校章

校章画像

校章の由来

清く、正しく、明るくあれと、雪の結晶の形を三対の剣形で下地にし、生徒が自らを伸ばし、学校の発展とを念じて、月桂樹の葉三枚をその上に重ねたものである。


校歌

作詞 片桐顕智 ・ 作曲 細谷一郎

1.
   都の東野はひらけ
   窓をめぐりて風きよら
   雲大空をかける時
   理想は胸にわいてくる
   たのし我等学びやに
   


2.
   望めば近く江戸川の
   ながれ豊かにみお青く
   風水の面にひかるとき
   希望はひろくみちてくる
   うれし我等学びやに
   


3.
   波なすいらか日にはえて
   文化さかゆる町ひろく
   みなむつまじく学ぶとき
   つとめは強くわいてくる
   きよし我等学びやに