教育方針

教育目標

 人間尊重の精神を基盤として、未来を担う生徒たちが、「生きる力」の根源である「知・徳・体」のバランスをもった力を身に付け、地域社会、国際社会で活躍できる人間としての成長を願った江戸川区の教育目標とその達成に向けた基本方針を受けて、次の学校目標を設定した。

  • 自ら学んで、自己を高める生徒   [知性]
  • 人を大切にして、共に生きる生徒  [敬愛]
  • 心身が健やかで、活力のある生徒 [健康]

教育目標を達成するための基本方針

  •  各教科において基礎的・基本的事項の定着を図るため、少人数学習指導やチームティーチングなどの授業形態やICTなどを活用した授業改善に取組み、国や都の学力調査等から生徒の実態を把握し「分かる授業」を実感できる学習指導の質を高め、学力の向上を図る。
  •  すべての教育活動で言語活動の充実を図るため、朝読書や読書科で内容を充実させながら、「読書科」に取り組み、本好きな生徒を育てる。
  •  すべての教育活動で人権尊重の精神を育み、障害の理解や高齢者施設での交流行事などを通して、他者とのよりよい関係を築き、いじめのない心豊かな生徒を育てる道徳教育を充実させる。
  •  「総合的な学習の時間」の全体計画に基づき、身の回りの職業調べやチャレンジ・ザ・ドリーム、ボランティア活動などの体験活動や異文化理解、障害者理解等を通して、主体的に判断しよりよく問題解決できる能力を育成する。
  •  不登校生徒を減少させるために、スクールカウンセラー、ステップサポーター、スクールソーシャルワーカー、外部機関と連携しながら支援活動の充実を図るとともに、学校生活での悩み事などの相談を組織的に行い、心身共に調和のとれた生徒を育成する。
  •  規範意識の高い生徒の育成を図るため、集団生活上のルールを守る意識を高めさせ、保護者・地域と連携した活動を通して、地域社会の一員としての自覚と適切な判断力と行動力が身に付けられるような取組みを行う。
  •  体力の向上と生涯にわたる健康の保持意識を図るため、体力テストや意識調査の分析と生活リズムの向上に努め、教科指導や食育指導、休み時間や放課後の諸活動を充実させ、保護者の協力を得ながら、自らの体力向上と心身の健康を図っていく生徒を育成する。
  •  特別支援教育の充実を図り発達障害生徒への組織的な対応を高めるため、特別支援教育コーディネーターや外部機関と連携した研修の充実と校内組織体制を確立する。
  •  信用される学校づくりを目指すため、学校公開を積極的に進めながら、学校評議員・保護者の外部評価や生徒の授業アンケートを工夫し、よりよい学校教育の充実に努める。
  • 防災教育を充実させるため、保護者、地域、関係機関との連携を図り、自分の身を自ら守る意識を高めるとともに、地域の一員として非常時に力を発揮できる生徒を育成する。