12月1日(土)の学習発表会では、多数の保護者・地域の皆様にご鑑賞いただきました。子どもたちへの大きな励みとなったこと、感謝申し上げます。ありがとうございました!

夏休み作品展−その11

さて、今回は6年生です。
先ず、研究のテーマが多岐にわたるということ、しかも社会的な問題をテーマに選んでいる子が多いのです。さすが6年生、意識の高さに感心しました。

【写真上】6年1組:「TPPについて」TPPについては、既に皆さんもご存じのテーマかと思います。日本の経済発展には必要なことではないか、と言われています。皆さんもそれぞれに意見をお持ちではないでしょうか。日本だけの問題ではなく、相手のある貿易問題に関心を持った6年生。さて、賛成、反対どちらの意見に至ったのでしょうか?!ぜひ、実際に作品で確認してみてください。
【写真中】6年2組:「ムジナモは餌をあげていれば日光は必要ないのか」「ムジナモはアルカリ性か酸性、どちらの水質を好むのか」この作品は、東京都科学展に出品することを念頭に研究されたものです。そのため、A3用紙に2枚という規定に従ってまとめられています。現時点では、地区審査の第2段階である葛西北地区小学校11校の代表作に選ばれました。おめでとう!
【写真下】6年3組:「いじめの原因」いじめというテーマ、大人だけではありません。子どもにとっても、重くて切実な問題であることに違いはないのです。そのいじめの問題を研究のテーマとして選び、研究を深めていったこと。いじめを、しない、させない、許さないといった決意が伝わってくる作品でした。学校からいじめが一掃されること、校長としても切に…、切に願っています!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30