学校教育目標

  教育の目的は、人格の完成を目指すことにあります(教育基本法 第1条)

  ○知…よく考え 進んでやりとおす子(知的好奇心、基礎学力の定着、応用力、コミュニケーション能力の育成)

  ◎徳…心豊かな 思いやりのある子(人間性・社会性の向上)

  ○体…健康な 明るい子(基本的生活習慣、体力向上)

学校経営目標

  地域とともに歩む学校  〜ひとりひとりの豊かな「育ち」と確かな「学び」を目指して〜

   次代を担う子どもたちは、家族のみならず社会の宝です。  

   子どもたちの健やかな成長のために、また子どもたちが社会人として自立・自律をしていくために、

  学校・家庭・地域がそれぞれの役割を果たし、共に育てていくことを目指します。

   そのためには、教職員は教育公務員としての誇りと自覚をもち、「『時間・空間・仲間』の保証」を

  キーワードとして、子どもたちのために組織の一員として全力を尽くします。

学校経営の基本方針

  1 ひとりひとりの確かな「学び」とひとりひとりの存在を大切に

   (1) 学年・学級経営・専科経営はもちろん、それぞれの立場の役割を責任をもって行う。

   (2) 小松川小学校の組織の一員として、学級・学年を超えて児童理解に基づいた適切な対応をする。

  2 きれいな校舎・教室、安心して生活できる空間

   (1) 子どもたちの学び舎の環境整備、言語環境、いじめ・不登校等の早期発見・適切な対応

   (2) 教職員全員が子どもの鏡(行動・言葉づかい等々)であることの自覚、体罰根絶・服務規律の徹底

   (3) 学校全体が「読書のまち」(読書環境整備・掲示物など)

  3 豊かな心・社会性・人間性の涵養

   (1) 「挨拶」 子どもが心をこめて挨拶できるよう、教職員が率先して明るく大きな声で手本となる。  

      「言語活動・言語環境」 自分を大切にし、相手も大切にする、TPOに応じた言葉づかい

   (2) 「規範意識」 社会人の一員として、学校のきまり、学級の約束ごとをしっかり守らせる。

   (3) 「本物にふれる・専門家から学ぶ」 表現力や感性とともに、挑戦・継続の大切さを

      知らせることで、子どもの可能性をひらき、人としての生き方の基盤を培う。

  4 地域とともに歩む学校、地域とともに育てる教育(共育・協働)

   (1) 「学校」 子どもの個性・能力を伸ばすために、家庭・地域と共に組織的な教育を進める。

   (2) 「家庭」 教育の基礎作りの役割を果たし、学校・地域と一体となって教育を進める

   (3) 「地域」 生活の場として、次代を担う人材育成のために、学校・家庭と共に教育を進める

  

              「One for All,All for One」

          一人のこまっこのためにすべての教職員が動く学校

     すべてのこまっこのために一人の教職員が自分の力を最大限に発揮する学校