教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

教育目標

都・区の教育目標並びに生徒・家庭、地域社会の実態を踏まえて、我が国の伝統・文化への理解を深めるとともに、豊かな心と国際的な感覚をもち、主体的にたくましく生きる生徒の育成を目指し、次のように定める。

  • 自ら進んでよく学び、協力して働く生徒
  • 規律を守り、責任を重んずる生徒
  • 心身ともに健康で、思いやりのある生徒

教育目標を達成するための基本方針

  • 人権尊重の理念を定着させ、偏見や差別をなくすため、互いに相手を思いやる心をはぐくむため、生徒・保護者・地域との関係を深める機会をより多く設定し全教職員で努力する。
  • 自他の生命と安全を大切にして、他者を思いやり、協力して共に生きることのできる力を育成するため、教職員一丸となり温かい働きかけのもと生徒指導に努める。
  • 生徒の実態及び発達段階に応じた指導内容と、指導と評価の工夫、行事との関連を重視し、家庭との連携をしながら基礎・基本の確実な定着を図る。少人数学習集団による個に応じた指導法の研究や分かりやすく意欲的に取り組める指導と評価の実践をさらに深め、達成感を高める授業を展開する。
  • 生涯にわたって学び続け、自分で課題を見付け、よりよく問題を解決する資質や能力を育成するため、総合的な学習の時間を中心とした福祉教育・環境教育、勤労生産活動・自然文化体験等を推進するとともに、それらの活動を通して言語活動の充実を図る。
  • 教育活動全体を通じ、日常生活の一人一人の生徒の特性や個性を認め合うとともに基本的な生活習慣と集団生活での規律のある態度や社会性を育成するため、地域・保護者との連携を深める。
  • ボランティア活動等社会参加を積極的に進め、次代を担うリーダーの資質と能力を培う。
  • 「地域に根付いた学校」づくりを実践するため、教育活動の全体計画等を公表・説明する。また、学校評議員制度や学校モニター制度・地域会議や保護者からの学校評価を実施し、教育活動全体に反映させていく。
  • 生涯を通じて健康に暮らせるための健康保持の習慣と体力の向上に努める態度や実践力を身につけるため、生活リズム向上委員会の組織を通し、生活リズム向上公開講座や食育等に関する講座を開催し、計画的に推進する。
  • 特別支援教育を推進するため、支援教育コーディネーターや校内委員会を中心に検討して、組織で個に応じた指導を行う。

本校の教育の特色

保護者・地域と共に進める教育活動をまとめたグランドデザインに基づき、以下の内容を推進する。

○確かな学力の定着
・「確かな学力向上推進プラン」に基づき、授業改善・授業規律の確立・家庭との連携を進めるとともに、5年目に入る教科別学習評価記録〔学習カルテ〕、教科別教育相談〔学習カルテ面談〕をより発展させ、授業を大切にし、自ら学ぶ意欲と自己評価できる力を育て家庭学習につながるようにしていく。また、基本的な漢字、計算、英単語などはコンクール形式として行い、学校全体として意欲をはぐくみ定着を図る。
○豊かな心の育成
・地域とのより一層の連携を目指し、「開かれた学校づくり」に取り組む。今年で5年目になる地域と一体となった清掃活動や、よさこいボランティア、高齢者施設などへの慰問などのボランティア活動・福祉体験学習、伝統文化の体験や、地域の事業所等に受け入れて頂きながら学ぶ勤労体験学習等の、多くの体験的学習及び全校的な行事、道徳の授業を通して、社会性の育成や心の教育、規範意識の向上に取り組む。
・今年で6年目になる「開かれた学校づくりアンケート」と合わせより信頼性のある「学校モニター制度」を活用し、地域の中の学校として情報の共有、人材の交流、行事での交流等を進め、地域と一体となった教育を展開する。
・生徒とのかかわりを一層深めるために始めた、PTA活動の「一人一役」全員係制を継続し、学校と家庭が共通理解を図りながら、「共育」の理念のもと健全な心の成長に努める。
○健康な心と体の育成
・生徒の健全育成のため、保護者との連携のもと、「朝の一声運動」を年間を通じて実施する。
・基本的な生活習慣の確立を目指し、食育や生活リズムの作り方等について、生活記録の活用や学校栄養職員、養護教諭、 スクールカウンセラーによる働きかけと、公開講座の開催、地域関係者を中心とした「春江中地域会議」を活用し、学校・家庭・地域が協力して生徒とのかかわりを深め、健全な成長を促す。
○地域で学ぶ
・地域連絡協議会やPTAとの定例の情報交換会、そしてお父さんの会との連携を密にし、地域、保護者、教員の温かい眼差しで、生徒の健やかな成長に寄与する。
◆2学期開始5日間の学習
・1学期の生徒の学習到達度を示した「学習カルテ」と夏季休業期間中に行った面談の成果をもとに、補充的な内容や発展的な内容の授業を各教科等で実施する。
・二者面談を実施し、生徒理解を深める。

指導の重点

1.各教科

  • 基礎的・基本的な事項の定着を図るため、「児童・生徒の学力向上を図るための調査」 を研究し、指導内容を精選した上で、よく聞き、考え、表現する創造的で活力ある授業を展開する。また、個に応じた指導と評価の研究を深める。
  • 集中力と自ら学ぶ意欲や態度の育成を図るため、1単位時間の中で、全教科とも生徒の興味・関心を引き出す授業の質を高めるとともに、学習カルテ等を活用し、生徒自身による 自己評価能力を育成する。
  • 生徒自らが、観察・実験・実技・発表等の実践を通して学習する機会をより多くし、生徒の学ぶ楽しさを高める。
  • 一人一人の特性や個性を互いに認め合い、学ぶことの楽しさや成就感を得られる授業 を展開するため、全教科にわたって教材研究・授業方法等を深め、「分かる授業」を行う。
  • 数学科、英語科は、分かる授業の展開、指導方法の工夫や改善を図り、能力の伸長を図るため、ティーム・ティーチング、少人数学習指導等を実施する。
  • 情報化社会の変化に対応できる能力の育成や、情報を取捨選択する能力を身に付けるため、各教科において創意工夫し情報機器や学校図書館の積極的活用を図る。また、情報モラルについても意識させる。
  • 選択教科は、一人一人の生徒の興味関心や視野を広げるため、学力に応じたコースを設定する。さらに、上級学年では、自己の能力に応じ、必要な能力が身に付くよう、補充学習・発展学習を含めた内容とする。

2.道徳

  • 年間計画に基づいた指導の中で、人間尊重の精神を基盤とした道徳教育を充実させることにより、他を思いやる気持ちや規範意識を培い、いじめや問題行動が起きないために考え行動できる力をつけ、生命の重さを理解することのできる豊かな人間性を育成する。
  • 学年体制で取り組む道徳の時間の活用や、お互いを認め合う男女平等教育の推進を図るとともに、学校・家庭・地域一丸となった体験活動を通じて、物事を最後までやり遂げるねばり強さや、美しいもの・崇高なものに感動する心豊かな生徒の育成を図る。
  • 道徳授業地区公開講座を一層充実させ、生徒・教職員・地域の方々との交流を深め、共に話し合い、共に実践する経験を通して、心豊かで道徳的実践力に満ちた生徒の育成を 図る。

3.特別活動(学級活動・生徒会活動・学校行事)

  • 学級活動は全体計画に基づき、一人一人の個性と特性を重んじ、望ましい集団生活を教員と共に考え築き上げていく。また、ボランティア活動・勤労生産的行事等に、自主的実践的に取り組ませ、自己開発・自己実現に役立てる力を養う。
  • 生徒会活動は、立案・運営を生徒自らの手で計画推進できる力を育成し、互いに協力する態度、責任をもってやり遂げる態度を養う。
  • 学校行事は、主体的に取り組む態度を育成し、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、やり遂げた達成感をもたせる。

4.総合的な学習の時間

[名称  春江タイム(基礎) ]

  • 情報機器の基礎と運用の定着を第1学年で早期に図り、情報活用能力の基礎固めを目指す。地域や関係諸機関などの協力による調査活動を積極的に展開し、課題を解決するための計画力、工夫力、発表力を3年間で継続的に育成して、自らの力で未来を開拓できる力を養う。
  • 第1学年は「生き方」、「環境」。第2学年は「生き方」、「自然」、「文化」。第3学年は「生き方」、「文化」、「学び方」をそれぞれ設定し、進度に合わせた学習を展開する。

[名称  春江タイム(応用) ]

  • 第3学年では、自ら課題を見付け、各教科に関連付けながら解決できる学び方を学ぶ。

5.生活指導

  • 規範意識の向上と望ましい集団生活の確立を図るため、基本的生活習慣や集団のきまりを定着させる。
  • 生徒理解を深め生徒の健全な育成を図るため、学校と保護者の協力により、「朝の一声運動」を推進する。
  • スクールカウンセラーによる生徒理解についての研修や人権教育の全体計画に基づき、生徒との日頃の絆をさらに強化して、いじめと問題行動の未然防止に努める。
  • 定期的な教育相談や支援教育コーディネーターを通じて、教職員、生徒、保護者との継続 的な指導を図り、授業参加ができない生徒や別室にこもりがちな生徒への指導を行い、温かい働きかけの中、将来への展望をもたせ不登校解消に努める。
  • 生徒の安全を確保するため、保護者、地域、近隣小学校や関係諸機関との連携を密にして理解と協力を得られるよう働きかける。
  • セーフティ教室等により、薬物乱用防止や性に関する指導、安全指導に関わる教育の徹底を図り、関連教科の指導の充実と保護者・関係諸機関との連携を深める。
  • 特別支援教育を推進するため、支援教育コーディネーターや校内委員会を中心に個に応じた指導を行う。

6.進路指導

  • キャリア教育の視点に立ち、3年間を見通した継続した指導を段階的に行い、指導方法や資料の改善と充実を常に図る。
  • 「生き方」指導は「総合的な学習の時間」において学習し、自己理解と個性の伸長、自己の適性に応じた自己実現のできる能力を培う。
  • 第1学年では勤労生産学習として、学校農園作業やボランティア体験を通じて、働く意味や社会に貢献する喜びを学ぶ。
    第2学年ではチャレンジ・ザ・ドリーム(職場体験)や福祉体験を通して、社会で求められる資質や働くことの価値を学ぶ。
    第3学年では上級学校訪問週間を行い、自らの適性を考えて進路選択を図り、将来への自覚を深めるとともに生涯にわたって自己実現に向けて努力する態度を身に付けさせる。

生活指導の全体計画

<学校教育目標>
 
1 . 自 ら 進 ん で よ く 学 び 協 力 し て い く 生 徒
2 . 規 律 を 守 り 、 責 任 を 重 ん ず る 生 徒
3 . 心 身 と も に 健 康 で 思 い や り の あ る 生 徒
 

この教育目標を具現化するために生活指導の目標として、次の4項目に重点をおいて指導する

< 重 点 目 標 >
 
1 . 人 の 話 を 聞 く
  全校朝礼・学年朝礼・儀式的行事
2 . 大 き な 声 で あ い さ つ を す る
  校門指導・全校朝礼・学年朝礼・対外的行事
3 . 授 業 を 大 切 に す る
  授業規律の徹底・研究授業・教科別教育相談
4 . 集 団 生 活 の ル ー ル を 守 る
  生徒会の活性化・部活動・各体験的学習

学校と地域が一体となって生徒の健全育成を図る。

 
< 地 域 目 標 >
 
1 . 大 き な 声 で あ い さ つ を し よ う
2 . 地 域 の ル ー ル を 守 ろ う
3 . 目 上 の 人 を 敬 お う
4 . 地 域 に 貢 献 し よ う
 

生活指導に関する月間目標について  

月 間 目 標 指 導 の 重 点
4 あいさつをしっかりしよう 「おはようございます」「さようなら」などのあいさつがしっかりできるようにさせる。
5 集団生活を意識し、行事を成功させよう 運動会をみんなで盛り上げ、成功させる。 
6 授業を大切にしよう  授業に真剣に取り組む姿勢を身につけさせる。 
7 整理整頓、美化に努めよう  清掃活動をきちんとし、校舎内外の美化に努めさせる。
8 充実した夏休みを送ろう  生活のリズムを崩さず、計画的に生活を送らせる。 
9 生活にけじめをつけよう  夏休み気分から早く抜け出し、学校生活のリズムを取り戻させる。
10 文化的な活動に自主的に参加しよう 文化祭をみんなで盛り上げ、成功させる。 
11 試験に向けて、しっかり学習に取り組もう 試験勉強や授業に一生懸命取り組む気持ちを育ませる。
12 寒さに負けず元気に登校しよう 寒さに負けないような元気なからだ作りをめざす。 
1 何事にも進んで取り組もう 新しい年を迎え、気持ちも新たに目標を立て、自ら進んで物事に取り組む姿勢を大切にさせる。 
2 集団生活のルールを守ろう                  卒業式を翌月に控え学校生活のルールを守る気持ちを育ませる。 
3 締めくくりを大切にしよう  一年間の生活の反省をもとに、締めくくりの気持ちを大切にさせる。