3/23の給食

画像1 画像1
・赤飯
・ぶりの照り焼き
・おひたし
・紅白汁
・いちごタルト

今日は六年生の卒業をお祝いした、お祝い給食です。
ささげをゆでて出た煮汁でもち米に色を付け蒸します。
ほんのり自然な赤色が付き、もっちりとしたおいしい赤飯が出来上がりました。

照り焼きにしたブリは出世魚です。
成長するにしたがって名前が変わります。
お祝いにはふさわしい魚です。
すまし汁には、紅白のはんぺんを浮かべました。
デザートには大きないちごを、手作りのカスタードの上にのせたタルトです。
甘酸っぱくて目にも鮮やかなデザートに仕上がりました。

今年度は今日で最後の給食です。
4月からは六年生の皆さんは瑞江小学校を卒業して中学生に、在校生の皆さんはそれぞれ進級をして新しい学校生活を送られることと思います。
希望を胸に頑張ってください。
さて、私たち栄養士、調理師は、この一年間、安全で安心そしておいしく楽しい給食を目標として日々努力を重ねてきました。
瑞江小学校の児童の皆さんは本当によく食べてくれ、時には優しく声をかけてくれました。
それはとても励みになり、喜びとなりました。
一年間ありがとうございました。
また来年度もどうそよろしくお願いします。

3/22の給食

画像1 画像1
・じゃこご飯
・カリカリマヨマスポークソテー
・コリコリきゃべつのごま油風味和え
・味噌汁

昨日は暖かな春の日差しに東京でも桜が開花しました。
瑞江小学校の給食室の前にある桜は、まだ花が咲く少し前の、蕾が桃色にふくらんでいる状態です。
この頃の桜は花咲く日に向けて、私には一生懸命に頑張っているように見えて、とても美しく思えます。
さて、今日の給食は瑞江小学校オリジナルの献立です。
カリカリはパン粉、マヨはマヨネーズ、マスは粒マスタード、それを豚肉にぬって焼きました。
マヨネーズが肉を柔らかくしてくれ、またほんのり鼻から抜けるマスタードの酸味が相性抜群でした。
付け合わせの和え物は、ごま油の風味が食欲をそそります。
今日もたくさん食べてくれました。

3/18の給食

画像1 画像1
・子ぎつねご飯
・焼きししゃも
・野菜の甘酢和え
・けんちん汁
・はるか

子ぎつねご飯は、油揚げととりひき肉を甘辛く味付けをした具を、だし汁で炊いたご飯にまぜた献立です。
浜松市が発祥地という説があり、20年ほど前から給食の献立に登場し、コンビニエンスストアではおにぎりとして販売されているほど地元の味として定着しています。
今では全国的に人気の献立です。
やっぱり、油揚げを甘辛く味付けするとおいしいですね。

今日は小魚のししゃもをつけ、付け合わせの和え物にはひじきと大豆を入れてカルシウム、食物繊維など栄養満点の献立になりました。
けんちん汁も具沢山で、鰹だしのおいしさが味を引き立たせていました。
デザートは、はるかという柑橘系の果物です。
皮はゴツゴツとしていますが、食べると甘くおいしくいただけます。
今日もおいしい給食でした。

3/16の給食

画像1 画像1
・いわしの蒲焼き丼
・かわりきんぴら
・すまし汁

日本人には馴染みの深い魚、今日は鰯を使って蒲焼きのように甘辛いタレを染み込ませてご飯の上にのせました。
魚へんに弱いと書くいわしの名前は、陸にあげるとすぐに弱ってしまうことから、よわし、いわしと変化したという説があります。
青魚であるいわしは栄養が豊富で、特に成長期には積極的に食べたい食材です。
サクサクとして身はふっくらと揚がり、おいしい蒲焼き丼になりました。

茎わかめが入ったきんぴらは、ごぼうの食感だけでなく、わかめのコリッとした歯ごたえもおいしく感じられました。
今日もたくさん食べてください。

3/15の給食

画像1 画像1
イタリア料理
・ミラノ風ドリア
・エビのカクテルサラダ
・イタリアンスープ

今年度最後の世界の料理は、イタリアです。
瑞江小オリジナルのミラノ風ドリアは、ターメリックで炊き込んだ綺麗な黄色いごはんに米粉で作ったホワイトソースをたっぷりとかけます。小麦粉で作るルーよりもさっぱりとしています。
ホワイトソースの上からミートソースをのせ最後にチーズをのせてオーブンで焼きました。

サラダのエビは、プリッとした食感を活かすために炒めてサラダと和えました。
ドレッシングは、マヨネーズとケチャップのオーロラドレッシングです。すりおろした玉葱とにんにくを入れることでうま味もアップして、いつもと違うドレッシングが出来上がりました。

イタリアンスープは、卵、粉チーズ、パン粉を合わせて沸騰したところに入れると花が咲くようにふわふわのたまごが浮かびました。
食缶も空っぽになって帰ってきて、とてもうれしく思いました。

今日もたくさん食べてくれて「グラッツェ!(ありがとう)」

3/14の給食

画像1 画像1
・ご飯
・茎わかめとしらすの佃煮
・唐草焼き
・じゃこ入りおひたし
・味噌汁

唐草焼は、江戸川区特産品の小松菜を黄色い玉子焼きの中に入れて、その様がまるで唐草模様のようにみえることからその名前がつきました。
小松菜は柔らかくゆがかなくてはなりませんが、緑色をきれいに見せるように作るためにはそれでは小松菜の色が悪くなってしまいます。
そこで茎を流水しながらもむことで透明になります。
それが柔らかく仕上がった合図です。
和え物やグリーンライスなどにもこの方法で下ごしらえをします。
瑞江小学校の小松菜は近くの農家さんから仕入れているので、新鮮で美味しい品物を給食に使うことができています。

いつもの和え物に、今日は油揚げを四角くに切り、オーブンでカリカリに焼いてのせました。
香ばしく歯ごたえも楽しく出来上がりました。
今日は朝から雨降りで寒かったですね。
温かい味噌汁はとても美味しかったです。

3/11の給食

画像1 画像1
・わくわくカレー
・じゃが丸くん
・キャベツとベーコンのスープ

今日のわくわくカレーを楽しみにしていた子がたくさんいました。
子どもに、「明日のわくわくカレーってなんですか?」と聞かれましたが、当日までのお楽しみにしてもらいました。
わくわくカレーは、たまご、ウインナー、コーンバターの3種類の具をトッピングします。目でも楽しめてわくわくするようなカレーライスから名付けました。
カレーに入れた鶏肉は、ヨーグルトに漬け込んでオーブンでじっくり焼きました。ヨーグルトに漬け込むことで、肉質がやわらかくなりジューシーに仕上がります。鶏肉の煮汁ごと入れて鶏のうま味も使いました。
じゃが丸くんは、じゃが芋にほんのり甘い衣を付けて揚げます。ケチャップの塩気と甘い衣がよく合い、とても好評でした。
スープには旬の春キャベツをたっぷり使いました。

3/10の給食

画像1 画像1
・ご飯
・ミックスフライ
・ゆかり和え
・粕汁

寒い季節に体をぽかぽか温めてくれるごちそうとしておすすめなのが粕汁や甘酒。
そのもとになるのが酒粕です。
日本酒は、蒸したお米と米麹で仕込み、発酵したもろみを搾って作られます。
このとき、日本酒と同時に酒粕も作られます。
この酒粕には、お米の豊富な栄養が含まれています。
今日は酒粕と白味噌で粕汁を作りました。
ほんのり日本酒の香りがする粕汁は、寒の戻りで真冬のような寒さになった今日にはぴったりの汁物でした。

皆んなが楽しみにしていたミックスフライは、大きなエビと柔らかいヒレカツです。
たくさんの具材にていねいに衣をつけ、油でカラッと揚げました。
香ばしくてとても美味しかったですね。
付け合わせのゆかり和えが、口直しにぴったりでした。
今日もたくさん食べてください。

3/9の給食

画像1 画像1
・和風ペペロンチーノ
・海藻サラダ
・ジュリエンヌスープ
・アメリカンクッキー

パスタの中でも人気のペペロンチーノは、ピリッと辛く、ニンニクの風味がします。
具材がシンプルなことから、調理や味付けが難しく、料理人の腕が試されます。
給食では野菜をふんだんに使い、調味料にしょう油をかけて仕上げ、瑞江小学校オリジナルの和風のペペロンチーノを作りました。
鷹の爪をオリーブオイルで低温からゆっくり温度を上げ、黒くなるまでおいておきます。
たねが入らないようにこしたオイルは、辛みの効いた味になって、野菜を炒めるときに使います。
ヨーグルトに漬け込みオーブンで焼き、臭みもなくなり柔らかくなったとり肉を最後に肉汁ごとパスタに合わせます。
冷めても麺がくっついてしまわないようにマヨネーズを熱いうちにまぜることがおいしさのひと手間です。
何度食べてもおいしいペペロンチーノの完成です。

デザートには、コーンフレークで食感を楽しくし、チョコチップで味のアクセントをつけたクッキーです。
小麦粉と全粒粉の両方を使い、香ばしく仕上げました。
大きく食べ応えがあるクッキーです。

今日はたくさんパスタが配食されて、食べ残しがあるかと心配しましたが、完食していてびっくりしました。
瑞江小学校の児童の皆さんは、本当によく食べてくれてうれしく思います。

3/8の給食

画像1 画像1
お弁当給食
・チャーハン
・イカのチリソース
・油淋鶏
・うずらの卵の塩ゆで
・ミニトマト
・きゅうりの塩もみ
・バナナ

今日は六年生の卒業を祝う会でした。
給食では全校児童が食べやすいお弁当を作りました。
お弁当の中は瑞江小学校の六年生が大好きなものばかりです。
チャーハンは焼豚がたっぷり入ってラードで甘みを出して作りました。
イカのチリソースはお弁当に入れることを考えて、柔らかく揚げました。
いつものから揚げと一味違う、瑞江小学校オリジナルのタレをまぶした油淋鶏は、もう一つ食べたくなるおいしさです。
チャーハンの上にちょこんと乗ったうずらの卵。
彩りのきゅうりとミニトマト。
おいしさがぎゅっと詰まったお弁当は、六年生にとって最後になります。
瑞江小学校で食べられる給食も残り10回になってしまいました。
今日は、六年生に瑞江小学校の給食はとってもおいしいです。
嫌いな野菜も食べられるようになりました、と声をかけてもらいました。
いつもおいしく食べてくれ、完食してくれて本当にうれしいです。
こちらこそありがとうございました。
ラストスパートですね。
給食も楽しくおいしく食べてください。

3/7の給食

画像1 画像1
・ご飯
・ほっけの塩焼き
・お豆の和え物
・ささがき野菜の味噌汁

今日のほっけは、東北から北海道の海が低温の地域でとれる魚で、漢字では魚に花と書きます。
海の表層に群れる幼魚が美しい青緑色をしていて花のようだと言う説や、産卵期のオスがコバルト色になり鮮やかな唐草文様が見られると言う説などがあります。
とても傷みやすい魚なので、塩で加工して流通することが多いようです。
食べると身がホロっとして、おいしい魚です。

和え物は豆が二種類入り、それぞれ食感が違い楽しめました。
野菜をすべたささがきにした味噌汁は、野菜の甘みがだし汁にでて、おいしく出来上がりました。

3/4の給食

画像1 画像1
・ペッパーランチ
・アーモンドサラダ
・洋風豆乳味噌スープ
・タロッコ

今日もリクエスト給食のペッパーランチです。
バターライスに黒こしょうをきかせ、豚肉とコーンを炒めた具をのせます。
そこに特製ダレをかけて、まぜながらいただきます。
ニンニクのきいたパンチのあるタレが決め手で、ついつい食べ過ぎてしまうほどのおいしさです。

香ばしく炒ったアーモンドをフレンチサラダにまぜました。
カリッとした食感もおいしさの秘訣です。
とりガラスープに味噌を溶き、仕上げに豆乳を入れます。
沸騰させるとすぐに分離してしまうので、しっかり温度が上がったか温度計で確認をしながら作ります。
デザートのタロッコは、ブラッドオレンジの中では最も甘みが強く、酸味もあってとても濃厚な味が特徴です。
色的には最も薄く、ほんのりと赤紫がさす程度です。
国内でも和歌山などで生産されてますが、まだまだ珍しく貴重な果物です。
今日もニンニクパワーでモリモリ元気になりましょう。

3/3の給食

画像1 画像1
ひな祭り給食
・ひなちらし
・新じゃがのそぼろ煮
・桃の花汁
・ひなまつりケーキ

3月3日は桃の節句、ひな祭りです。この日は女の子の健やかな成長を祈る行事です。
ひな祭りには、ひな人形を飾り、白酒、菱餅、あられ、桃の花を供えてお祝いします。
今日のひなちらしには、炒りたまご・酢蓮・菜の花など色とりどりの具材をちらして春らしいちらし寿司が出来上がりました。
今が旬の菜の花には少し苦みがありますが、昔から「春は苦いものを食べよ」といわれ、苦み成分には細胞を活性化させる成分が多く含まれています。苦みは冬の体を目覚めさせる自然の恵みです。
今日は少しずつですが、苦みのある野菜を食べる経験をすることができました。
そぼろ煮にも旬の新じゃがを使いました。
すまし汁には花の形のお麩を浮かべ、ケーキはほんのり桃色の生地を焼いていちごジャムをサンドします。春の訪れを感じる行事食でした。

3/2の給食

画像1 画像1
・キムチチャーハン
・とり肉の塩麹焼き
・トッポッキ炒め
・わかめスープ

今日は六年生のリクエスト、キムチチャーハンです。
キムチチャーハンは全国的に見ても揚げパンと一位二位を争うほどの給食の人気献立です。
それほど日常の食卓にあたりまえのように並ぶ韓国を代表する漬物が、日本でもしっかり定着したということだと考えられます。
瑞江小学校では児童の皆さんが食べやすいように、辛さを変えて低高学年別に作ります。
豚の角切り肉をチャーシューのように甘辛く味付けをします。
ニンニクとしょうがにんじんをみじん切りにして油で炒めておきます。
いり玉子を作り、あさつき、ごま、主役のキムチをラードで炒めて炊いたご飯にまぜます。
仕上げにしょう油、ごま油をまぜればおいしいキムチチャーハンの出来上がりです。
ちょっぴり甘くてピリッと辛いキムチチャーハンは今日も大人気でした。

チャーハンに添えられたとり肉は、塩麹に漬け込み焼きました。
トッポッキ炒めのトッポッキは手作りです。
米粉をねり伸ばして切り湯でました。
コチュジャンが味の決め手です。
わかめスープにはすりおろしたごまが入り香りもよく仕上げました。

3/1の給食

画像1 画像1
・パンカップグラタン
・ポテトチップ
・みかんサラダ
・ポークビーンズ

今日はリクエスト給食のなかでも大人気のパンカップグラタンです。
トロッとしたグラタンをパンの中に入れてチーズをかけて焼きました。
瑞江小学校特製のグラタンはルーから手作りをしています。
スープも朝から煮出したとりガラスープを使い、優しい味に仕上げました。
どこから食べようか迷いますね。
パンのはじをちぎって中のグラタンをすくって食べると最後まできれいにおいしくいただけます。
その隣にそえてあるポテトチップをグラタンにかけても食感がよく、また違う味わいになります。

みかんが入ったサラダは、少し酸味がありさっぱりいただけました。
ポークビーンズも野菜がたっぷり入って食べ応えがありました。
今日も完食でした。

2/29の給食

画像1 画像1
・鮭チャーハン
・レバーとじゃがいもの中華揚げ
・中華スープ
・いちごチョコ

五目チャーハンではチャーシューを使いますが、その代わりに鮭のほぐし身を使いました。
オーブンで焼き、塩としょう油で味をつけておきます。
ねぎも焦げ目がつくように焼きました。
香ばしく焼きあがった具を、ラードととりガラスープで炊き上げたご飯にまぜます。
サーモンピンクの色がかわいい、暖かい色合いのチャーハンに仕上がりました。

少し苦手なレバーを食べやすくするために
油で揚げてから、じゃがいもと大豆も素揚げして瑞江小学校特製の中華ダレにからめました。
オリジナルのこの献立は、試行錯誤を繰り返してやっと完成した自慢の一品です。
デザートはいちごにチョコレートをコーティングさせていちごチョコを作りました。
今日の春のような陽気にぴったりの彩り豊かな給食が出来上がりました。

鮭の放流に行ってきました

画像1 画像1 画像2 画像2
 2月27日(土)に東京海洋大学で行われた鮭の放流会へ2年生と飼育委員会の子供たちで参加しました。
 今回は、鮭の卵のふるさとである岩手県山田町の方のお話も聞くことができました。
 飼育委員会の子供たちが中心となって約3ヵ月間お世話をしてきました。
 今年は、暖冬の影響で卵のふ化が早く例年よりも大きく育った稚魚を放流することができました。4年後、大きくなって隅田川に帰ってくるといいなと思います。


2/26の給食

画像1 画像1
・ヘルシーこうやごはん
・わかさぎのから揚げ
・キャベツの昆布和え
・すまし汁
・デコポン

ヘルシー高野ご飯は高野豆腐をたくさん使っています。
ご飯と同じぐらいの量の小さくカットした高野豆腐を甘辛く味付けしてご飯にまぜました。
食物繊維が豊富に含まれ、食べても満足感があります。

わかさぎは今が旬の魚です。
とても淡白な魚なので、今日はにんにくとしょうがのすりおろしとしょう油などに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げました。
頭からしっぽまで食べられ、カルシウムたっぷりです。
デザートのデコポンは、清見オレンジとポンカンの掛け合わせです。
皮が薄く、糖分も高く手で簡単にむくことができるのでおいしくいただけます。
今日もたくさん食べてください。

2/25の給食

画像1 画像1
アメリカ料理
・テキサスピラフ
・フライドポテト
・シーザーサラダ
・コーンチャウダー

今日は、世界の国の料理からアメリカの料理を作りました。
テキサスピラフは瑞江小オリジナルのメニューです。
スパイスを効かせた粗挽き肉をコンベクションで焼き、荒目にほずしながら炊いたピラフに汁ごと加えます。ピーマンと黄パプリカは、別に塩もみをして下茹でをしたものを最後に混ぜ込むことで彩りよく仕上げました。
ピラフに添えたフライドポテトも厚みを均一にすることで、きれいに揚げることができました。

シーザーサラダには、角切りにした食パンを低温で1時間ほどじっくり焼いて作った手作りのクルトンを散らしました。手間暇かけた愛情のこもったサラダの出来上がりです。

アメリカ生まれのチャウダーは、魚介類・じゃが芋・ベーコン・クリームなどを入れて煮込んだ具沢山のスープのことです。今日は、コーンをたっぷり使ってコーンチャウダーにしました。今日のような寒い日には、温かいチャウダーが身体に浸みました。

今日もたくさん食べてくれて「Thank you very much!」

2/24の給食

画像1 画像1
・クリーミーカレーうどん
・いかめし
・ゆかり和え
・きんかん

いか飯は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理です。
函館の弁当の販売店が 第二次世界大戦中の昭和16年に戦時体制で米が不足していたため、節約のために当時豊漁だったスルメイカを用いて作れる料理として考案したのが始まりと言われています。
いかめしを作る調理は大変手間のかかる作業です。
今日は朝からひとつひとつもち米をいかの中に詰めて楊枝でとめ、だし汁で煮ました。
煮上がってから火を止めそのまま置いておくことで味を染み込ませます。
一年に一度の献立、いかめしがおいしく出来上がりました。

瑞江小学校オリジナルのクリーミーカレーうどんは、まろやか味付けのカレーうどんです。
牛乳と生クリームがたっぷり入り、ほんのり甘い、でもカレーのピリッとした辛さも感じられる不思議なおいしさの献立です。
デザートのきんかんは、今が旬の果物です。
その中でも特においしい品種を選び指定しました。
皮こと食べる果物は食育に欠かせない食材です。
楽しくおいしく給食を食べてください。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31