3月22日(水)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <6年生卒業お祝い給食>
 ・お赤飯
 ・サケの西京焼
 ・ごま和え
 ・はんぺんのすまし汁
 ・デコポン
 ・牛乳

✿今日は、今年度給食最後の日です。
 6年生は、いよいよ明日が卒業式です。そして1年生から5年生は明後日が修了式です。1年間頑張ったお祝いに、今日はお赤飯を炊きました。
 お赤飯は、もち米と精白米に ささげの赤い色をつけて蒸しあげて作りました。精白米も入れているので、柔らかく食べやすいお赤飯に仕上がりました。
 主菜のおかずのサケは、紅鮭を使った「サケの西京焼」です。おめでたい日や門出を祝う日の料理として使われるお魚です。京都の西京みそとみりん、酒を合わせたたれに漬け込み、ふっくらオーブンで焼き上げました。

3月10日(金)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・パイナップルアップルパン
 ・イカのさらさ揚げ
 ・キャベツのソテー
 ・マカロニの豆乳クリーム煮
 ・牛乳

✿今日の主食のパンは「パイナップルアップルパン」です。小さいリングのベビーパインの中にリンゴを入れて、上小岩小の手作りのパン生地に包んで焼き上げました。
シナモンシュガーもふりかけているので、香りの良いアップルパイのようなパンです。
 「いかのさらさ揚げ」の“さらさ”とは、色で模様をつけた絹の布のことを言います。白いイカに、下味をつけて片栗粉をつけて揚げました。


3月13日(月)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・釜焼きビビンバ
 ・レバーのかりんとう揚げ
 ・わかめスープ
 ・清見オレンジ
 ・牛乳

✿今日の主食は「釜焼きビビンバ」です。
「ビビンバ」は朝鮮半島のまぜご飯ですが、“ビビン”は「混ぜる」、“バ”は「ごはん」という意味だそうです。どんぶりなどに、ごはんとナムル、お肉や卵の具を入れてかき混ぜて食べる料理なのですが、今日は食べやすいように大きな釜の中であえました。
 主菜の“レバーのかりんと揚げ”は、豚レバーにしょうがとしょうゆの下味をつけ、粉をつけて油で揚げました。そこに、砂糖じょうゆのタレとアーモンドをからませ、かりんとうのようにして作りました。ポテトフライと一緒に食べるとおいしいです。

3月14日(火)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・とりごぼうごはん
 ・さわらの幽庵き
 ・ふろふき大根のクルミみそ
 ・じゃがいもち汁
 ・りんご
 ・牛乳

✿今日の主菜のおかずには「さわらのゆうあん焼き」があります。幽庵焼きは、江戸時代に北村裕庵さんが考えたといわれています。
 お酒とみりん、しょうゆの調味料の配合を同じにしたものを日本料理では“幽庵地”と呼びます。今日は、この幽庵地を今日は本サワラのお魚に漬け込み、オーブンで焼きました。サワラは魚へんに春と書きますが、成長するにつれて、サゴシ、ナギ、サワラと名前が変わる出世魚でもあり、お祝いにも使われるお魚です。


3月15日(水)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・ごはん
 ・茎わかめ炒め
 ・鶏のから揚げ
 ・しらす和え
 ・くずきりみそ汁
 ・牛乳

✿今日は、上小岩小投票リクエスト給食のおかず第1位に輝いた「からあげ」です。
児童413名中、211名の児童のみなさん、約半数以上の人が、「からあげ」を選んでくれました。「からあげ」は、塩・こしょう・しょうゆ・すりおろした生姜とニンニクをお肉の下味をつけ、粉をつけて油で揚げました。シンプルな料理ほどみんなに愛される料理です。
 21日には、デザート1位の「イチゴタルト」がでますので、楽しみにしていてほしいです。
 また、くずきりみそ汁の中には“祝”の漢字の入ったなるとが入っています。6年生の卒業のお祝いのお味噌汁です。

3月16日(木)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・パエリア
 ・金時豆のシチュー
 ・ミモザサラダ
 ・デコポン
 ・牛乳
 
✿今日はの主食は「パエリア」です。パエリアは、スペインの料理でお米と野菜、魚介類や肉を炊き込んだ料理のことを言います。今日は、むきエビとやりイカ、鉄分の多いあさりとベーコンが入っています。魚介類が入ると旨みが出てとてもおいしくなります。
 また、副菜の「ミモザサラダ」の“ミモザ”はこの時期にかわいい花を咲かせる黄色いお花です。今日はミモザの花に見立てて、ゆでたまごをみじん切りにしてサラダに入れました。

3月17日(金)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・シュガー&きなこ揚げパン
 ・肉団子スープ
 ・エビ中華サラダ
 ・せとか(愛媛県産)
 ・牛乳

✿今日は、上小岩小で人気の「揚げパン」です。
「揚げパン」は、昭和39年ごろ 給食のメニューとして登場し、およそ50年前から愛されてきたメニューです。
 今日は「シュガーときなこ揚げパン」ですが、お菓子作りやコーヒーシュガーとしても使われるグラニュー糖と、大豆のきなこの2種類の味が楽しめる揚げパンです。
 果物には、愛媛県産の「せとか」という みかんですが、清美オレンジとマーコットというオレンジを組み合わせたみかんです。この「せとか」は柑橘類の大トロと呼ばれるそうで、味が濃くジューシーなみかんです。

3月21日(火)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・豆まめミートソース
 ・豆腐の野菜スープ
 ・いちごのタルト
 ・牛乳

✿今日は、上小岩小リクエストデザート第1位に輝いた「いちごタルト」です。
児童415名中、205名の児童のみなさん約半数の人が、「いちごのタルト」を選んでくれました。
 今日のイチゴは佐賀県産の“さがほのか”という品種のイチゴです。甘酸っぱい味が特徴のイチゴですが、カスタードクリームの甘さとよく合う品種のイチゴです。
 近年ではいちごの品種改良も進みいろいろな名前のイチゴが増えてきました。テレビでは白イチゴが紹介されていましたが、イチゴや産地により甘さや香りも違います。他にどんないちごがあるのか、スーパーや八百屋さんで見て興味を持ってもらえるとうれしいです。

3月3日(金)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <ひな祭り行事食>
 ・ちらし寿司
 ・ししゃものから揚げ
 ・キャベツの塩もみ
 ・すまし汁 
 ・ひなまつり三色寒天
 ・牛乳

✿今日はひな祭りの行事食です。 3月3日は“桃の節句”ともいうのですが、女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。また病気や災いなどを払うために、人形を海や川に流したり、ハマグリのうしお汁や ひしもちを食べる風習があります。
 今日はちらし寿司とデザートには、ひしもちをイメージした三色寒天です。一番下には抹茶ミルク寒天、間にはミルク寒天、上の段にはイチゴミルク寒天、そしてイチゴを乗せました。

3月2日(木) 今日のきゅうしょく

画像1 画像1
画像2 画像2
 <6年生お別れ給食>
 ・チキンカレー
 ・かぼちゃフレンチサラダ
 ・フルーツポンチ
 ・牛乳

✿今日は「6年生お別れ給食」です。
 6年生・先生方・調理員さんを囲んでの給食です。事前に画用紙に絵を描いたランチョンマット・名札を作り、黒板にも絵をかいて、お迎えをしました。6年生は上小岩小学校の給食を食べるのも、今日を含めて14回となりました。残りわずかですが、今日は6年生や先生方とたくさんお話をして給食を楽しんでいました。

3月6日(月)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <小松菜給食>
 ・菜の花ごはん
 ・いわしのごま揚げ 
 ・小松菜と人参のおひたし
 ・豚汁
 ・牛乳

✿今日は小松菜給食です。
 小松菜が3つのメニューに使われています。春がきて、温かさも感じられる日もありますが「菜の花ごはん」の中には、菜の花の黄色い花に見立てたいり卵と、菜の花・こまつなが入ったごはんです。
 主菜の「イワシのごま揚げ」には白ごまと黒ごま、小麦粉をまぶして油で揚げました。ごまの香ばしい香りと、イワシの旨味が感じられるおかずです。ごまはよく噛むと栄養成分が出てきますので、よくかんで食べて欲しいと思います。


3月7日(火)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・あんかけ豆腐丼
 ・みぞれ汁
 ・よもぎ団子
 ・牛乳

✿今日のデザートは、「よもぎだんご」です。よもぎは3月から5月の春が旬ですが、日本のハーブともいえる草で、公園や野原、土手で生えています。食用とされるのは、柔らかい新芽の部分なのですが、今日は冷凍のよもぎとお水を一緒にミキサーにかけて青汁を作り、白玉粉と上新粉、お砂糖と混ぜたので、緑色の色のきれいなおだんごです。今日は小豆で作ったあんこも添えてあります。

3月8日(水)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・肉みそやきそば
 ・きのこのたまごスープ
 ・開口笑
 ・牛乳

✿今日は上小岩小の投票リクエスト主食の第1位に輝いた「肉みそ焼きそば」です。
焼きそばは、ねぎ・たけのこ・もやし・人参・小松菜などの野菜と、豚のひき肉の食材を使った、みそ味のあんをからめて食べる焼きそばですが、11月に給食に出た時にも大人気でした。
 「開口笑」は、沖縄では「サーターアンダーギー」と呼ばれている揚げ菓子で、口をあけて笑っているような形のため「開口笑」というのだそうです。
 また、昔は砂糖が貴重なもので、祝い事の時に食べられたようですが、今日は6年生の謝恩会なので、6年生のお祝いのメニューです。

3月9日(木)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <青森県の郷土料理>
 ・青のりじゃこごはん
 ・ねりこみ
 ・たらのつけ焼き
 ・せんべい汁
 ・清美オレンジ
 ・牛乳
 
✿今日は青森県の郷土料理です。煮物の“ねりこみ”と“せんべい汁”が郷土料理なのですが、“ねりこみ”は精進料理のひとつで、野菜の煮物にくずを入れて練りこむようにして作ったことからこう呼ばれるようになりました。甘い味付けで、とろみをつけているのが特徴ですが、ぜいたくな食べ物で、結婚式やおもてなし料理として作られていた料理だそうです。
 “せんべい汁”は、八戸市周辺の郷土料理で、小麦粉で作った南部せんべいを、すいとんの代わりにけんちん汁に入れた汁ものです。

6年生を送る会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月2日(木)に6年生を送る会を行いました。1〜5年生は6年生に言葉や出し物で6年生にメッセージを送りました。1年生は歌、2年生は歌とダンス、3年生は6年生とフラフープ遊び、4年生は6年生クイズ、5年生はダンス表現の仕方が様々で会を盛り上げてくれました。
 お返しに6年生は合唱と合奏を行いました。また、後輩へのメッセージをかみこいわのあいうえお作文で伝えました。
 か 上小岩の伝統はすばらしいです!
 み みんなで仲良く協力することを忘れないでください!
 こ 困っている子がいたら優しい気持ちで助けましょう!
 い 一生懸命努力して自分を高めてください!
 わ 笑いあえる友達を大切にしてください!
 来年度、後輩たちはこの言葉を胸に上小岩小学校をさらに良い学校にしてくれることでしょう。6年生とても立派なお手本になってくれました。

3月1日(水)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・ツナフランスパン
 ・じゃがいものガーリックオイル焼き
 ・ABCミネストローネ
 ・バナナ
 ・牛乳
 
✿ 今日は洋食メニューで「ツナフランスパン」には、ツナと玉ねぎ、てぼう豆、チーに塩・コショウ、バジルの香りをつけた具をソフトフランスパンに はさんで蒸しました。
てぼう豆は、和菓子の白あんの材料として使われる豆なのですが、口当たりがなめらかな豆です。
 スープの「ABCミネストローネ」には、ABCマカロニを使っています。アルファベットは26文字あるのですが、さていくつ見つけられたでしょうか?児童は楽しみながら食べていました。

2月23日(木)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <新潟県の郷土料理>
 ・胚芽米ごはん
 ・きりざいの春巻き
 ・大海
 ・田舎汁
 ・はるみ
 ・牛乳

✿今日は新潟県の郷土料理食です。
「きりざい」は昔から魚沼地方で食べられている料理で、“きり”は切ること、“ざい”は野菜の“菜”を表し、野菜を細かく切って混ぜ合わせるという意味です。
 「大海」は新潟県の地方で、昔からひとが集まった時や、お祝い、法事などの席で、家庭でのごちそうとしてふるまわれる料理です。
 また、きょうのごはんは胚芽米です。専用の精米機と技術で、栄養のある胚芽を残して精米したお米です。ビタミンB1はいつものお米の3倍、食物繊維は5倍うつやボケ防止にいい“ギャバ”と呼ばれるアミノ酸は10倍、甘みのあるおいしいごはんです。

2月24日(金)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・しらすわかめごはん
 ・さんまの生姜焼き
 ・きんぴらの和えもの
 ・けんちん汁
 ・りんご
 ・牛乳

✿今日の主菜のおかずは「さんまのしょうが焼き」です。サンマの切身には、お酒と塩・しょうがのすりおろしを下味につけてオーブンで焼きました。
また副菜の野菜には「きんぴらの和え物」があります。あらかじめ、れんこんとごぼう・にんじんのきんぴら煮を作り、ゆでたやさいのあえものとあわせました。れんこんやごぼうの歯ごたえと野菜のしんなりとした食感の両方が楽しめるあえものです。

2月27日(月)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 <リクエスト給食おかず2位>
 ・コーンピラフ
 ・ガーリックチキン
 ✿野菜チップ
 ・ペイザンヌスープ
 ・牛乳

✿今日は、投票リクエスト給食のおかず第2位に輝いた「野菜チップ」です。前回給食に出た時にも人気があったメニューです。じゃがいも・れんこん・かぼちゃの3種類のやさいをうす切りにして、パリパリになるように調理員さんが油でカラッと揚げてくださいました。それぞれの味を比べながら食べてみて欲しいと思います。
 副菜の「ペイザンヌスープ」の“ペイザンヌ”とは、フランス語で野菜を角切り、または三角切りにするという意味があるそうです。野菜の形や大きさは様々ですが、角切りに切ると形がそろって食べやすいです。


2月28日(火)今日のきゅうしょく

画像1 画像1
 ・カレー南蛮うどん
 ・イカめし
 ・白菜ともやしの炒めもの
 ・いよかん
 ・牛乳

✿今日は「カレー南蛮うどん」と北海道の郷土料理「いかめし」です。
 「カレー南蛮うどん」には、厚めにスライスしたの宗田鰹のだしでとりました。いつもの鰹だしよりも長めに煮だしているので、コクが出てうどんスープもおいしく仕上がっています。
 「いかめし」は、イカにもち米を詰め込み、米が飛び出さないように爪楊枝でとめたあと、しょうゆベースのだし汁で炊き上げました。
 また、北海道の函館の郷土料理としても有名で、函館本線 森駅のお弁当屋さんが、米が不足していた第2次世界大戦中に米を節約できる料理として、漁獲量の多かったスルメイカを使って考案されたのが始まりだそうです。戦争時代のアイディア料理だったようです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31