10月も半ばを過ぎ、子どもたちにとって学習や運動に落ち着いて取組める時季となりました。

平成25年度 修了式

24日(月)は、第126回卒業式でした。
春の暖かな日差しの中、江戸川区長 多田正見様のご臨席をいただき、116名の卒業を祝うことができました。

また、今日は、平成25年度修了式。
それぞれの学年の課程を修了したことを証する修了証を、各組代表児童に手渡しました。
どの代表児童も立派で、平成26年度での活躍に期待が持てました!

最後になりましたが、この一年間の保護者・地域の皆様方のご理解とご支援に感謝申し上げます!       ありがとうございました!!

【写真上】会場に一番乗りの1年生。この一年間で、一番の成長を遂げた学年かもしれません?!
【写真中】修了証授与。作法もしっかりと身に着けていた1年2組代表児童。
【写真下】代表児童の言葉。2年生の2名が、今年度の成果と次年度の希望を発表してくれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年 はじめてのそろばん

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3年生はそろばんの学習で、
扇谷珠算学院から、ゲストティーチャーとして、扇谷先生に来ていただきました。

初めてそろばんに触れる子も多く、とても楽しみにしていたようです。

まず、そろばんの持ち方、珠の入れ方・はじき方、計算の仕方を、
丁寧にユーモアを交えて、やさしく教えていただきました。

そろばん教室に通いたいという声も上がるくらい、子どもたちはそろばん好きになったようです。

卒業式まで あと5日!

3月も中旬となり、平成25年度も残り僅かとなり、学校にとって、最大の行事である『卒業式』が迫ってきました。
そうした中、6年生の卒業式練習も仕上げの段階に入りました。式場への入退場練習、証書授与時の作法練習、旅立ちの言葉や式歌の練習等々と盛り沢山の中を、さすが6年生。 粛々とこなしていました。
        
     そんな6年生だからこそ、新校舎で卒業させたかった…。



画像1 画像1

お別れ球技大会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3月10日(月)、5・6年生による「お別れ球技大会」が行われました。今年初めて開催するイベントだったのですが、たいへん盛り上がり、6年生にとってはまた一つ思い出が増えたことと思います。

結果は・・・。 やはり6年生。ベスト4には、1組が2チーム、2組と3組が1チームずつ残り、結局6年1組Aチームが優勝しました。

そして、最後のお楽しみは優勝チームと教員チームによるエキジビションマッチ。教員チームは相変わらず勝ちを譲ることなく、圧勝しました。どこからともなく聞こえてくる声。「大人げなーい。」

(写真 上) 体育館での開会式の様子。みんなのやる気を感じます。
(写真 中) 試合の様子。5年生対6年生。意地のぶつかり合いです。
(写真 下) 体育館だけでなく、校庭でも試合を行いました。

6年生を送る会 パート4

いよいよホームページの「6年生を送る会」シリーズも最後のパート4です。卒業式は、3月24日ですが、1〜4年生は卒業式には参列しないので、これが一つの区切りとなります。6年生を見る眼差しも真剣そのものです。

(写真 上)6年生から5年生へのバトンの引き継ぎです。さあ5年生、今の6年
       生から多くのことを学んだはず。次はあなたたちの番です。
(写真 中)6年生の『八木節』。迫力満点です。ずんずんおなかに響いてきまし
       た。そのあとの合唱では、ウルウルしました。
(写真 下)6年生が退場です。みんな晴れ晴れとしたいい笑顔でした。

送る会が終わったとしても、6年生がすぐにいなくなるわけではありません、これからも、たくさん思い出を作ってほしいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生を送る会 パート3

今度は、船堀小学校「6年生を送る会」伝統の『6年生にチャレンジ』です。フラフープ・クイズ・綱引きと、6年生のすごいところが満載です。ところが・・・。

(写真 上)1・2年生とのフラフープ対決。1・2年生も上手でしたが、
       さすがは6年生。いったいいつまで続くのかと思ってしまい
       ました。
(写真 中)3・4年生とのクイズ対決を終えて、今度は5年生との綱引き
       対決。6年生の圧勝でした。これで終わっておけばよかった
       のですが・・・
(写真 下)なぜか先生方の闘志に火がついたのか? 最後はこれも伝統の
      「6年生対先生」による綱引き対決。人生の厳しさを教えてしまいま
       した。「大人げなーい」というブーイングもちらほら。

※パート4へ続く
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生を送る会 パート2

次は、3年生から5年生の出し物です。笑いあり、涙あり? というように盛りだくさんです。さすが船堀小学校!! どの学年も素晴らしい工夫です。

(写真 上)えっ、6年生? いやいや3年生が運動会の6年生の組体操を再現
       しています。それにしても、見事です。
(写真 中)どこかで見たことのある赤いベレー帽。今度は4年生が学習作品展
       の6年生のギャラリートークの再現です。
(写真 下)5年生は心をこめて、「友達はいいものだ(替え歌バージョン)」
       を歌いました。6年生に続けー!

※パート3に続く
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生を送る会 パート1

今日(3月7日)の3校時、「6年生を送る会」が行われました。
1〜5年生の6年生への感謝の気持ちが素直に表現された素晴らしい会でした。また、6年生の下級生への温かい眼差しは、さすが最高学年という言葉がぴったりです。

(写真 上)まずは、「幕開け太鼓」からスタートです。
(写真 中)1年生の出し物。6年生への感謝の気持ちがあふれていました。
(写真 下)2年生からのプレゼント。制服をかける約束をしました。

※パート2に続く。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

東京都公立学校美術展覧会

画像1 画像1 画像2 画像2
全校朝会で、東京都公立学校美術展覧会の出品者の表彰を行いました。
図画工作、家庭、書写の各教科代表として3名の6年生が受賞しました。

図画工作担当として、上野にある東京都美術館に見に行ったのですが、とても立派に飾られていました。
展示期間中は大雪のため、会場まで足を運べたかわかりませんが、展示された子どもたちには自信をもって今後の活動に繋げてほしいです。

3年 消防署見学

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3年生は、2月21日(金)に葛西消防署・船堀出張所へ見学に行きました。

社会科では「人々の安全を守る仕事」について学習しています。
安全を守る仕事の一つとして、消防署の仕事について学んできました。

船堀小学校から歩いて15分のところに、葛西消防署・船堀出張所があります。
まず、目に飛び込んでくるのは真っ赤な「消防車」です。
イギリスで赤い消防車が使われていたことから、日本でも赤い消防車が主流となっているそうです。

消防車には3種類のホースが積まれ、それぞれ目的に合わせて使い方が異なります。
また、消防車に積まれているはしごはボタンで自動に動き、建物の3階まで上ることができます。
救助の際に障害物を取り除くために使うエンジンカッターもありました。

消防士さんは、119番通報から出動命令が出た後、出動するまでに1分たらずで消防車に乗るそうです。
その着替える姿を見せていただいた子どもたちは、目をキラキラさせながら口々に
「速い!」と言っていました。

江戸川区で発生する火事の多くは放火です。
子どもたちなりに、火事の怖さを考えながら、自分に何ができるのか考え、見学していたように思います。

二分の一成人式(4年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2月27日(木)二分の一成人式が行われました。
10年間の感謝を込めて、子どもたちは保護者の方々を精一杯おもてなししました。
手紙交換の場面では至る所で涙を浮かべる姿が・・・
それそれの家庭のかけがえのない10年間、
お互いの想いを素直に交換し合えた、感動的な瞬間になったようです。
新たに踏み出す10年間、今日の日を忘れずに家族の絆を深めていってほしいと思います。

パナソニック出前授業(4年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2月13日、船堀小学校にパナソニック出前授業「あかりのエコ教室」がやってきました。お家で使われている3種類の電球(白熱電球・蛍光灯・LED)を使って、エコとは・省エネとはどういうことかを知る授業です。手回し発電機で電球に光を灯し、3種類の電球の違いを比べ、考察していきました。学んだことを活かし、4年生は自分にできる省エネを考えてチャレンジしています。

クラブ発表会2

太鼓クラブ
ダンスクラブ
画像1 画像1 画像2 画像2

クラブ発表会

 2月13日(木)本日の中休みは、クラブ発表会がありました。発表をしたのは、ダンスクラブ、リズムバトンクラブ、太鼓クラブ、合唱クラブの4つです。どのクラブのこの日に向けて練習を重ねていました。当日の熱のこもった演出に、鑑賞する子どもたちの顔には、驚きや感動にあふれていました。
 発表した4つのクラブの子どもたちに拍手です。

リズムバトンクラブ
合唱クラブ
画像1 画像1 画像2 画像2

1年生学年行事

 今日2月12日は1年生の学年委員さんの企画で、子どもの安全教育グループ(ACE)の方々による授業をしていただきました。授業のテーマは「安全な登下校」です。「不審者とはどんな人?」、「はちみつじまん」、「不審者に誘われたらどうする?」、「実際に襲われた時の身の守り方」など、たいへん実用的な内容を、ロールプレイングなどの体験を通して勉強しました。
 最近のニュースなどをみても、不安の高まるときであることもあり、子どもたちや保護者の方々、教師までも真剣なまなざしで話に聞き入っていました。
 ロールプレイングの時には、教えてもらった方法をさまざまに駆使しながら逃げる子どもたちの姿や、犯人になりきって本気で追いかける保護者や教師の姿が見られるなど、活気があり、たいへんためになる授業になりました。
 子どもたちが生活するうえで、何よりも大切な学習は、「命についての学び」だと思います。自分の命が脅かされたときに、自分で自分の命を守ることのできる知識と技能を学ぶことのできる機会を、これからも学校や家庭で大切にしていかなくてはならないと感じました。
 授業をしてくださった子どもの安全教育グループ(ACE)の方々、そして企画・運営をしてくださったPTA・学年委員の皆様、本日は貴重な学習の時間をありがとうございました。
画像1 画像1 画像2 画像2

3年 名主屋敷見学

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
3年生は、1月29日(水)に一之江名主屋敷の見学に行きました。

3学期の社会科では、「昔のくらし」について学習をしています。
教科書の写真だけではわかり難いですが、江戸川区には近くで「昔のくらし」を見ることができる屋敷があります。

船堀駅から電車に乗って瑞江駅まで行き、そこから歩いて20分足らずで、一之江名主屋敷に到着です。
そこには、名主であった田島家が建てた屋敷が、人々の努力によって現在に受け継がれています。

屋敷の前に行くと、目の前には大きな「長屋門」があります。
広い屋敷林に囲まれた敷地内には、かやぶき屋根が目を引く「主屋」があります。
主屋の前には庭や畑があり、とても大きな屋敷です。

長屋門をくぐって中に入ると、管理人さんたちが出迎えてくれて、実際にどのような暮らしをしているのか、紹介してくれました。

主屋では、まず、土間に置いてある農作業の道具について教えていただきました。
脱穀、精米などの作業で使う道具や、縄ないについてのお話などをしていただきました。

板の間に上がると、囲炉裏を囲んで「火吹き竹」で火をおこす体験もさせていただきました。
自在かぎ、箱膳といったものを使った、昔の食事の方法も知ることができました。

こんな近くに、古い屋敷があることにも驚いていましたが、400年も前の建物を維持していることに、とても驚いているようでした。

4年 研究授業

画像1 画像1 画像2 画像2
 1月24日(金)5校時に4年3組で理科の研究授業が行われました。単元は「季節と生き物(冬)」です。
 身近な動物や植物が冬になってどのように変わったかを予想して、公園に観察に行きました。本時では、観察した結果をもとに、冬の動物や植物についての考察をしました。子どもたちは、公園で記録した写真を見ながら、自分の考えをまとめて発表していました。
 
 今回の単元で担当した理科専科の中嶋先生には、4年生は2学期に入ってから理科室の使い方に始まり実験などでお世話になっています。5年生になったら本格的に理科を教えてもらいます。楽しみですね。

5年 美しい日本語の話し方教室に参加!

1月23日、5年生は
「美しい日本語の話し方」について
勉強をしました。

講師は劇団四季の俳優さんたちです。

俳優さんたちのよく通る元気な声に
子ども達はびっくり!

日本語を正しく、美しく話すための母音法
を学んだあとは、
ファミリーミュージカルの
テーマ曲を使って、
「思いやり」や「友情」の大切さ
考えました。

今までとは一味違う
5年生の挨拶を期待しています!


画像1 画像1

『朝読書(読み聞かせ)』 − おはなしボランティア!

画像1 画像1
学校応援団の一つである『船堀小学校 おはなしボランティア』の皆様には、年間を通して子どもたちのために活動をしていただいています。

朝の忙しい中をあえて子どものために時間を割くことで、
       凝縮された栄養価の高い「心の糧」を届けていただいているのです。
  しかも、子どもの心に灯りを点すだけではなく、
            寒さ厳しい冬には、とりわけぬくもりも運んできてくれます。

子どもの心を育てていくこと。
         教師だから  親だから  ・・・ではなく 
                    大人として   大切なことですよね!


今日、1月21日(火)は、1・3・4年で読み語りが行われました。今週の23日(木)は、教員による出張読み聞かせ。私は、2年1組に出向きます!
【写真上】1年1組:どの子も、目と心は絵本にくぎ付け。
【写真下】1年2組:お礼の挨拶には、自然と感謝の拍手が生まれます。


画像2 画像2

授業へGo!

本当に久々の『授業へGo!』です。
校長として、日々の授業の状況や子どもの学びの実態を把握するのは重要なこと。学力向上を目指して、教員の授業力を高めていくことは、或いは、子どもの学力の方向性を定めていくことは、学校経営の主たる目標であり、校長の責任でもあるのです。

3学期の授業参観は先週から始めていて、既に14学級をまわりました。
今日は、2年2・3組と4年3組。どの学級の子どもたちも、「あっ、校長先生!」と笑顔で迎えてくれます。勿論、授業の邪魔をしないように控えめに入室するのですが…。
入室した瞬間、凛とした学びの空気が感じられる学級が多々あることを喜んでいます。今回は、特に低学年においても知的な学びのある授業の展開を教員に求めています。

今回の2年生は、国語。
   単元名:「じゅんじょに気をつけて読む」
   教材名:「きつつき」
本単元は、おもちゃを創るという活動で意欲付けを図りながら、番号や順序を表す言葉を手掛かりに、正しく文章を読み取る力を育んでいきます。説明文を読み取る力の基礎を育んでいく単元です。


【写真上】2年2組:子どもたちの意見交換に重点を置いた授業でした。不要な発言の無い、密度の濃い活発な話し合いでした!
【写真下】2年3組:読み取ったことをもとに、コイルばねを取り付けていきます。この活動を通じて、説明文を書く上ではどのような内容の記述が不可欠なのかを活動を通して実感します。
画像1 画像1
画像2 画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31