1学期が終了しました。保護者・地域の皆様には、教育活動にご理解ご協力をいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

4年 着衣泳

7月12日(木)1、2時間目、4年生は着衣泳を行いました。

夏になると必ず水の事故が起きています。
楽しい水遊びも少し間違えると、大変な事故につながります。
水難事故の7割以上が服を着ているおきに起きています。
船堀小学校では、いざというとき、落ち着いて行動できるよう、着衣泳を実施しています。

昨年も体験した4年生ですが、改めて、服を着て泳ぐことの難しさを体感し、泳ぐよりもいかに体力を維持して浮いているかを考えました。

まず力を抜いて水に浮きます。服を着ていると意外と体が浮くことが分かりました。
顔を上げておくためには、上を向いて力を抜くこと。
ペットボトルを使うと楽に浮いていられることを学びました。

いざというときには、どんな小さなものでも使って浮くことが大切です。
ペットボトルだけではなく、ビニール袋や洋服に空気を入れても良いです。

1年に一度しかない着衣泳です。真剣に取り組むことができました。
今年も事故がないよう夏を過ごしてほしいと思います。

【写真上】着衣泳前の事前指導。真剣に話を聞いています。
【写真中】着衣のまま泳ぐことは難しいです。
【写真下】ペットボトルを使って浮く練習。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31