10月も半ばを過ぎ、子どもたちにとって学習や運動に落ち着いて取組める時季となりました。

学校保健委員会がありました

画像1 画像1 画像2 画像2
誕生学アドバイザーの植松厚子先生をお招きして、誕生学について学びました。
テーマは、「子どもたちの未来を守るために〜家庭で今日からはじめられること〜」です。
私たち親世代と比べて、性の商業情報は約600倍になっている(もっとかもしれない)そうです。
そんな時代を生きる今の子どもたちが、自分の体と心を大切にして生きていくために、大人ができることは、まず、「生まれてきてくれてありがとう」を、子どもたちにたくさんたくさん伝えていくことだと教わりました。
他にもたくさんの、子育てのヒントになるキーワードがありました。
「生まれてきたことがうれしくなると、未来が楽しくなる」
子どもたちが、誕生した喜びを感じられるように、自分自身をかけがえのない存在だと思い、大切に日々を過ごせるように、家庭でも学校でも働きかけていけたらいいですね。

お忙しい中、ご参加くださいました保護者のみなさま、地域の方々、ありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31