校内研究

平成30年度 校内研究実施計画

「主体的・対話的で深い学び」を実現するための各教科の指導の充実

【研究のねらい】
・各教科で言語活動を充実させ、生徒の思考力・判断力・表現力を向上させる。
・ICT機器の効果的な活用。
・QUの結果を活用し、学級経営に活かす。
・特別支援教育について理解を深める。
・「主体的・対話的で深い学び」の視点を活かした指導方法の習得。

【予想される研究成果】
・各教科で「主体的・対話的で深い学び」を主とした授業を実施することで、言語活動をさらに充実させる。
・主体的な学びに重点を置くことにより、生徒の学力向上が見込まれる。
・教職員が、ICT機器を効果的に利用することにより、生徒の学びの質が向上する。
・QUを活用し、特別支援教育に対する理解を深め、全校体制で生徒のニーズに応じた指導ができる。