教育方針

教育目標

都の教育目標である「思いやりと規範意識のある人間」「社会に貢献しようとする人間」「個性と創造力豊かな人間」の育成、区の教育目標である、「人権尊重の精神の育成」「健全育成活動の推進」「学校教育の充実」の実現を目指し、生涯を通じて人間性豊かで困難を解決でき、地域及び将来の日本を担う人間を育てるために、次の目標を設定した。

  • 自ら学んで、自己を高める生徒
  • 人を大切にして、共に生きる生徒
  • 心身が健やかで、活力のある生徒

教育目標を達成するための基本方針

  • 各教科において基礎的・基本的事項の定着を重点課題とし、また言語活動の充実とICTの有効な活用を推進し、指導法及び評価法の改善を図り、自ら学ぶ意欲や態度と主体的に問題解決できる能力を育成する。また、朝読書を日課に位置付け、全校体制で読書活動を推進する。
  • 「総合的な学習の時間」における、地域の職業調べ・職業体験やボランティア活動などの体験活動を通して、主体的に判断しよりよく問題解決できる能力を育成する。
  • すべての教育活動の中で、特に道徳の時間や生徒会活動などの特別活動を通して、人権尊重の精神を培い、心の教育の充実を図る。
  • スクールカウンセラー、ステップサポーターと連携し、不登校生徒への支援や学校生活での悩みごとなどの相談を組織的に行い、心身共に調和のとれた生徒を育てる。
  • 保護者、地域との連携した活動を通して、地域社会の一員として自主的 に取り組める生徒を育てる。また、ふれあいセンターとの交流行事を通し て、心豊かな生徒を育てる。
  • 保健体育の授業、食に関する指導や学級活動を通して体力の向上、健康の保持増進を目指し、生活習慣の向上ができる能力の育成を図る。特に体力テストを行い生徒の体力や健康状態等を的確に把握し、継続的な指導で体力の向上を図る。
  • 学校栄養職員・養護教諭と連携を図り、健康・運動など、心身の成長や健康の保持増進を目指すために、食育を推進する。また、望ましい栄養の摂り方や食の品質や安全性などついて自ら判断できる生徒を育てる。
  • 特別支援教育コーディネーターを中心とした、特別支援教育の校内組織を確立し、発達障害の生徒への対応を図るなど、特別支援教育の推進を図る。
  • 開かれた学校づくりを目指し、授業公開を積極的に進め、学校評議員や保護者からの外部評価・生徒による評価を取り入れ、地域に信頼される教育を推進する。
  • 防災教育を充実させ、自分の身を自ら守る意識を高めるとともに、地域の一員として非常時に力を発揮できる生徒を育成する。