租税教室

画像1 画像1 画像2 画像2
12月1日(土)の学校公開の3・4時間目に江戸川区の税理士の方々に来ていただいて、租税教室を各クラスで行いました。
税金は何のためにあるのか?税金はどうやって決まっているのか?みんなはこれからどうしていくべきなのか?グループで話し合ったり、決定したりしながら租税について学習することができました。
「租税とはみんなのためのもの」「消費税とか今までは何で払うんだろうとマイナスなイメージだったけど、みんなのために使われるならいいかなと思えるようになった」

児童の感想ですが、お金の話は小学生には難しいと考える人もいると思います。大人になってからでいいと。しかし、子どものときの経験や学習が大人になったときに必ず活きるように、お金の仕組みや考え方をこの時期に知ることはとても大切です。

学習した児童たちが大人になったとき「自分が良ければそれでいい」ではなく「少しでも何かみんなのためにできないか」と判断できる人になってほしいなと思います。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31