教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

(1)教育目標

・東京都教育委員会及び江戸川区教育委員会の教育目標・基本方針を受け、人権尊重の精神に基づき、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童の育成を目指し、あわせて社会の変化に主体的に対応し、豊かな社会の形成に貢献できる児童を育成する。また、伝統と文化を尊重し、それらを育んできた郷土を愛するとともに他国を尊重し、国際社会の平和と発展に貢献する児童の育成を目指して、次の教育目標を設定する。
「智・仁・勇」
 ・「智」とは、深く考え、進んで実行すること
 ・「仁」とは、思いやりがあること
 ・「勇」とは、明るくたくましいこと
 なお、本年度は、「仁」を重点目標とし、善悪を正しく判断し、人としてよりよい生き方をしようとする子を育む。 思いやりのある児童、最後までやり通せる児童の育成を目指す。

(2)教育目標を達成するための基本方針

・生涯にわたって主体的な健康づくりが実践できるよう、健康を保持・増進する資質や能力を育むとともに、体力や生活リズムの向上を図るため、毎月の運動週間を設け、体育・健康教育を充実させる。

・自他を尊重し、偏見や差別をなくし、相手を正しく理解しながら助け合うことができるように、人権教育や心の教育を推進する。

・様々な体験活動を通して自然や生命を尊重する心、人を思いやる心、正義や公正を重んじる心、ボランティア精神などを育む。また、豊かな人間性と社会性を育むよう、家庭や地域の教育力を活用する。

・児童が自ら進んで学習に取り組み、学習することの楽しさを味わわせるために、一人一人の個性や能力を把握し、個に応じた指導を行う。基礎的・基本的な知識・技能、論理的な思考力・判断力・創造力・表現力等を確実に身に付けさせるため言語活動を充実し、問題解決的な学習、少人数指導・習熟度別指導を行う。

・児童の学力と体力の実態をもとに「確かな学力向上推進プラン」を作成し、実践・評価・改善を毎学期行い家庭学習を推進しながら学力と体力の向上を目指す。

・すべての児童にとって「楽しい学校・分かる授業」にするために、教師が互いの実践について学び合い、研究と修養に努め、授業力向上を目指す。

・校内委員会を中心に、障害のある児童については、個別支援計画や個別指導計画に基づいて学校と家庭が連携を図り、個に応じた教育を推進する。また、特別支援学級・特別支援学校との共同学習や交流を進める。
・正しく美しい日本語を身に付け、言葉を通して人とよりよくかかわるとともに、課題を追究することができるようにする。さらに読書を通して言葉を学び、感性を磨き、創造力を豊かにするとともに、本を活用して学ぶ能力を育むために、読書科の充実を図る。

・各教科・領域において防災に関する教育を行うとともに、様々な場面を想定した避難訓練を実施する。また関係機関・地域と連携した安全教育の充実を図る。
・学校及び地域や郷土を愛する心を育て、日本の伝統や文化を理解するとともに、他国の言語や文化に触れる中で、自らの生き方について考える力を育む。

・学校公開や学校評価を積極的に行い、保護者の願いや要望を積極的に生かしたり、地域・学校応援団の協力を得たりして、開かれた学校づくりに努める。

・児童の確かな学びと豊かな育ちを目指して、家庭訪問や個人面談を実施し、家庭との連携を密にして信頼関係を深める。