江戸川区では、「もったいない運動えどがわ」を推進しています。学校でも、生徒たちに家や地域でも実践できるよう呼びかけています。

「学校版もったいない運動」とは?(こちらをクリックすると、江戸川区役所のホームページに移動します)

学校での取り組み

エコ1
暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによって、二酸化炭素発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。学校では、教室温度20度を目標に、気温が15度以下になった場合に暖房を付けるようにしています。保健給食委員会で毎日ストーブ使用「あり」「なし」を表示しています。  暖房をつけずに済むのであればそれが最も望ましく、あくまでも過剰な暖房を抑制するためです。寒ければ、下着やセーターなどで調節することも大切です。また、食育面からも体を温める食事をとることも1つの方法です。
エコ2
ゴミの分別は当たり前ですが、ちょっとした小さな紙切れにも気を使っています。これは、ゴミ捨て場前の扉です。毎日の清掃活動ででるゴミですが、扉に「ちょと待って!リサクルできるものはありませんか?」とゴミ捨て当番に再確認をしてもらっています。世界の古紙回収率では、日本は第3位、再利用率は第4位です。
エコ5
スイッチのある場所には「節電」「電気はマメに消しましょう」のスッテカーが貼ってあります。日本で1番多く電気を作る発電方法は「火力発電」で全体の約60%を占めているそうです。火力発電は燃やした時に二酸化炭素を多く排出します。つまり、電気を使うと同時に二酸化炭素を排出していることになるわけです。
エコ4
教室内には「リサクルBOX」を置いてあります。プリント物の余り、いらなくなった掲示物などをリサイクとして処理しています。毎週金曜日に、保健給食委員が職員室前の分別BOXに種わけしています。
残飯
学校給食法の目標に、「食料の生産、流通、消費について、正しく理解を導くこと」と書かれています。給食指導でも、食材について昼の放送でも説明がなされ、各教室では「残飯をなくそう!」と取り組んでいます。  作っていただいた方々にも感謝を込めて、毎回完食を目指しています。

スクールアクション!!「もったいない」大作戦〜東京3Rプロジェクト〜

スクールアクション「もったいない」大作戦〜東京3Rプロジェクト〜 (画像 1)
スクールアクション「もったいない」大作戦〜東京3Rプロジェクト〜
 8月30日(水)

 オリンピック・パラリンピック教育推進の一環で、これまで行っている環境へ配慮した取り組みを推進していきます。
 2020年の東京オリンピックは「エコオリンピック」を目指しています。
 本校でも、今まで取り組んできた活動をもとに、各クラスでポスター掲示を行います。

記事にジャンプ