学校教育目標

教育の目的は、人格の完成を目指すことにあります(教育基本法 第1条)

○知…よく考え 進んでやりとおす子(基礎学力の定着)

◎徳…心豊かな 思いやりのある子(人間性・社会性の向上)

○体…健康な 明るい子(体力向上)

学校経営目標

地域とともに歩む学校  〜ひとりひとりの豊かな「育ち」と確かな「学び」を目指して〜

 次代を担う子どもたちは、家族のみならず社会の宝です。子どもたちの健やかな成長のために、学校・家庭・地域がそれぞれの役割を果たし、共に育てていく。  そのためには、教職員は「チームワーク・フットワーク・ネットワーク」で子どもたちのために組織の一員として全力で尽くしていく。

学校経営の基本方針

(1)全員の子どもひとりひとりを大切に

第一に、学級経営・専科経営、そして、それぞれの立場の仕事をしっかり

第二に、小松川小学校の組織の一員として、学級・学年を超えた児童理解

(2)きれいな校舎・教室、そして、爽やかな風を

第一に、子どもたちの学び舎の環境整備

第二に、教職員全員が子どもの鏡(行動・言葉づかい等々)

(3)豊かな心・社会性・人間性の涵養

第一に、「読書」言葉を学び、表現力や感性を育て、人としての生き方を育てる

第二に、「挨拶」「おはようございます」「ありがとう」「ごめんなさい」…を心をこめてしっかり言えるように教職員が自ら行動する

第三に、「規範意識」学校のきまり、学級のきまりをしっかり守ることを育てる

(4)地域とともに歩む学校、地域とともに育てる教育(共育・協働)

第一に、「学校」子どもの個性・能力を伸ばすために組織的な教育を進める

第二に、「家庭」教育の基礎作りの役割をもち、学校とともに教育を進める

第三に、「地域」生活の場として、学校・家庭とともに教育を進める

  

目の前の子どもたちのために、ひとりで抱えないで、みんなで、考え、行動、連携!!