校章

校章画像

江戸川区の名物の一つであった「蓮(はす)」。沼田の中からすっくと生え、清らかな花が咲く。
この美しさを外側の蓮の蕾として表している。
内側の「中」の字は、それぞれ三つの楕円で描きだし、「生徒」と「教師・保護者」と「地域・学校」の調和を象徴している。

校歌

作詞 高石  博    作曲 今井 洋一

1.
   みどり野に風立ち  白き雲行く
   希望はるかに
   若人の瞳の澄める
   まどいはたのし
   すこやかに
   真の愛をはぐくむところ
   ああ上一色中学校

2.
   しらさぎの行き交い  花かおる窓
   友よ  雄々しく
   たゆみなく  腕をくみて
   真理を究む
   高らかに
   自主のうたごえ わきくるところ
   ああ上一色中学校

<制定のいきさつ>
開校記念の式典(昭和三十八年)も終わり、教育環境も整ったので、校歌制定の動きが起こった。
作詞を国語科教諭、作曲を音楽科教諭が担当。
半年余の苦心を重ね、二部合唱曲として誕生した。