校長挨拶

岩野校長2017

ようこそ、小岩第一中学校のホームページへ!

 平成25年4月1日付で本校に着任いたしました、第21代校長の 岩野 康之 と申します。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 歴代校長の後を受け、伝統校である本校に着任できたことはとても光栄だと思っております。

 本校は、昭和22年4月1日、新制中学校として小岩小学校内に併設し開校されました。
その後、昭和24年11月26日に現在の場所に完成し、落成式が挙行されました。この11月26日を開校記念日と制定いたしました。
開校以来変わらぬ標準服(男子学ラン、女子セーラー服)校章、校歌、そして教育目標に象徴されるとおり歴史と伝統ある地域
に根ざした学校です。卒業生は14,000名を超え、各界でご活躍のかたも多く、保護者の方々の中にも本校の卒業生が多々いらっ
しゃるとお聞きしております。
 校章の校名を囲むデザインは「月桂樹」の葉です。月桂樹の葉の冠は、古代ギリシャで競技の勝利者にかぶせ、名誉・栄光の
しるしとされたことから採択されました。
 現在も生徒達は教育目標である「自主」「責任」「心身の健康」のもと、校内外では元気ある挨拶が飛び交い、活気に満ち溢れ
ると同時に秩序があり、日々の学習や部活動に一所懸命に取り組んでいます。
 教職員一同初心に返り全力で取り組んで参ります。今後とも本校の教育活動一層の推進のため、ご理解とご協力を賜りますよう
切にお願い申し上げます。


(平成29年4月号「学校だより」)
「平成29年度スタート!! 開校70周年!!」
 桜の開花とともに、141名の新入生が入学し、4学級となりました。
新2年生4学級、新3年生4学級の合計12学級、生徒総数443名で平成29年度のスタートを切りました。
本年度は、多くの教職員の異動がありました。気持ち新たに、教育活動一層の発展のために全教職員が英知を結集させ、

「すべて子どもたちの将来の幸せのために」
「すべて子どもたちの将来の幸せのために」

のキーワードを継続し、チーム岩一としての教師力・学校力を高め、全力で職務に邁進していく所存です。
保護者・地域の皆様、本年度もご理解、ご支援そしてお力添えを切にお願い申し上げます。
 4月6日の始業式、7日の入学式では生徒達に以下の3つの話をしました。

1.学校は学びの場である。しっかり学習に取り組み、学力を向上させよう。
自ら進んで学びに向かう意欲を出し、学んで身についた力を高めていこう。「継続は力なり」

2.豊かな心をもった人間になろう。豊かな心とは、美しいものには素直に感動し、
常に生きることの喜びと感謝の気持ちに満ち、明るく前向きにたくましく生き抜こうとする心。
また、自分を大切にすると同時に他人を敬い、理解し、思いやる心でもあること。いじめは社会問題。
本校は絶対にいじめがなく、そして暴力・暴言のない安全で安心な学校にしよう。

3.体力を一層向上させよう。東京オリンピック・パラリンピック教育に、そして一人一人が積極的に
運動に取り組み、体力の向上と健やかな身体をつくろう。

 そして小岩第一中学校の「一」は小岩地区で一番はじめの学校の「一」でなくナンバー1の「一」。
何事に関しても江戸川区ナンバー1の生徒・学校を目指そう。

(掲載:平成29年4月10日)

平成29年度 学校経営計画

平成29年度学校経営計画