12月。師走を迎え、2学期も残り3週間余り。学習・生活のまとめに全力投球です!

平成24年度を終えるにあたって・・・

今日は、3月29日。  平成24年度の最後の日です。
『夢や希望を育てる 学び舎としての「楽校(がっこう)」』を掲げ、仮設校舎生活の中、様々な工夫を加えながらの教育活動でした。この一年間、これらの教育活動にお寄せいただきました保護者・地域の皆様のご理解とご支援に、心より感謝申し上げます。
            あ り が と う ご ざ い ま し た !


【写真上】校舎改築:西側校舎(基礎・地中梁配筋)
【写真中】校長執務机上のミッキーさん(本当に「感謝」の気持ちで一杯です)
【写真下】校舎改築:東側校舎(基礎・地中梁配筋型枠)
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

スポーツ公園での体育授業(3年生)

3月15日(金)3年生は保護者の方々に引率をお願いして、船堀スポーツ公園にて体育の授業を行ってきました。
久しぶりに広いスペースでの体育、子どもたちはのびのびと体を動かすことができました。天気も良く、緑に囲まれたなかでの体育は、とても気持ちが良かったです。
ご多忙の中、引率をしてくださった保護者の方々、本当に有難うございました。
来年度も宜しくお願い致します。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今年度最後の避難訓練!

画像1 画像1
今日は、3月11日

   ・・・そうです、東日本大震災から2年が経ったのです・・・

全校朝会では、亡くなられた方々への哀悼の意を表するために黙祷を行いました。被災地の復興に向けて自分達にできることは何か、或いは、震災に備えて取るべき行動とは何かについて考えることの大切さについても話をしました。

また、今年度最後の避難訓練を11時35分から行いました。担任がいない場合を想定し、教員を職員室に呼び戻して(実は、廊下に待機し子どもの訓練状況の把握を行っていたのです)の実施でした。
昨年度、本校の避難訓練の様子は新聞やテレビでも取り上げられたり、東京都教育委員会発行の『3.11を忘れない』(防災教育補助資料)にも掲載されたりしました。それは、『自分の身(命)は、自分で守る』を掲げ、何時・如何なる所でも最善の行動ができる子どもの育成を目指してきたことの結果です。
防災教育に、終わりはありません。来年度も、様々な状況を想定しての避難訓練を計画し、行っていきたいと思います。

【写真上】緊急地震速報を聞き、すぐに机の下にもぐる2年生
【写真下】もぐった子どもは、こんな姿勢です(机の足をしっかりと持ちます)
画像2 画像2

校舎改築工事

前回の「校舎改築工事」ニュースは、1月23日でした。その後の工事の進展とともに、学校にとっては嬉しいことがありましたのでご紹介します。

先ず、工事の進捗状況ですが、
【写真上】校舎西側(児童用玄関、普通教室等):基礎杭頭補強筋溶接工事、配筋検査等
【写真中】校舎東側(玄関、2階プール等):配筋検査、基礎・地中梁配筋工事等
が行われています。まだまだ、1階部分さえできていないので完成時期が心配です。「何かお手伝いを!」と思うのですが・・・。(何もできませんね)

嬉しいことというのは、船堀街道沿いの旧正門北側にあったバイク屋さんとお蕎麦屋さんの建物跡地が、学校の敷地として編入されることになりました。校庭西側土地の買収に続き、また少し学校敷地が広くなります。
【写真下】歩道橋から見たかつてのバイク屋さん(建物左)とお蕎麦屋さん(建物右)。今月中に解体工事が終わります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3月3日 雛祭り

3月に入りました。
学校にとっては、平成24年度の最後の月であり、重要な行事である卒業証書授与式や修了式があります。
そんな3月の3日は、五節句の一つである「桃の節句」、雛祭りの日です。
はっきりとはしないものの平安時代から伝わったとされ、時代とともに形を変えながら現在のように雛人形を飾って、女子の健やかな成長を願う伝統行事となりました。
校長室でも、船堀小学校の女の子の健やかな成長を願って、折り紙で作った雛人形と手作りの雛人形を飾りました。


画像1 画像1

船堀小 エコ活動大作戦!!

船堀小学校で取り組んでいるエコ活動について代表委員がパネルにまとめました。これからも引き続き取り組んでいきたいこととしてもう一度、各学級を回って呼びかけました。
一人ひとりが意識して、環境にやさしい船堀小でありたいですね。

画像1 画像1
画像2 画像2

4年生〜パナソニック「あかりのエコ教室」〜

パナソニック「あかりのエコ教室」

実験を通じて楽しく理解!
電気を自分で発電!
あかりのエコ!

手回し発電機を使い
白熱電球、蛍光灯、LDEの発熱量と明るさを比べました。

こんなにLEDは小さいんだ!
白熱電球はたくさんの熱を使っているから、熱い!

多くのことを学ぶことができました。

1週間、エコチャレンジにも挑戦しました。

限りある、エネルギーを大事に使おうと思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

なかよし班遊び大会

今年度、最後のなかよし班活動が行われました。全校遠足から始まり、たくさんの遊びを通して、それぞれの班の仲を深めてきました。

今まで6年生の班長が中心となり、行ってきた活動ですが、今回は6年生をサポートし、支えてきた5年生が中心になって遊び大会を企画しました。当日までたくさんの準備を重ねてきた5年生のおかげで、物あてゲーム、メンコチャンピョン、ボーリング、まとあて、カーリングゴルフ、障害物PKなど、全6ゲームを楽しむことができました。

閉会式では、「最後のなかよし班活動」という言葉を聞いた下学年から、「えっ!もう最後なの?」とさみしそうな言葉ももれました。

来週金曜日、今までお世話になった6年生とのお別れ給食があります。
たくさんの思い出を作ってきたなかよし班ですてきな締めくくりができるといいですね。

画像1 画像1 画像2 画像2

消防署見学3年生

2月19日(火)、葛西消防署船堀出張所の見学に行ってきました。
出動の様子や、出動時以外の勤務の様子、そして様々な設備について見せて頂きました。
出動時の装備を体験させてもらった児童は、その重さにびっくりしていました。
なんと、30〜40キログラムあるそうです。
また、救急車の稼働率についても説明があり、あまりの出動の多さに最近は連絡を受けてから現場に行くまでに10分もかかってしまうこともあるとのことでした。
本当に必用な人がすぐに使えるように、みんなで助け合う意識も必要だと感じたお話でした。
職員の方々には、たくさんの質問にもご丁寧にお応えいただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。
雪が降るほどの寒さの中、子どもたちの安全のために引率して頂いた保護者の方々、本当にありがとうございました。

今回の見学を通して、子どもたちの防災への意識が少しでも高まるよう、学びをまとめていきたいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年生〜二分の一成人式〜

2月14日 木曜日

船堀小学校の4年生は

待ちに待った

「二分の一成人式の日」

今まで約10年間、育てていただいた両親、家族、地域の方々へ
感謝の気持ちと未来にむかっての夢を伝えあう大事な日となりました。

プログラムはこの通り

1.カーニバル〜皆さまに届ける贈りもの〜(物づくりグループ)
2.思い出のアルバムTIME GO(声グループ)
3.和と洋のオーケストラ〜FBO31〜(音グループ)
4.Let's!体スリーパフォーマンス(体グループ)
5.親子でジャンプ
6.感謝を込めて
7.歌「スマイルアゲイン」
8.保護者より「世界に一つだけの花」
9.終わりの言葉



はじめは、胸がはち切れそうに緊張しましたが
だんだんと楽しさに変わり
他のグループの出し物も楽しみながら見ることができました。

一生懸命書いた、手紙も渡しました。
届いたかな?感謝の気持ち。

最後は、保護者のみなさんが
「世界に一つだけの花」の歌をプレゼントしてくれました。
とてもうれしかったです。



今まで育ててきてくれて、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


来て下さった保護者の方、どうもありがとうございました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

巨大すごろく大会

木曜日といえば児童集会の日です。
今回は、2月7日に4・5・6年生、2月14日に1・2・3年生で学年対抗巨大すごろく大会をしました!

巨大なサイコロを見ただけで「わあ!」という声があがり、わくわくしている子どもたちでした。

すごろくのコマになるのは、各学年代表の先生方。
中には変装(?)までして、盛り上げてくださる先生もいました。
クラスごとに巨大なサイコロを転がし、出た数のマスだけ進んでいきました。

気になる結果はというと…

4・5・6年生では、4年生が1位でゴール!!

1・2・3年生では、3年生が1位でゴールしました!!

いよいよ残るゲーム集会もあと1回。
最後まで皆に楽しんでもらえるように、集会委員全員で頑張りたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2

明日は土曜授業

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒さが厳しく首都圏での降雪も予報されているところです。大人は、雪の影響による交通機関の混乱を心配するのですが、やはり子どもは雪は大好きで、それなりに雪が積もれば雪合戦や雪遊びをしたいと願っているようです。今後も雪が積もるような日があれば、1月15日のように積雪による路面凍結で子どもが転んでけがをすることがないよう、教職員による雪かき作業の体制をとって安全確保に努めたいと思っています。
さて、明日9日(土)は、今年度最後の土曜授業です。各学年・学級からの授業予定通知をご覧になって、ご参観いただければと思います。(1階職員室前ホールでは、区書き初め展出展作品の展示を行っています)お待ちしております。

【写真左】区展入選作品
【写真右】区展出展作品
画像1 画像1 画像2 画像2

校外学習(3年生)

2月5日(火)一之江名主屋敷を見学してきました。
一之江名主屋敷は、江戸時代のはじめに新田を開いた田島家の屋敷です。
屋敷林や堀をめぐらした屋敷構えは、創建当初のようすを伝えています。
昔の道具について、授業で下調べをしたうえでの見学でした。
囲炉裏からあふれてくる煙、屋内の暗さ、寒さ、
本やインターネットでは分からない貴重な体験でした。
きっと、当時の人々の暮らしに想いを馳せたことでしょう。
明日からは、今日調べたことを新聞にまとめていきます。
寒い中、子どもたちの安全のために引率して頂いた保護者の方々、
本当にありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年生〜スポーツ授業〜

1月29日にスポーツ授業がありました。


ダンスを教えてくれたのは、ななななんと


キョンシー!!!!!!!!!

速いテンポに合わせ、体全体を使い、Let'dancing♪♪


バランス感覚も大事!

右左上下も間違えないように!

はいッ!ポーズ!


とっても楽しくダンスができました♪♪
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

2月1日の給食

画像1 画像1
 今日は立春です。暦の上では「春」ですが、まだまだ寒い日が続きます。しっかり食べて、かぜやインフルエンザにかからないように気をつけましょう。
 昨日は節分でした。節分とは立春の前日のことで“季節を分ける”という意味があります。豆まききをしたり、恵方巻きやいわしを食べるなど、食べ物を使った行事もいろいろ行われます。
 給食でも一足早く、大豆といわしを使った、節分の行事給食を食べました。
 ランチルーム前には、魔除けのひいらぎと豆がらを飾りました。子供たちは、節分集会でも紹介されてたひいらぎを興味深そうに見ていました。

  2月1日の献立
   青大豆炒り五目ごはん・いわしの揚げ漬け・三色和え・みそ汁・りんご

節分−校長室編

2月3日の「節分」が近づいてきました。
もともとは、季節の分かれ目をさす「節分」ですが、立春の前日に豆をまく「豆まき」は、平安時代に中国から伝わった「追儺(ついな)」という風習によるものだそうです。
昨日、児童集会で「節分集会」が行われましたが、校長室では先週から節分の飾り付けを行っていました。お気に入りのミッキーとくまのプーさんに、赤鬼・青鬼のお面をつけ飾っていました。どちらも愛らしいので、怖い鬼といった印象はありません。

【写真】校長室ドアに飾った、青鬼のミッキーと赤鬼のプーさん。
画像1 画像1

節分集会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
早いもので、今日から2月です。2月といえば節分。
節分といえば………豆まき!

一足早く船堀小学校では、節分集会を行いました。


鬼を追い払うために、各クラスから代表を1名出してもらって
鬼と豆つかみ対決をしました。
1回戦目は1,2,3年生のクラス代表対鬼の対決でした。【写真左】
結果は…1,2,3年生の代表者の勝ちでした!


2回戦目は4,5,6年生のクラス代表対鬼の対決でした。【写真中】
結果は…4,5,6年生の代表者の勝ちでした!


最後に船堀小学校のみんなで鬼を追い払いました。【写真右】







2年生生活科「昔遊びを教えよう」

2年生は、昨年名人さんから教えてもらった昔遊びを今度は1年生に教えようと、準備をし、今日の2時間目に一年生を招待しました。


けん玉、こま、かるた、お手玉、かんぽっくり、おはじき、あやとり、長なわ、わらべ歌、竹トンボ、だるま落とし、ゴムだんのグループに分かれて、体育館、多目的室、校庭を使って一年生に教えました。



最初は、一年生の前で挨拶。【写真上】
ちょっぴり恥ずかしながらも、しっかりと挨拶ができました。

挨拶が終わったら、一緒に昔遊びにチャレンジ!
「ここをこうやるとね・・・」と一生懸命一年生にコツを教えました。【写真中】

途中には、校長先生もいらっしゃって、一緒に楽しんでくださっていました。【写真下】



帰りには、一年生にお礼のお手紙をさっそくもらい、喜んでいる2年生でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

読書科−「出張読み聞かせ」編

今年度から始まった、文部科学省教育課程特例指定「読書科」。
平成26年度から本格実施とされている中、本校では、朝読書(読書に親しむ時間)に28時間/年、読書活動(読書から学ぶ時間)に7時間/年の、年間35時間の計画で、今年度から既に本実施として取り組んできました。

その朝読書の一つとして、子どもに読書の喜びを味わわせ、読書に興味を持たせるための活動の一環として、「読み聞かせ」を行っています。この読み聞かせには、保護者(読書)ボランティアによるもの、教職員による(出張読み聞かせ)もの、図書委員会による(読み聞かせ集会)ものと、3種類あります。

今日は1月の教職員による「出張読み聞かせ」を行いました。それぞれの教職員が、自己の思いを込めて選書し、任意に割り振られた学級での出張読み聞かせに出掛けます。読み手(教職員)にとっては子どもとの出会いがあり、子どもにとっては読み手と本との二重の出会いがあるのが、この出張読み聞かせ。船堀小学校では、そうした出会いを経験させる中で、本好きな子どもを育てていこうとしているのです。担任や専科だけではなく、私(校長)、そして副校長にも参加させることで全校体制で読書科に取り組んでいます。

【写真上】4年3組:『光の旅 かげの旅』(評論社:アン ジョナス作)。私の選書テーマは、「さかさまにする本」。本を逆さまにすると、今まで見てきた風景がガラリと変わります。(エッシャーの作品だけでなく)視覚的な面白さを味わうことができる絵本を紹介することで、中学年の子どもに選書の幅を拡げられたらなと願って選びました。
【写真中】3年4組:『わらしべ長者』(読み手:副校長)読み終わった後に子どもたちに聞いてみました。「運が良かっただけかな?」すかさず「優しい心の持ち主だったから」と声が返ってきました。・・・う〜ん?! 本質を捉えていました!
【写真下】6年3組:『ボノロン とおせんぼの木の巻』(北原星望原作、読み手:川瀬教諭)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

授業へGo!−5

多くの授業は、教科書や副読本を使って行うことが多いのですが、時には教師自らが選んだ本を用いて授業する場合があります。今回も、4年2組(1月18日)の授業と同じように、教師自らが授業のねらいに沿った絵本を選んでの授業でした。

3年1組、道徳。主題名は、『ともだちおまじない』です。ともだちおまじないを考えることによって、友達の大切さについて改めて感じさせることがねらいです。この授業で用いた絵本は、
  『ともだちおまじない』(偕成社:内田麟太郎 文  降矢 なな 絵)
友達と仲良くする時、友達とケンカした時、等々に使うおまじない。絵本に描かれたシーンに思いを馳せながら、五七五のリズムに乗って考えていきました。
最後は、「すてきなともだち」の歌を全員で合唱して終わりました。
       本当に 本当に 素敵な子どもたちでした!!
    
子どもたちの作った 3年1組のオリジナルおまじない。  ・・・楽しみですね!

    (私も 子どもと一緒に 作ってみました・・・
           「ごめんね」と  言えたらすぐに  なかなおり )
画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31