは、昨年も作りました。
 その時は厚みが結構出てしまったので、「リベンジだ!」と調理員さんと闘志を燃やして作りました。
 結果は・・・大成功です!
 今回は厚すぎないチヂミを作ることが出来ました。
 味も昨年よりもおいしいような気がします。
 

 フルーツミルク寒天は、牛乳寒天の中にフルーツを加えたデザートです。
 キムチで辛くなった口の中を、甘いデザートでリセットしてもらおうと作りました。
 生徒からは、
 「寒天おいしい!」
 「こんな形の寒天初めて!」
 と反応がありました。
画像2 画像2

岩五の給食 6月28日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、
 麦ご飯
 白インゲン豆のコロッケ
 キャベツと昆布の和え物
 大根とわかめのみそ汁
 牛乳
    です。


 白インゲン豆のコロッケは、ポテトコロッケに白インゲン豆をゆでてマッシュしたものを混ぜ込んだ料理です。
 白インゲン豆にはたくさんの食物繊維が含まれているので、とてもヘルシーなコロッケになります。
 今回は一人当たり120gとビックサイズになりました!
 女子は「ちょっと大きかった・・・」
 と言っている人もいましたが、男子は
 「丁度いいサイズでした」
 「豆が入っている感じじゃなかった!おいしかった!」
 と言っていました。


 コロッケのお相手にはせん切りキャベツかな・・・?と考え、野菜はキャベツと昆布の和え物にしました。
 せん切りにしたキャベツと糸切り昆布を、生姜の入ったタレと混ぜ合わせて作ります。
 昆布のうまみがダイレクトに感じるので、薄味でもおいしく食べられます!


○明日で6月が終わります!
 あと1日で6月が終わります。
 7月の献立表を明日の朝に配布しますので、ご確認の方お願いします!

岩五の給食 6月27日(水)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 セサミハニートースト
 マンハッタンクラムチャウダー
 カリカリサラダ
 オレンジ
 牛乳
      です。

 
 今日の給食は調理員さんが「え、どうしたの!?」と驚くほど残菜が少なかったです。
 

 セサミハニートーストはごまとはちみつを混ぜ合わせ、パンにぬって焼いたトーストです。ほのかに甘い味なので、生徒は喜んで食べていました。


 マンハッタンクラムチャウダーは、クラムチャウダーの中にトマトが入ったスープです。
 トマトが入ることによって酸味があり、さっぱりとした味わいになります。
 残菜率は1.3%と、歴代スープの中でもぴか一に少ない残菜量でした。


 カリカリサラダは、せん切りに切って揚げたじゃがいもを混ぜ合わせたサラダです。
 生徒は、
 「ポテトうまい!」
 「2回おかわりしました!」
 「サラダめっちゃおいしかった」
 と嬉しい反応です。
 残菜率は0.32%!
 ほぼ0です!
 今日のサラダは一人分量が普段よりも多いので、残菜が多くないといいな・・・と心配していましたが、その不安を吹き飛ばすかのごとくたくさん食べてくれたので、とても嬉しかったです。
画像2 画像2

岩五の給食 6月26日(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
○今日の給食
 今日の給食は、
 彩りご飯
 鶏肉のパン粉焼き
 華風漬け
 団子入りすまし汁
 牛乳
     です。


 今日の給食は、生徒たちから
 「全部おいしかった!」
 と好評でした。


 彩りご飯は、鶏肉、人参、グリンピースなどの具材と一緒にご飯を混ぜ合わせ、上に錦糸卵をのせ、炒っておいた刻みのりを仕上げにトッピングします。
 とても手の込んだご飯です。
 が、その分彩りもよく、おいしいご飯です。
 「ご飯おいしかった!」
 「ご飯おかわりました!」
 と、言ってくれる生徒がいました。


 鶏肉のパン粉焼きは、数種類の香草を下味につけ、パン粉をまぶしてオーブンで焼きました。
 「鶏肉めっちゃおいしかった!」
 「また食べたい!」
 「毎日食べたい!明日もお願いします!・・・明日が無理なら7月の献立に入れてください!」
 ととても好評でした。


 団子入りすまし汁は、白玉団子の入ったすまし汁です。
 ただ、ただの団子ではありません。
 上の写真のように、団子にはほうれん草が練りこんでいます。
 「抹茶が入っているんですか?」
 「小松菜の団子ですか?」
 「何が入っているの!?」
 生徒は団子の中身に興味津々です。
 生徒に中には、
 「ほうれん草が入っているなら食べない・・・」
 と言う人もいましたが、
 「すっごくもちもちしていておいしいよ!」
 「食べないと後悔するよ〜」
 と声掛けをし、食べてもらいました。
 「うわ!すごいもちもちだ!」
 「おいしい!」
 食べた生徒の中には、団子のおいしさについ叫んでいる人がいました。

岩五の給食 6月25日(月)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日の給食は、
 麻婆豆腐丼
 ひじきの中華和え
 あじさいポンチ
 牛乳
    です。


 残菜コンテストは終わったのですが、生徒たちは引き続き残菜量に気を付けて食べてくれていました。
 調理員差も、残菜コンテストが終わっても残菜が少ないので、とても喜んでいました。

 
 「今日のひじきの野菜、おいしかった」
 「ひじきなのにけっこういけた」
 「野菜の量が丁度良かった」
 今日は野菜も珍しく(?)好評でした。
 量も普段よりも少なめだったため、ペロリと食べられたので、さらに野菜を食べたという達成感が強かったのではないかと思いました。


 あじさいポンチは、あじさいに見立てたデザートです。
 ぶどう寒天と乳酸菌飲料寒天をやや小さめのさいの目に切り、シロップと混ぜ合わせます。
 見た目も涼しく、冷たいデザートなので、今日みたいに暑い日にぴったりの料理です。
 生徒も、
 「ポンチがおいしかった!」
 「うちのクラスポンチ完食しましたよ!」
 「ポンチおかわりしたかったのに、先を越された!」
 と喜んで食べてもらえたようです。


 ↓下の写真は、麻婆豆腐をぐつぐつと煮込んでいる様子です。
 給食室も気温が30度を超え、暑さと闘いながらの調理ですが、おいしくなるため、頑張って作っています。
画像2 画像2

岩五の給食 6月22日(金)

画像1 画像1
○今日の給食
 残菜コンテスト最終日です。
 今日の献立は、
 麦ご飯
 ひじきのふりかけ
 切り干し大根入り卵焼き
 揚げジャガの野菜和え
 じゅんさい汁
 牛乳
       です。


 残菜コンテスト最終日だからか、今日はどの料理も残菜が少なかったです!
 生徒からも、
 「今うちのクラス何位ですか!?」
 「1位のクラスってどこですか?」
 「クラスみんなで頑張っています!」
 と聞かれ、生徒のやるきが見られました。

 結果は7月2日の専門委員会で発表します。
 その後すぐに表彰に移る予定です。



○じゅんさい
 今日は旬の食材「じゅさい」を使いました。
 じゅんさいとは、きれいな池などに生息する水草です。
 生徒はなかなか食べる機会がないでしょうが、旬の食材を知ってほしいため、今回使いました。

 一升瓶の中にじゅんさいが入れられた状態で給食室に納品されたため、
 「なんて高級なじゅんさいなんだろう!」
 「じゅんさい食べなかったら、ぜったい損しますね!」
 と調理員さんも言っていました。
 じゅんさい汁として、すまし汁に入れましたが、生徒にいきわたる頃には、やや汁の色が茶色っぽくなってしまいました。
 「なんで今日の汁はあんな色だったんですか?」
 と生徒にも質問されました。
 おそらく、じゅんさいの色が脱色してしまったのではないかと思います。
 次回は少しでも脱色の影響がなくなるよう、調理員さんと相談して作りたいと思います。

 やはり生徒の中には「じゅんさい」を食べたことなかったり、知らない人もいました。
 ぬるっとした食感が生徒には受け入れられるか心配でしたが、残菜コンテストもあってか、たくさん食べてくれました。
画像2 画像2

残菜コンテスト 最終日!

画像1 画像1
今日で残菜コンテストが終了しました。
1週間、生徒の皆さんお疲れ様でした!

写真のように、きれいに食べてくれるクラスが増え、調理員さんたちもとても喜んでいます。


残菜コンテストは、ただ単純に残菜を減らすのが目的ではありません。

普段は苦手な・嫌いな食べ物が出て、全部残してしまう生徒が、残菜コンテストを通して少しでも食べてみようと頑張ってもらうこと、
主食・主菜・副菜をバランスよく食べることで、バランスよく栄養が取れることを学ぶ

という目的もあります。


結果は、7月2日の専門委員会で発表し、表彰をします。
どんな結果になるのか・・・楽しみです。
画像2 画像2

岩五の給食 6月21日(木)

画像1 画像1
○今日の給食
 今日は「日本のしらべ」がありました。
 そのため、給食も和食一色の献立にしました。
 メニューは、
 雑穀ご飯
 鶏肉の竜田揚げ長ネギソースかけ
 野菜のごま和え
 沢煮椀
 すいか
 牛乳
      です。


 今日で残菜コンテストが4日目、終盤にさしかかりました。
 各クラス、少しでも残菜を少なくしようと頑張ってくれています。
 今日の給食、あるクラスがご飯、鶏肉、野菜、汁物まできれいに完食してくれました!
 実は汁物は残菜コンテストのポイント対象ではなかったのですが、ここまできれいに食べてもらい、調理員さんもとても喜んでいました!
 ぜひ、他のクラスも見習って欲しいです。


 ところで、あるクラスは妙にすいかの皮まで食べていました。
 すいかの皮は残菜コンテストには関係ないのですが、担任の先生にお話を聞くと、それはそれは一生懸命残菜コンテストのために頑張って食べていたそうです。
 ちょっとほっこりするお話でした。



○大量調理ならでは
 ↓下の写真は、一斗缶を運んでいる所です。全部で8缶ありますが、何が入っていると思いますか?
 正解は油です。
 この油は、これから廃油にし、業者に回収してもらうために運ばれています。
 この量、家庭ではまず見られない量だと思います。
 約350人分の揚げ物をするには、こんなにも大量の油を使います。
画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

提出書類

学校便り

HP掲載資料

学校給食