校長挨拶

校長 鈴 木 章 夫

 本日は、第七葛西小学校のホームページをお訪ねいただき、誠にありがとうございます。  第七葛西小学校の校長として、5年目を迎えました鈴木章夫です。みどり豊かな町であり、我がふるさとでもある江戸川区の南に位置する本校は、昭和51年4月1日に開校し、本年度で42年目を迎えます。  江戸川区の南部に位置する葛西の地は、東京湾に面し、700年以上前から漁村として栄えました。葛西浦で採れる海苔は、江戸時代には「葛西浦海苔」のブランドとして有名だったということです。その歴史が今も息づき、第七葛西小学校の子供たちは「海苔すき体験」や「葛西の町の昔探検」など貴重な体験学習を行っています。昭和44年に地下鉄東西線葛西駅ができてからは、葛西は都心に近い住宅地として目覚ましい発展を遂げました。
 そして、昭和51年4月、江戸川区立第七葛西小学校が開校しました。40年という第七葛西小学校の歴史と伝統を継承しつつ、未来を創る新しい教育の創造を目指し、地域、保護者の皆様と共に歩んで参ります。
 本校のめざす児童像は、「夢や希望を胸に抱き、その実現に向かって勇気を出して忍耐強く努力する、思いやり溢れる児童」です。また、めざす学校像は、「子供にとって学びがいのある学校」「保護者にとって通わせがいのある学校」「地域にとって支えがいのある学校」です。未来を担う宝である児童を育むという共通目的のもと、学校、家庭、地域、関係諸機関が互いの役割と責任を自覚し、その教育力を発揮しつつ一体となって「児童のための教育」が充実していけるよう、微力ではありますが全力を尽くして学校経営に邁進していきます。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。


平成29年4月1日


学校経営方針

H29 学校経営方針