日光林間学校の思い出 2日目

湯元の源泉 湯元の源泉 戦場ヶ原ハイキング 戦場ヶ原ハイキング キャンプファイヤー キャンプファイヤー
6時起きに慣れていない子が多かったようで、ゆっくりとしたペースで2日目がスタートしました。

今日のメインイベントは、大自然の中でのハイキング。湯元の源泉から戦場ヶ原を通り、赤沼までの約7kmを歩きました。

源泉では、ゆで卵のような硫黄のにおいをかぎ、湧き出ている温泉を触って温かさを感じ、10円玉を沈めて実験をしたりと、いろいろな経験をしました。

「10円玉を温泉に浸けるとどうなると思う?」

大きくなる?
小さくなる?
100円玉になる?

いろいろな予想を立ててやってみると、黒くなったり、ピカピカに輝いたりと、表面にわずかな変化が起こりました。
温泉の成分(硫黄)と10円玉(銅)が反応して、おもしろい結果を見せてくれました。

そして、戦場ヶ原のハイキング。
どこかに野生動物はいないかな〜と、周りをキョロキョロ見回しながら歩きましたが、残念ながら動物の姿をはっきりと確認することはできませんでした。
それでも、普段は歩くことのない山道をたくさん歩き、湯滝や戦場ヶ原などの大自然をたくさん経験することが出来ました。また、男体山の山頂まではっきりとその姿を見ることができてよかったです。

ハイキングの後に光徳牧場に移動し、アイスクリームを食べました。
「おいし〜い!」
と、全員がその味に感動していました。ハイキングで疲れた子ども達の体には、最高のご褒美だったようです。

夜はレク係が中心になり、キャンプファイヤーをやりました。
火の神様から「友情の火」、「思いやりの火」、「勇気の火」をもらい、それらが一つの大きな炎となって燃え上がりました。
火を囲んでみんなで踊ったり、歌ったりと、日光林間学校最後の夜を大いに楽しみました。

2日目も無事に終了。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31