巡回指導とは?

拠点校から巡回校に巡回指導教員が出向き、校内の特別支援教室で対象児童に対し、「通級による指導」を行う指導のことです。

・巡回指導を行う児童に対しては、在籍する学校が一人一人に応じた特別の教育課程を編成して指導を行います。
・巡回指導(通級による指導)の教育課程は、児童が在籍する学校の教育課程に加えたり、一部替えたりできることが、学校教育法施行規則第140条に定められています。
・指導形態は、個別指導と2〜4人程度のグループで行う小集団指導があります。
・対象児童は、決められた時間(例えば、1,2時間目)に、校内にある特別支援教室に行き、特性に応じた指導(自立活動)を受けます。
・人とのかかわりに必要なコミュニケーションスキルや、自分と他者との立場の違いや、感情の違いを理解するスキル、集団参加に必要な行動等を、具体的に学んでいます。

主な内容は・・・

【集団場面での学習態勢】
○先生の話を集中して聞く
○提示されたものを見たり、注意を向けたりすること
○状況を理解して行動すること

【コミュニケーションのスキル】
○友達や先生と会話したり、話し合ったりすること
○表情やジェスチャーなどを理解すること

【情緒的行動や自己・他者の認知】
○自分や他者の気持ちの理解に関すること
○相手の立場になって考えたり、行動したり、共感したりすること

【集団参加行動】
○ルールを理解したり守ったりすること
○自分の役割を果たすこと
○状況に応じて行動すること

などです。

運動や動作
運動や動作
数の基礎的な概念の学習に関すること
数の基礎的な概念の学習に関すること
行動を自分でコントロールする経験
行動を自分でコントロールする経験
行動の対処の仕方
行動の対処の仕方
個々の見え方や捉え方に応じた教科等の指導
個々の見え方や捉え方に応じた教科等の指導

巡回校

下鎌田小学校は、現在、以下の小学校を巡回して指導する巡回指導教員の拠点校になっています。
下鎌田西小、下鎌田東小、江戸川小、春江小、瑞江小、下鎌田小の計6校を巡回して、指導を行っています。