10月も半ばを過ぎ、開校130周年記念行事が近づいてきました。11月5日は前日祭、6日は記念式典当日です。ご期待ください!

授業へ Go!−7

画像1 画像1 画像2 画像2
授業の主役ではないにしても、授業における教師の役割には大きなものがあります。ドラマで考えれば、主役を生かす名脇役といったところでしょうか。子どもの学びを、価値あるものにするかしないか、学びへの意欲を高めることができるかどうかが、教師の指導にかかっているのですから。

そうした意味で、教師に視点を当てて授業を見てみると、
【写真左】
 〇学年・組:5年1組
 〇指導者:担任
 〇単元名:しょうかいポスターを作ろう
 〇ねらい:紹介ポスターを作ることに興味を持ち、工夫した構成や表現の考えを観る人の興味を惹くという観点から発表する。
幾つかのポスターを提示し、好みのポスターを選ばせその理由を発表させていきます。それらの理由から、人目を惹くポスターがもつ秀でた構成・配置や表現を理解させていきます。それを基にして、学校のことで紹介したいことを班で話し合わせて作成へと進んでいきます。子どもの意見を聴く時の教師の目線・表情こそが、子どもの発言意欲や勇気を生み出し源であり、子どもは安心して発言できるのです。
【写真右】
 〇学年・組:4年1組
 〇指導者:担任
 〇単元名:心のスケッチをしよう
 〇ねらい:心が動いた出来事を、短い文章で表現できるようにする。
上学年の入り口にさしかかった4年生。徐々に発言への抵抗感が生まれてくる時期でもあります。子どもの発言への絶妙な合いの手、同意の言葉、称賛の言葉…等々、子どもの発言への温かな反応が随所で見られました。また、教師の表情一つとっても、授業の中では大きな意味をもち、子どもにとっては大きな励みになるんですよね。

授業へ Go!−6

授業の主役は、誰・・・?
   もちろん、主役は『子ども』です!
「教師ではないのっ?!」という声が聞こえてきそうですが、主役は子どもなのです。指導側の教師がいても、受けての子どもがいなければ授業が成立しないばかりか、授業は子どものためにあるものなのですから。
授業の良し悪しも、子どもの様子に注目していれば自然と分ります。子どもが活躍すればするほど、授業の質が良いと言えます。

そうした意味で、子どもに視点を当てて授業を見てみると、
【写真左】
 〇学年・組:6年1組
 〇指導者:担任(姿は写っていませんが…)
 〇教材名:「迷う」
 〇ねらい:自分に重ねながら随筆を読み、それを参考に経験したことを短い文で書く。
大人でも書くことが難しい随筆。それを、6年生が挑戦しています。とかく書くことに苦手意識を持つ子どもたちに、自分の経験に重ね合せながら感想や感想を書き記していくことの楽しさを味あわせたいものです。いざ原稿用意に書き始めると、スラスラと鉛筆が進んでいきます。
【写真右】
 〇学年・組:5年2組
 〇指導者:担任(姿は写っていませんが…)
 〇単元名:しょうかいポスターを作ろう
 〇ねらい:学習の進め方を理解し、多くの人の興味をひくポスターの工夫を考え発表する。
ポスターの工夫を多面的に見たりたと比較して、その良さについて話し合いました。自分の考えを伝え合い、そこから学び合っていきます。今日は、ポスター作りに向け割り付けやレイアウトについて、ホワイトボードを使って班で考えていきました。
画像1 画像1 画像2 画像2

グリーンピースのさやむきをしました!

画像1 画像1 画像2 画像2
 5月12日の給食は、グリーンピースを使った献立でした。フレッシュグリーンピースの香りと甘みを味わえるのは、4月から5月の間だけです。給食でも1年に1回、旬の食材料として登場します。
 この日使うグリーンピースは、1年生が全員でさやをむき、実を取り出すお手伝いをしてくれました。硬いさやとコロコロ転がる実に苦戦しながら9kgのさやから4kgの実を出すことができました。
 グリーンピースは苦手という子どももいましたが、「自分の手でむいた」特別なグリーンピースなので、「今日は頑張って食べたよ」との声も聞かれました。

5月12日の献立
  たらこ入りグリーンピースごはん、さばのねぎみそ焼き、
   小松菜ときのこのアーモンドあえ、じゃがいものみそ汁、デコポン

授業へ Go!−5

5月12日(金)、1校時。
家庭科の授業参観を行いました。通常は「家庭科」と言っていますが、正しい名称は「家庭」。5年で年間60時間、6年で55時間学習します。そして、目標は、日常生活に必要な基礎的・基本的技能を身に付け、家庭生活を大切にする心情を育み、家族の一員として生活をより良くしていこうとする態度を育てることにあります。
これは、男女に関係なく学習するものであり、小学校段階では調理実習になるととりわけ男の子が意欲的になります。(この姿勢が、大人になっても続くといいのですが。…私は反省しています)
今日の授業でも、どの子も集中し意欲的に活動していました。こうして家庭科で学習したことを、家でもやらせてみることが大事かと思います。ぜひ、手間がかかるかと思いますが、家でゆで卵作りに挑戦させてみてください。(もちろん、見守ってあげてくださいね)  お願いします!

【写真左】家庭科室には、4階の教室から男女2列に並んで静かに移動します。時には、廊下歩行について指導を受けることも…?!
【写真中】全体説明。これをしっかり聞いていることが、安全な調理へとつながります。
【写真右】調理器具の使い方について具体的に指導します。

 〇学年・組:5年2組
 〇指導者:専科教員
 〇題材名:「ゆで卵を作ろう」
 〇ねらい:・ゆでる調理の導入として器具・用具の安全な使い方、及び調理の進め方を知る。
      ・実習を通して卵の性質を利用したゆでる調理の良さを知りゆで卵を作る。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

2年生 消防写生会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
5月12日(金)中休み。なんと、船堀小学校の校庭に消防車が!
2年生の消防写生会のために、消防車が来てくれました。

まずは、消防隊員の方からお話を聞き、消防服への早着替えを見せてもらいました。
次々に服を着て、重いボンベを背負い…
「すごーい!」
「速い…。」
その着替えの素早さにみんなびっくり!

次は、本物の消防車を見て、黄ボール紙にクレパスで描いていきました。
消防車を横から見た絵を描く子、正面から絵を描く子、ホースを持って構えている消防隊員の方を描いている子…。
みんな真剣に描いていました。

最後に、救助活動の様子を見せてもらいました。
2階にいる人形を助けるため、梯子をのばして登っていく隊員の方。
「うわぁ、落ちないかな…。」
「がんばって!」
無事に、救助することができ、大きな拍手が起こりました。

消防車を見せてくださるだけでなく、消防車に積んでいる物を説明してくださったり、消防隊員の方の仕事を見せていただいたりと、多くを学ぶ時間になりました。

美化環境委員会

今日から美化環境委員会の各クラスに呼びかける活動が始まりました。

各クラスの環境が整っているか確認し、改善を促します。

今回は、靴箱に決められた入れ方をしているかと名札を身に付けているかチェックをしています。

環境と一言でいっても、学校の環境から地球の環境と幅は広いです。
まずは、靴箱を整えて名札のつけることで、きれいで安全な学校をつくりましょう!


【写真左】クラスに出張し、まずはご挨拶。
【写真右】チェック表はクラスに掲示しています。
     最初のチェックは・・・少し厳しめですが、徐々に改善していきましょう。
画像1 画像1 画像2 画像2

交通安全教室

画像1 画像1 画像2 画像2
交通安全教室がありました。
葛西警察署から二名の方が来ていただきました。

低学年の子たちには、安全な道路の横断について、時に手品や笑いを交えながら楽しく教えていただきました。
高学年の子たちには、自転車の乗り方から始まり、交通ルールを守らないと厳しい罰則もあるということをわかりやすく教えていただきました。

今日学んだことを日々の生活に生かして、安全な日々を過ごせるようにしましょう。

【写真左】
1年生を代表して道路の横断の仕方を学んでいます。
【写真右】
DVDを鑑賞し、交通ルールを学んでいます。

練習集会-130年記念集会に向けて-

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
5月11日(木)の集会では、来週5月18日(木)に行われる船堀小130年記念集会に向けた練習を行いました。
『だれにだって おたんじょうび』を船堀小バージョンに変えて、全校児童で歌います。
自分の誕生月には「はーいっ!」と返事をしてその場に立つ演出があり、どの児童も自分の誕生月を歌われることをワクワクしながら待ちます。
そして、5月生まれの後には、運営委員会の「そしてみんなの!」という声かけのあとに、「船堀小学校っ!」と学校を呼ぶ演出もあるのです。
今日の練習では元気な子ども達の歌声が朝の体育館に響いていました。
記念集会当日も子ども達の楽しい歌声が学校中に響き渡りそうです。

持ち寄り野菜炒め(6年生家庭科)

画像1 画像1
野菜の摂取量を増加させることを目標に「野菜炒め」を学習した後、応用学習として、班で相談して「一品持ち寄り野菜炒め」を作りました。各班とも彩りや栄養素を考え、組み合わせを工夫していました。家でも作ってみましょう!!
画像2 画像2

授業へ Go!−4

画像1 画像1
5月11日(木)、6校時。
今日2回目の授業参観です。(参観するだけでなく、授業についての話し合いの時間を持つために、1日2回しかできないのです)6時間目なのですが、6年生ということもあって、居眠りをしているような子は当然いませんでした。(5月頃の1、2年生だと体力がないこともあって、午後の授業では寝ている子がいてもおかしくないのですが…)
学力調査結果から、言語事項の定着が不充分であったことから、5年で学習した二字熟語の構成法を復習しながらの授業展開でした。国語辞典や漢字辞典を使いながらの主体的な活動の中で、終始和やかな雰囲気の中で学習が進められ、更にプリントで学習内容の定着を図っていました。

 〇学年・組:6年2組
 〇指導者:担任
 〇教材名:三字以上の熟語の構成
 〇ねらい:三字以上の熟語の構成や由来について理解を深める。

授業へ Go!−3

5月11日(木)、1校時。
いきなりですが、音楽の目標って何だと思われますか?
そうなんです。
学習指導要領には、「表現及び鑑賞の活動を通して、音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てる・・・」となっているように、やはり音楽を好きになり楽しむことが第一なのだと思います。
そのためには、教師自身が音楽を教えることを楽しみ、子どもが楽しく学べる授業を展開していく必要がありますとの、音楽専科からの応えが返ってきました。
参観した授業には、この思いが浸透している授業そのものでした。表情豊かに、或いは身体表現豊かに歌ったりリズムを取ったりしている子どもの姿に感心しました。
そして、何より嬉しかったのは、
     授業の終わりを教師が告げると、
       「えっ、もう終わりなのか…」と呟いた子どもの声に、
           授業への子どもの想いが込められていて、     
              とても嬉しかったです!  


 〇学年・組:3年1組
 〇指導者:音楽専科
 〇題材名:「すてきな声で」
 〇ねらい:自然で無理のない声で、高い音をきれいにひびかせて歌うことができる。

画像1 画像1 画像2 画像2

4年 ブラインドサッカー体験!

5月9日(火)、10日(水)4年生を対象に、ブラインドサッカーの体験授業がありました。

ブラインドサッカーとは、視覚障害者向けのサッカーのことで、目隠しをしながら行います。視覚障害者の方が行うのに、なぜ目隠し?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、視覚の障害の度合いは人それぞれ。競技を行う人が同じ条件で競技に参加ができるように、目隠しをするのだそうです。ルールはフットサルとほぼ同じですが、攻めるときにゴールまでの距離や角度を伝えてくれるガイドという役割の人がゴールの後ろにいたり、カシャカシャと音が鳴るサッカーボールを使用したりと、工夫されている点もいくつかあります。ちなみに、ゴールキーパーとコーチは目が見える方が行います。

 5月9日(火)は埼玉T・Wings所属の加藤健人選手、10日(水)はAvanzareつくば所属の川村怜選手、そしてNPO法人日本ブラインドサッカー協会の小島雄登さん、今加奈子さんが来てくださいました。選手はお二方ともなんと、日本代表選手っ!!すごいです!!

授業は各クラスずつ2時間行いました。まず、アイマスクをしての準備運動です。二人組になって、一人がアイマスクをし、一人がアイマスクをせずに、選手が行う準備運動のまねをしました。アイマスクをしていると選手の動きが全く見えないため、屈伸、伸脚などの分かりやすい運動はいいのですが、名前が分からないストレッチとなると、どんな動きをしていいのか分からなくなる子がたくさん!アイマスクをしていない子が必死にサポートします。「右手をこうするんだよ!」「足はこんな動きをするんだよ!」それでも分かってもらえない時には、友達の体をタッチしながら手取り足取り教えていました。日頃いかに視覚に頼って生活しているのか、本当によく分かりました。

それから、アイマスクをしながら歩いたり、走ったり、実際にボールを蹴ったりと様々な体験をすることができました。危険がないように、必ずアイマスクをする人は一人。周りの子どもたちはサポートをします。ボールが見えない子にボールを渡し、蹴る方向を伝える・・・「こっち!こっち!」では伝わりません。いかに分かりやすく方向を伝えるか、考えながらの体験です。たくさん動いて、たくさん頭を使って、2時間の授業はあっという間に終了時間です。

授業後、「目が見えなくてもできることはたくさん。かわいそうなだけじゃない。」子どもたちから感動の思いが溢れていました。本当に前向きな選手お二人。私たちも「努力すれば夢はかなう!」そんな希望が湧いてくる素敵な授業を体験させていただきました。貴重な時間を、本当にありがとうございました!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5/10(水)教員による読み聞かせ

平成29年度も、教員による読み聞かせを実施します。今回は2回目です。どのクラスも集中し、よく見て聞いて…楽しい場面では微笑みあり、問いかけに元気よく答える場面ありの様子が見られました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業へ Go!−2

5月9日(火)、5校時。1校時に続いて2回目の授業参観です。
 〇学年・組:6年3組
 〇指導者:担任
 〇教材名:学校案内パンフレットを作ろう
 〇ねらい:目的に応じて割り付けを工夫し、パンフレットを作る。
6年の国語、やはり内容的に難しくなっています。まさしく、思考力・判断力・表現力を育むための授業でした。発言の内容も仕方も、6年生らしいものでした。
目的や相手を意識して、どのような内容、構成、表現などの工夫をしたらいいのかを考えてパンフレットを作っていきます。6月の学校公開に向けての作成のようです。
  さて、どんなパンフレットができるのでしょうか。
           お 楽 し み に !
画像1 画像1

授業へ Go!

画像1 画像1
「授業へ Go!」 …懐かしいタイトルが再び始まりました。
タイトルがどうであれ、つまりは各学級及び教員の授業の様子を校長が参観に出掛けていますということなのです。ただ、今回のように参観の内容(担任:国語、専科:各担当教科)を指定して行うのは、各学期1回定例として行っています。勿論、予告なしに参観に出掛けることも必要に応じて多々行っています。

その第1日目として、図工の授業を参観しました。
 〇学年・組:4年2組
 〇指導者:図工専科
 〇単元名:木のものがたり
 〇ねらい:木の特徴を感じ、木が見てきた物語を考えながら、手や指、絵の具などを使って描く。
授業の導入では、児童の作品を取り上げながら前時の活動を振り返らせ、本時の活動ポイントを示していました。その後は、友達の作品を見合ってその良さも取り入れ、描き方や道具を選び、各自作品を描いていきます。
描くことの楽しさを、一人一人の子どもが味わってほしいと思います。

【写真上】授業の導入の工夫が、その時間を左右するだけにより力が入ります。私も、発表した子どもにリポーター役としてマイク(手)を向けました?!
【写真下】考えがまとまると、もう自分だけの時間に没頭する子どもたち。
画像2 画像2

離任式と?

5月2日(火)、離任式を行いました。
転出教職員は7名。当日は、1名が公務のために残念ながら欠席となりましたが、1ケ月振りの再会となりました。離任の言葉には、船堀小の子どもたちへの想いが込められた温かなものでした。
校長としては、各教職員の在任中の船堀小学校への貢献を思うと、唯々感謝の気持ちで一杯になりました。
また、新しい職場での、更なる活躍を願うばかりです!
   
     あ り が と う ご ざ い ま し た !!

【写真上】舞台から子どもたちへの挨拶。
【写真中】児童の後方には、たくさんの中学生の姿が…。
【写真下】当日、午後4時から卒業生に卒業式の写真が配られました。ランチルームに集まった中学生(卒業生)。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年生 離任式

5月2日(火)に、離任式がありました。式の後は2年生のころにお世話になった井上先生をお呼びして、お話をしました。新しい学校のこと、今だから聞きたいこと、井上先生と交わした約束のこと。最後は元気に「ウンパッパ」を歌ってお別れをすることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年生 理科「植物をそだてよう」

理科の「植物をそだてよう」では、自分が選んだ植物の成長の様子を観察していきます。この日は、ダイズ、オクラ、マリーゴールドの3種類の中から育てたい植物を選び、種まきをしました。これからの成長が楽しみです!
画像1 画像1
画像2 画像2

明日は 離任式です!

画像1 画像1 画像2 画像2
明日、5月2日(火)、午後1時30分から離任式を行います。
昨年度末で船堀小学校を去った教員6名に主事1名を迎えての離任式。春は出会いと別れの季節とはいえ、やはり淋しいものがあります。一人一人が、それぞれの立場で、船堀小学校のために貢献してくれました。子どもたちにも、たくさんの想い出を残したことでしょう。
今日の中休みに、この7名を迎えての離任式で手紙を呼んだり花束を渡したりする代表児童の練習を行いました。心に残るお別れにしたいものです。

とんで とんで とびまくロープ!(全校運動遊び)

1学期の全校運動遊びは、「とんで とんで とびまくロープ!」に取組んでいます。毎回回数を数えながらのチャレンジです。その中でも、圧倒的に他を圧倒しているのが6年3組です。ここのところ、跳んだ回数第1位をキープしています。
今日も315回(5分間)を記録し、他の学級に見本も披露しました。学級全体に息も合っていて、跳び方に乱れが生じないことで連続跳びの回数に表れているのでしょう。
さあ、来週も1位をキープできるのでしょうか…?
画像1 画像1 画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31