日光林間学校の思い出 3日目

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
いよいよ日光林間学校最終日。
今日は東京に帰るため、自分たちが使った部屋を掃除したり、荷物をまとめたりと、朝から大忙しでした。

次の学校の人たちが気持ちよく過ごせるように、最初の時よりもキレイにして帰ろう!

特に気を付けてやったのは、「布団たたみ」でした。
ちゃんと決められた通りにたたんでしまわないと、全てやり直し。

先生たちの厳しい布団チェックに子ども達はドキドキ・・・。

それでも、あっさりとクリアーする部屋ばかりで、みんなとても慎重に片付けを行っていたようです。

時間通りに宿舎を出発し、「日光木彫りの里工芸センター」まで歩いていきました。

三猿、眠り猫、鳴き龍の3つのデザインの中から1つを選び、ひっかき刀という独特な形をした刃物を使って彫っていきました。

授業で彫刻刀を使ったことがあっても、日光彫りはやり方が少し違うので、最初はどの子も苦労していました。
次第にコツをつかみ、曲線もスムーズに掘り進められるようになっていきました。

わずか1時間半で全員が素敵なレリーフハンガーを完成させることが出来ました。
自分の力で彫った世界で1つしかない作品です。
いいお土産になりました。

そして、最後にお土産を買って東京に向かいました。

行きのバスと違い、帰りのバスの中はとても静か・・・。
3日間の林間学校で体力を使い果たした子が多かったようです。

大きな事故や怪我も無く、素敵な思い出をたくさんもって帰ってくることが出来ました。
そして、今の宿舎で行う日光林間学校もこれで最後。上小岩小学校の代表として、立派に最後の3日間を過ごすことが出来ました。

初めての宿泊行事は大成功!
みんなお疲れ様でした。

日光林間学校 無事終了。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31