せいに学級

せいに学級では在籍校での生活がより充実したものになるように、また、学校生活以外の社会生活が円滑に行えるように、学習や生活の一部を支援することを目標としています。在籍校と保護者、生徒との話し合いの上、最大で8時間の設定で通級をし、小集団のなかで個に応じた課題学習を行っています。

せいに学級

せいに学級では…

<このような教育目標を立てています>

  • 環境の変化を受け入れ、集団の中でも情緒の安定を図り、適切な行動ができる生徒。
  • 自己理解力を深め、自分に合った学習方法を身に付け、自ら学び、考えることができる生徒。
  • お互いの良さを認め合い、協力し、責任を持って集団生活ができる生徒。
  • 基本的生活習慣を身に付け、心身ともに健康的な生活を送ることができる生徒。
  • 将来に夢を持ち、持てる力を発揮し、社会で自立できる生徒。
                                            以上のような生徒の育成を目指しています。

<このような指導に重点を置いています>

  • 授業では学習の形態を工夫し、個別指導と小集団指導を合わせて行っています。
  • 「健康の保持」「心理的な安定」「人間関係の形成」「環境の把握」「身体の動き」「コミュニケーション」の視点で自立活動を行っています。
  • 人間関係に配慮したグループ分けを行い、安定した人間関係を体験することで、不安を軽減させ、落ち着いた環境の中で規則正しい生活を送れるように指導をしています。
  • 表現力を養い、コミュニケーションが円滑にできるように、また、集団の中でも落ち着いて自己表現ができるように指導をしています。
  • 自分で見通しを持って学習できる環境を整え、ルールやマナーを守って集団生活に参加できる態度を育てるように指導をしています。
  • 一人ひとりの発達段階や理解の程度に応じた基礎学力を養うために、読み・書き・計算の反復練習を行います。

<このような指導方針を立てています>

  • 個別指導計画を作成し、生徒一人ひとりに応じた学習を進めていきます。
  • 教育支援計画に従い、関係機関と連絡を密にしながら、学習活動を考えていきます。
  • 在籍校・保護者との連絡を密に取り、十分な連携を図ります。
  せいに学級  

一日の授業内容

1校時目( 9:45〜10:35) 小集団指導→朝運動・コミュニケーション力UPを目指す活動
2校時目(10:45〜11:35) 個別指導→個人の特性に応じて設定した課題に取り組む活動
3校時目(11:45〜12:35)     〃
給食・自由時間     
4校時目(13:30〜14:20) 小集団指導→集団での適応力を高めるための活動
5校時目(14:30〜15:20) 個別指導→個人の特性に応じて設定した課題に取り組む活動
   
   

せいに学級では、授業の見学、または、障害についての相談など、随時、受け付けています。

下記の連絡先までご連絡下さい。

せいに学級 03−5605−1688

せいに学級