教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

(1)教育目標

◎ よく考え 進んで学ぶ子 (基礎・基本の学力定着)【重点目標】
○ 力をあわせ やりぬく子(健康な体と心の育成)
○ 明るく 思いやりのある子(豊かな心の育成)

(2)教育目標を達成するための基本方針

(1) 基礎・基本の学力を確実に定着させる学校創りを推進する。
(2) 子どもの可能性を伸ばし、生きる喜びが得られる学校創りを推進する。
(3) 全教職員が同じベクトルで一体となり、組織的な共通実践・統一行動を通して、教育目標の達成を目指す。
(4) 開かれた学校創りを推進する。

(3)具体的な方策

(1) 学習指導
○教師の授業力向上を図り、基礎的・基本的な内容の定着を図る。
○落ちこぼしのない学力定着に組織的に取り組む。(放課後補習「サンライズ教室」の実施)
○「意欲的に考え、学び合う児童の育成 〜できる喜びを実感する算数学習を通して〜」を実現するため、 算数科を通した校内研修の充実に努める。
○開かれた学級の推進を図る。互いに見合い、高め合うため、授業公開を実践する。
土曜公開授業の充実を図る。
○新指導要領の完全実施。(特別の教科 道徳、外国語活動)
(2) 生活指導
○全教職員で子ども一人一人を 観る、そして、全員で育てると いう意識を持ち、指導に当たる。
【副担任制の導入】
・給食時間には、学級担任とともに給食指導に入り、児童の安全確保や心の交流に努める。
○生命尊重、安全・健康について 十分配慮する。
○「返事、あいさつ、後片付け」の推 進を行い、規範意識を高める指 導を実践する。
○「早起き・早寝・朝ごはん」の 推進を行い、生活リズムの確立 を実践する。
○校舎内外の整備と点検を行い、 学校の安全の確保に努める。
○問題行動に対して早期対応、組 織的対応を図る。
○スクールカウンセラーによる 相談活動の充実を図る。(3・5年生の全員面接)
(3) 保護者・地域との連携
○学校公開日の充実や積極的に地域の人材活用を行う。
○保護者・地域とのかかわりあう機会をより多く設定する。
 ・ 読み聞かせ、ゲストティーチャーの活用
 ・ 花の寄せ植えや野菜づくり、さくらそうの栽培等
 ・ 学校と保護者・地域と懇談会の設置
○PTA行事、地域行事に参加し、地域理解に努める。
 ・鹿骨区民館祭り、地域の祭り、スポーツ祭り等
○すくすくスクールと連携し、保護者、地域とともに児童を育成する。
○学校だより、ホームページ等を充実し、教育活動の理解・啓発を図る。
○幼稚園・保育園・中学校との連携を図る。

(4)特色ある教育活動

本校では 『よく考え進んで学ぶ子』「力を合わせやりぬく子」「明るく思いやりのある子」 を育てるため、次のような活動に力を入れています。

特色ある教育活動1
縦割り班活動
マラソン大会を行いました。 (画像 2)
マラソン大会
特色ある教育活動3
栽培活動
特色ある教育活動4
学校行事