11月6日(火)の開校130周年記念式典では、いろいろとありがとうございました!

明日は 運動会!!

今日のような天気でなくても、明日は雨さえ降らなければいいのです。
けっして、欲張ったことをお願いしている訳ではないのです。
  ただ、ただ、雨さえ降らなければ・・・。
    子どもたちの願いも、それだけなのです!
       照る照る坊主さん、「あ〜したてんきにしておくれ!!」

【写真】子どもたちの願い、叶いますように!
              (3−1、3−3、6−2作成)

画像1 画像1 画像2 画像2

明日は 運動会!

前日練習が、全学年終わりました。
放課後は、明日のための準備です。雲一つない晴天の下での会場準備。
6年生の子どもも、教職員と共に大活躍。
  
   準備万端!  後は、始まりの号砲を待つばかりです!!

【写真上】本部前の指揮台等の準備。
【写真中】白組の退場門設置作業。
【写真下】特別種目『がちリレー』の練習です。アンカーへのバトンが渡されました。「ガンバレ、6年主任!」(バトンは、黒板消しですか?)
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

運動会前日練習−超速報その7

今年新たに購入した、16本の青竹。昨年までは他校から借りていたのですが、今後のことも考えて購入を決めました。使い続けていくことで、竹の色合いも美しくなっていくものと思います。
この棒引きは、力だけではなく、どの竹(16本)や棒(20本)をどのように引っ張っていくかの、力と頭脳の勝負です。
   さて、勝つのは「赤」、それとも「白」??

【写真】No.4 「走って! とって! 引っぱって!」 3・4年 団体

画像1 画像1
画像2 画像2

運動会前日練習−超速報その6

画像1 画像1
画像2 画像2
4年生。これも定番となりつつある短縄、長縄を使っての表現。
短縄にはいろいろな跳び方があります。それぞれが、自分の得意な技を披露します。また、縄を使って様々な表現もあります。
   易しそうで、本当に難しい短縄・長縄の演技、どうぞご覧ください!

【写真】No.8 RPG 〜ジャンプ ジャンプ ジャンプ〜 4年 表現

運動会前日練習−超速報その5

学年としての出場はもちろんのこと、様々な係活動で活躍をしてくれる6年生。
  今年も頑張ってくれています!
    そんな6年生の演技、お楽しみに!

【写真】No.19 Hero 6年 表現
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

運動会前日練習−超速報その4

画像1 画像1
これまた運動会の定番、5・6年生による騎馬戦。
その年その年によって内容が変わります。さて、今年はどのような対戦が見られるのでしょうか?!
   ご期待ください!!

【写真】No.13 「船堀 秋の陣」 5・6年 団体

画像2 画像2

運動会前日練習−超速報その3

画像1 画像1
画像2 画像2
気温が上がってきましたが、それでも絶好の運動会日和。(ゴメンナサイ。またぼやいてしまいました)
5年生、船小伝統のソーランです。今年の見どころは、曲に入るまでの入りの部分での表現。そして、隊形移動。見事です!必見です!!(詳しくは、明日、ご覧ください)

【写真】No.17 パワー全開!船小ソーラン 5年 表現

運動会前日練習−超速報その2

画像1 画像1
2校時に練習を行ったのは1年生。
2年生との団体競技の練習を終えての表現の練習です。
運動会を2学期に行う理由の一つが、小学校に入学した1年生の小学生としての成長をお見せするためです。1学期の5月では、あまりにもそれは早すぎます。体育科学習の発表が主のねらいである運動会では、4・5月の学習、実質1ヶ月の学習だけでは無理があります。
しっかりとその成長を見せてくれる1年。
   ぜひ、ご期待ください!

【写真】No.5  スマイルにきめた! 1年 表現

画像2 画像2

運動会前日練習−超速報その1

今日の天気は、正しく運動会日和と言っていいかと思います。
でも、でも、今日は運動会ではありません。
明日からの天気を思うと、
   「今日が、明日だったらなぁ・・・」と、思うのは私だけでしょうか!
気を取り直して、今日の前日練習の子どもたちの姿を超速報でお伝えします。(衣装は揃っていませんが…)

【写真上】No.10 「はながさ☆ポップ」 2年  表現
【写真下】No.16 「フリフリ玉入れ」  1・2年 団体
画像1 画像1
画像2 画像2

校旗を新調しました!

画像1 画像1
船堀小学校の校旗を、周年の年ということで新調しました。
というのも、年月を経るとやはり校旗も色褪せてきます。今年度の入学式でも飾った校旗は、開校100周年の時に実行委員会から寄贈された物【写真上】。主に儀式的行事の時に使用する物ですからずっと大事に使ってきたのですが、どうしても経年変化は免れません。この校旗のもともとの色は? ・・・実は紫色だったのですが、今では朱色になってしまいました。
そこで、今年度開校130周年にあたることから、区教委にお願いして校旗を新調していただいたのです。お披露目がいつになるかはわかりませんが、ぜひ注目してくださいねっ!
画像2 画像2

変わりました!−超速報

画像1 画像1
さて、この写真、何処だかお分かりになりますか?
そうです、絵本コーナーを校庭側から見たものです。校舎竣工早々に、絵本コーナーのガラス部分にインパクトを与えたくて、6学年色の不織布でデコレーションしたものです。船堀街道から校舎を見た時に、特に目につくと言われていた物ですが、今回周年に合わせてリニューアルしました。
不織布から、カラーフィルムへと変更。  …さて、どうでしょうか?!

【写真上】不織布でのデコ。
【写真下】カラーフィルムでのデコ。
画像2 画像2

今日の1年生−運動会練習編その1

画像1 画像1
「今日の1年生」編、他の学年からは「1年生ばっかりで、ズルい!」という声が上がりそうですが、初めての運動会を迎える1年生ということで、どうぞお許しください。
され、先週から運動会特別時間割になり、どの学年も練習モードに入っています。そのため、1年生も頑張っているのです。3種目に取り組むことから、その練習で忙しいことに違いありません。5学級、130人の大人数であることから、集団をスムーズに行動させるためには工夫が必要です。それは、教師だけではありません。子ども自身もそれなりの工夫が必要なのです。その工夫とは?(写真の解説にて)

【写真上】指導と準備を同時にやることで、少しでも時間的ロスを防ぎます。このロスが、子どもにとっては一番の苦痛になり、練習そのものが嫌になってきます。でも、それを防ぐための担任団の工夫、どの学年も心掛けています。ご安心ください!
【写真下】全体指導だけで終われないのが1年生。一つ一つ個別の指導が必要です。当然待ち時間が生じてきますが、1年生なりに工夫しています。物思いに耽ったり、砂遊びや手遊びをしたりして過ごします。だから、そのことを叱ったりしてはいけません!
画像2 画像2

オリンピック・パラリンピックバッジ

東京都教育委員会から、オリ・パラ教育の取り組みが評価され「平成30年度オリンピック・パラリンピック教育アワード校」として表彰されたことはご存知のことと思います。それに伴い、今年度もオリ・パラリンピアンをお招きしてスポーツ授業等を行っているところですが、昨日子どもたちに素敵なプレゼント、「オリンピック・パラリンピックバッジ」(【写真:裏はマグネット式にななっています】)が届きました。
このバッジは、アワード校の子どもだけの特典になりますが、これを身に着けることで更に子どもたちの機運が盛り上がることを願っています。

画像1 画像1

夏休み作品展−最終号

画像1 画像1
【写真上】あすなろの作品が、一堂に展示されています。ぜひご覧ください。

シリーズで掲載してきた「夏休み作品展」、とうとう今回で最終号となりました。明日8日が作品展の最終日ということもあり、また土曜授業の日であることから頑張って掲載してきました。今日も、4階の5・6年を取材している時に、数人の保護者の方がご覧になっていたこと、大変嬉しく思いました。ありがとうございます。ぜひ、明日の土曜授業には、授業と共に作品も合わせて参観していただければと思います。
さて、最後を飾るのはあすなろ学級です。なかなか手が込んでいる作品ばかりでした。見応えがあります!しかも、取材している時に、実際にその作品「管楽器のしくみ ホースのラッパ」を吹いて聞かせてくれました。「ファ」の音が聞こえてきました。ホースの長さを工夫して音を出しているのだそうです。  
   聞かせてくれて、ありがとう。素敵な音色だったよ!

【写真下】これらの作品は、「えにっき」です。この写真は、「校長先生。ぼくに撮らせてください」というあすなろの子から申し出があったので、「じゃあ、お願いね。よろしく」とお任せしちゃいました。ありがとうございます!
画像2 画像2

夏休み作品展−その11

さて、今回は6年生です。
先ず、研究のテーマが多岐にわたるということ、しかも社会的な問題をテーマに選んでいる子が多いのです。さすが6年生、意識の高さに感心しました。

【写真上】6年1組:「TPPについて」TPPについては、既に皆さんもご存じのテーマかと思います。日本の経済発展には必要なことではないか、と言われています。皆さんもそれぞれに意見をお持ちではないでしょうか。日本だけの問題ではなく、相手のある貿易問題に関心を持った6年生。さて、賛成、反対どちらの意見に至ったのでしょうか?!ぜひ、実際に作品で確認してみてください。
【写真中】6年2組:「ムジナモは餌をあげていれば日光は必要ないのか」「ムジナモはアルカリ性か酸性、どちらの水質を好むのか」この作品は、東京都科学展に出品することを念頭に研究されたものです。そのため、A3用紙に2枚という規定に従ってまとめられています。現時点では、地区審査の第2段階である葛西北地区小学校11校の代表作に選ばれました。おめでとう!
【写真下】6年3組:「いじめの原因」いじめというテーマ、大人だけではありません。子どもにとっても、重くて切実な問題であることに違いはないのです。そのいじめの問題を研究のテーマとして選び、研究を深めていったこと。いじめを、しない、させない、許さないといった決意が伝わってくる作品でした。学校からいじめが一掃されること、校長としても切に…、切に願っています!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

夏休み作品展−その10

画像1 画像1
画像2 画像2

【写真上】5年3組「超電導リニアに乗ってきた! 〜時速500kmの世界へ〜」超電導と聞いて、どのくらいの人がその仕組みを説明できるでしょうか。理科系といっても生化学が専門だった私には、やはり物理系の話題は苦手です。その中での研究。当然興味深く読みました。内容もそうですが、時速500kmの世界を試験走行とはいえ実体験したこと、とっても羨ましいです。本当にいい体験をしたね!
【写真下】5年4組「デニムバッグ」4階で気が付いたことの一つに、家庭科関係の作品が多いなということでした。家庭科の学習(5・6年で学習)のねらいには、学習したことが日常生活(家庭)に生かされることというのがあります。そうした意味で、デニムのズボンを再利用して、バッグを作ってこと。リユースにもなりますし、やはりお気に入りの物を最後まで使えるよう工夫したことは、素敵だと思います。また、ニコちゃんマークも素敵です!

夏休み作品展−その9

今回からは、5年生の部に入ります。この作品展も、4階に上がってくるとぐっと内容が高度になってきたように思えます。調べる学習が身についてきているのですね。
では、ご紹介しましょう。

【写真上】5年1組:「第100回全国高校野球選手権大会について」甲子園での夏の高校野球。記念大会であったことから、いろいろな取り組みがありました。きっとテレビにくぎ付けといった方も多かったのではないでしょうか。私もその一人ですが、甲子園での観戦で、注目の選手も間近で見ることができました。膨大な量の新聞の切り抜きと生観戦記、読み応えがありました!
【写真下】5年2組:「自動車について 油圧システムメカについて」自動車好きの私にとっては、とっても興味のある内容でした。自動車のエンジンの種類やそのシステムについて。そして、ブレーキについての詳しい解説とともに、その原理となる油圧システムの模型も製作展示されていて、とっても分かり易いものでした。自動車工場を見学した校外学習の成果も生かされていました!
画像1 画像1
画像2 画像2

夏休み作品展−その8

今回の2作品は、研究のテーマ(題)に先ず興味を覚えました。「けんかの…」とか「知って得する…」の言葉は、私にとってはインパクト抜群でした。このネーミングのセンス、凄いと思いませんか!

それでは、ご紹介しましょう。

【写真上】4年3組:「けんかの研究」兄弟喧嘩?!そもそもどうして喧嘩が起こるのだろうか?どうしたら喧嘩をしなくてすむのだろうか?姉とすれば、考えざるを得ない大きな問題だったのでしょう。弟や妹とどのようにして仲良くしていったらよいか。二人にも良いところがあるのではないか…等々を考えながら進めた研究。さて、どんな結果・結論に至ったのでしょうか?!
【写真下】4年3組:「知って得する お金のヒミツ」お金の文字に目を奪われると、この研究の内容の良さがわからなくなります。儲かるとか、金持ちになるとかいった内容では、もちろんありません。子どもにとっても大切なお金。さて、そのヒミツとは?!お金だけでなく、金貨やオリンピックメダルにも話が及びます。どんな課題を設定し、どのような方法で解決し、どのようにまとめ表現していくか。しっかりとまとめられていました!
画像1 画像1
画像2 画像2

夏休み作品展−その7

画像1 画像1
【写真上】4年2組:「バレエ」どの学年でも、子どもたちはいろいろな習い事をやっています。その種類には驚かされるのですが、塾を除けば野球、サッカー、スイミングがベストスリーといえるのでしょうか。そうした自分の習い事でも知らないことがたくさんあることに気づいて、それを課題として調べまとめたのがこの作品。バレエということで、私も知らなことが多く、説明文だけでなく実演の写真もあってとても分かり易くまとめてありました!

【写真下】4年2組:「ペットボトルのキャップで作った『船小』「カジキマグロ』」日常的に目にすることの多いキャップ。いろいろな使い道があるのです。キャップを集めてワクチン購入代等に充てること。純粋にリサイクルへと回すもの。そして、この作品のように芸術として蘇らせるもの。誰にでも出来そうなことだと思えますが、こうして作品として仕上げたこと、凄い!
画像2 画像2

夏休み作品展−その6

「その6」から始まる4年生の部は、1学級2作品をご紹介しようと思います。学校での4年はといえば、2学年毎では「中学年」。また、3学年毎では「上学年」とも呼ばれます。それ故、学校内ではなかなか微妙な位置付けにあるのですが、本校の4年生はとても頑張ってくれています。その一つが、この自由研究であることから、1学級2作品にしてみました。

【写真上】4年1組:「赤ちゃんのふしぎ」弟が生まれて3ケ月がたちました。兄としてはその成長に興味津々だったようです。大きくなっているのだろうか?体重は増えているのだろうか?…等々の疑問(心配)が研究の動機。弟への愛情が記録の隅々まで溢れていました。結果は、体重が増えていて成長していたことがわかり一安心。良かったね、お兄ちゃん!
【写真下】4年1組:「ニワトリの手羽先の骨格標本を作ってみた」研究材料である手羽先。好きな人も多いのではないでしょうか。(私は…?)その手羽先に興味をもって、骨格を調べ標本を作ってみようとしたこと、素晴らしいですね。まさしく、一石二鳥(手羽先⇒鳥)ですね?!科学的な技法を用いての標本作り。ちゃんと骨格標本も展示されていました!
画像1 画像1
画像2 画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30