学校での出来事や、お知らせなど、新鮮な情報を発信します。

1年生チューリップ

画像1 画像1 画像2 画像2
1年生が秋に植えたチューリップの花が咲き始めました。
春になりましたね。一緒に生えているのは、雑草ではなく「謎の花」です。何の花かは見てのお楽しみ。1年生の皆さん、時間があったら、チューリップの様子を見がてら、水をやりに来てください。よろしくお願いします。

平成28年度修了式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
桜のつぼみが膨らみ穏やかな日となった今日、修了式がありました。
「日々の努力は、何かしらの形となって自分に返ってくる。」という校長の話の通り、子供たちの一年間の努力は成果となり、あゆみに表れているのだと思います。
それそれの学級の代表児童が壇上に上がり、そのあゆみと共に「修了証」を受け取りました。
全校の校歌の歌声は、今までよりも大きく美しく体育館に響いていました。

そのあと、春休みの過ごし方について生活指導の担当から話を聞き、それぞれ気持ちも引き締まったようでした。

気持ちのよい新年度が迎えられるように、次年度の準備をしっかりと行える春休みにしてほしいとと思います。

第77回卒業式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3月23日、卒業式が行われました。
晴天となり晴れの日に相応しい日和となりました。
歌のハーモニー、門出の言葉、在校生代表の5年生の演奏・・・
子供たちそれぞれが作り上げた式となりました。

子供たちは、次の未来へ向かって歩み始めました。
夢にむかって、努力を惜しまずに、これからも頑張ってほしいと思います。
よい門出となりました。

金管バンドの6年生 お疲れ様でした!

画像1 画像1
画像2 画像2
 3月12日(日)14:00より、平井東小学校の体育館は、コンサートホールへと変身しました。
 4〜6年生の有志で結成されている、金管バンドの「さよならコンサート」が開かれました。今回は、入部希望の3年生もダンスなどの応援部隊として、参加しました。
 各楽器の音色を紹介する短い曲や、各学年ごとで演奏される曲、演奏会やパレードで演奏した練習を積み重ねてきた曲、そして、初めて披露する新曲とバラエティあふれる楽しい演奏会でした。
 最後に、1年間バンドを引っ張ってきた、卒業する6年生からの言葉と、4,5年生からの感謝の贈り物がありました。バンドの切り盛りや演奏で中心的存在の6年生がいなくなるのはとても寂しいですが、想いを引き継いで、3、4、5年生が来年度がんばってくれることでしょう。
 素敵な音楽と、温かい拍手に包まれた、すてきな時間でした。

「東京大空襲の犠牲者追悼式」に代表児童が参加しました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月10日、東京大空襲の追悼式典が小松川さくらホールで行われました。地域の小学校が輪番で活動の取組みを報告しますが、今年度は本校の番。代表の6年生児童が2人、堂々とした態度で、学校の取組みと「平和への願い」を発表しました。

〇悲惨な時代を生き、今もなお懸命に生き続けている人たちのことを、私たちが次の世代の人々に伝え続け、戦争のことを忘れない、それが戦争や空襲でなくなった犠牲者の方をとむらうことになると思います。
 次は、私たちが戦争を伝えていく番です。

〇実際に戦争を体験した人は少なくなりましたが、その体験を、そしてその悲惨さを未来の人に伝えていくことが、今の私の使命だと強く思います。これから戦争や紛争のない平和な世の中を作っていくために、私たちは世界中の人たちと手を取り合い、平和への努力を続けていきたいと思います。
 みなさんは、今、「ダイヤモンド」と「平和」のどちらが欲しいですか。

 これらのメッセージは、会場の人々の心に強く響きました。11日の新聞各紙(東京都版)にも、その様子が紹介されました。

全校で「平和の大切さ」について考えました

 72年前の東京大空襲の日、この小松川平井地区は大きな被害を受け、700人もの人が亡くなりました。子供たちがこの事実を知り、後の世代にも伝えていくため、6日の朝に「平和を考える集会」を行いました。
 6年生児童の3人のおじいちゃんとおばあちゃんをお呼びして、校長がインタビューをする形で、「そかいの体験」や「食べ物で苦労したこと」また「空襲の恐ろしさ」などについて、お話をうかがいました。
 そのあと、教室で書いた手紙や感想の中から、いくつか紹介します。

○今日は、たくさんのお話を聞いて、びっくりしました。今は家族とすごせるのが当たり前だけど、戦争があると、家族で過ごせなくなることが分かりました。前は、何となく大変だと思ったけれど、戦争ってすごくつらいということが分かりました。(2年生)

○今日は戦争の時のことについて、いろいろと教えていただきありがとうございました。お姉さんといっしょに「えんこ疎開(そかい)」をして、「夜、お母さんのことを思って泣いた」と話してくださいましたが、私も、もしも、えんこ疎開をしたら泣いてしまうと思います。お母さんのことが大好きだからです。私は、戦争のないこの時代に生まれてこられて幸せです。これからは、戦争があったことを忘れずに生きていきます。(3年生)

○戦争についていろいろなお話をありがとうございました。戦争に行くお父さんのことが心に残りました。また、食べ物などはお金で買うのではなく、物々交換で手に入れることを初めて知りました。自分の遊ぶお金やお小遣いはもらえなかったことにも驚きました。このように、食べ物やお金など、戦争で苦しんだ人がたくさんいたんだなと思いました。
最後におっしゃった通り、「子供のうちにいろいろな思い出を作ろう」と思い、「親切でやさしい子になれるようにもっともっとがんばろう」と思います。戦争の苦労があったから、今の平和があることを知りました。今日は本当にありがとうございました。(4年生)

画像1 画像1 画像2 画像2

心温まる「6年生を送る会」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月2日(木)の3・4時間目に、6年生を送る会を行いました。
 4・5年生の代表委員の進行のもと、6年生に感謝とエールを送りました。
 各学年の出し物も、心に響くものがありました。送る会の最後は、6年生と歌う最後の全校合唱でした。

 体育館に素晴らしい歌声が響き渡る、心温まる送る会でした。

体育館に響いた先生たちの歌声

画像1 画像1
画像2 画像2
 2月23日朝、体育館に美しい歌声が響きわたりました。
 
 2月の音楽朝会では、子供たちに本物の音楽を…と思い、かねてからお世話になっているすくすくスクールの山本先生、ひまわり学級音楽講師の石井先生の美しい歌声を、全校児童で聴かせていただくことができました。山本先生の低く深い優しい声が体育館を包み込み、第一声から本校の体育館はコンサート会場へと変わりました。
 
 2曲目には、混声4重唱「花は咲く」を、3年担任の水野と音楽廣田が加わり、心をこめて演奏しました。
 さらに、アンコールには、石井先生の美しい声を聴かせていただくことができました。

 4人で気持ちを合わせた演奏は、全校児童に伝わり、全員合唱では、大きく自信をもった迫力のある歌声を体育館に響かせることができました。
 これから3月の6年生を送る会などで、各学年で歌声を披露することが楽しみになりました。大きな声で一生懸命歌う平井東小の子供たちの歌声を聴くと元気になります。

ありがとう給食 なかよし班活動

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
「6年生に感謝の気持ちを伝えられる楽しい時間にする」
「6年生を喜ばせ、『ありがとう』の気持ちを伝える」

5年生が書いた「ありがとう給食・なかよし班活動のめあて」です。なかよし班活動とは、1年生から6年生、ひまわり学級が縦割り班に分かれ、給食や遊びを通して、交流を図るという活動です。

普段は6年生が中心となり、班をまとめ、活動をしていますが、今日は5年生が中心となり、お世話になった分の「ありがとう」を伝える活動を計画しました。めあてに書いた通り、6年生に楽しんでもらおうと、一生懸命司会をし、遊びを進める5年生の姿はとても頼もしく見えました。

ありがとうの気持ちを精一杯伝え、笑い声が校内に響く、素敵な時間になりました。

2年生:生活科「明日へジャンプ!」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2年生は、生活科で「明日へジャンプ!」という自分の成長についての学習をしています。
 生まれたときの様子や小さいころの思い出など、それぞれの家庭でインタビューをして、絵と文章にまとめています。子どもたちは、まとめているときに、「こんなことがあったんだ。」「小さいころと好きなものが変わらないな。」と思ったことがあったようです。
 今日は、パソコンを使ってその表紙を作りました。
 完成が楽しみです。

中華料理の定番デザートの「ごま団子」でした。

画像1 画像1
☆献立名(2月21日)
・中華丼 ・海藻サラダ
・ごま団子 ・牛乳

 ごま団子はモチモチの生地とごまの香ばしさが特徴のお菓子です。あんこを白玉粉と豆腐を混ぜた生地で包み、周りにごまをまぶして揚げて作りました。給食室で初めて作りました。
 教室を回ると「これはデザートですか?」「中に何か入ってますか?」とごま団子を食べることが初めての子供たちが多かったです。食べると「おいしかった」「ごま団子が好き」「おかわりしたい」と好評でした。

もも太郎の「きびだんご」を食べました。

画像1 画像1 画像2 画像2
☆献立名(2月20日)
・ごはん ・ちりめんこんぶふりかけ
・ししゃものごまつけ焼き ・ひじきのマヨサラダ
・きびだんご汁 ・牛乳

 昔話のもも太郎に出てくる「きびだんご」を再現しました。「きび」は黄色い小さな粒の穀物です。給食室の「きびだんご」はきびと白玉粉とさつまいも、豆腐を混ぜて作りました。
 教室を回ると「もも太朗のきびだんご、早く食べたいです!」「きびが好きです」「きびだんご、おいしいです」など好評でした。

バレンタインは給食室からチョコのデザートが出ました。

画像1 画像1
☆献立名(2月14日)
・スパゲティナポリタン ・南瓜のコロコロスープ
・めっちゃチョコ ・牛乳

 バレンタインにちなんでチョコを使ったデザートを作りました。バター、卵、少しの小麦粉、オレンジリキュールを入れて、オーブンで焼きました。日本では女性から男性にチョコをあげる習慣がありますが、海外ではお世話になった人にお花やケーキなどを渡すそうです。
 教室を回ると子供たちは「めっちゃチョコ、おいしい」「表面がサクッとして中がしっとりしてる」「チョコが苦手だけど、とてもおいしかった」など好評でした。

ウィンタースクール、有終の美

画像1 画像1 画像2 画像2
雪の降り続くマイナス7℃の浅草山荘から、真っ青な空の平井に戻ってきました。

日曜日にも関わらず、たくさんの保護者の方々と職員に迎えられての帰校となりました。帰校式での態度もよく、充実した4日間を象徴するようでした。

卒業までの残り一か月の期間、この子供たちをしっかりと応援していきたいと思います。素晴らしいウィンタースクールでした。

最終日の朝となりました

画像1 画像1 画像2 画像2
昨日のスキーや盛り上がったお楽しみ会の疲れでしょうか、今朝は6時30分の起床にもまだまだ眠たそうな目をする子がたくさんいる朝でした。

窓の外では夜の間に降り積もった雪を、これからバスに乗る子供たちのために除雪する宿舎の方の姿がありました。

たくさんの方に支えられた3泊4日のウィンタースクールも、無事に帰校日を迎えました。
保護者の皆さまには、また、お迎えをよろしくお願いいたします。

スキーが上達しました

画像1 画像1 画像2 画像2
午前中とは打って変わって、晴れ間も見える最高の天気になりました。

午前に学んだことを生かし、どのグループでもみんな上達することができました。はじめは恐る恐る乗り降りしたリフトにも上手に乗ることができました。

初めてスキーをした子も多かったのですが、最高の思い出になりました。

ウインタースクール3日目「スキー教室」

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は1日中、スキー教室です。
今、午前中の活動が終わり昼食をいただいています。
昨日からの雪が降り続いていますが、吹雪くこともなく、気持ちよく滑ることができました。
午後もがんばります。

3日目は「白い朝」に

画像1 画像1 画像2 画像2
ウィンタースクールのメインとなる「スキー教室」の朝は、昨日とは一変した雪景色の朝となりました。

美味しい朝食を済ませて、大原スキー場に向かいます。楽しみな一日の始まりです。

ウッドバーニングに挑戦!

画像1 画像1 画像2 画像2
2日目の夜は「ウッドバーニング」でキーホルダーを作りました。
ウィンタースクールの思い出や好きな絵、言葉を電熱ペンでなぞり、ストラップを通して自分だけのキーホルダーが完成しました。

日中の雨も雪に変わりました。明日のスキー教室も楽しみです。

スキーの板慣れです

画像1 画像1 画像2 画像2
スキー板を片足ずつつけて、滑っています。少しずつ慣れてきました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

学校便り

HP掲載資料