6年1組 研究授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
6月29日(金)5校時目に6年1組での研究授業がありました。「瑞江陸上2018」と称して短距離走、リレーの陸上運動に取り組みました。
 今回の授業では、短距離走の場として、ラダー、スタートダッシュ、コーナーの3つを、リレーの練習の場としてバトンパス、追いかけタッチ、テークオーバーゾーンが設けられました。その中から自己や自チームの課題にあった練習を選び、課題解決をしながら学習を進めました。
 タイム測定、話し合いは、兄弟チームと活動しました。「しっかり体が傾いていたよ。」「腕の振りを意識してみて。」など課題を発見し合ったり、ポイントを伝え合ったりと活発な学び合いができました。また、タイム測定では、兄弟チームがICT機器(タブレット)を使い走る様子やバトンパスの様子を録画し、自分では気づきにくいことや言葉では伝えにくいことを映像で確認しながら新たな課題発見につなげました。
 本時の学習は、リレーの学習を始めて三時間目でした。まだ、バトンパスが思い通りにいかなかったり、コーナーの走り方に課題を感じたりするチームもいました。「瑞江陸上2018」に向け、どのチームも積極的に練習に取り組み、学び合い、さらに速く走れるようになることを願っています。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31